聴力の目安と難聴

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

よくある質問ですが、「補聴器はどれくらいの聴力になったら使うのですか?」の質問をよくいただきます。

まず、難聴の程度と聴力ですが、WHO(世界保健機関)の分類で説明すると

・軽度難聴 平均聴力26~40デシベル 1Mの距離で話したが聞こえる

・中等度難聴 平均聴力41~60デシベル 1Mの距離で話した大きな声が聞こえる

・高度難聴 平均聴力61~80デシベル 耳に向かって張り上げた声のいくらかを聞くことが出来る

・重度難聴 平均聴力81デシベル以上 張り上げた声も聞こえない

が大まかな難聴と聴力の目安です。

一般的に若い方であれば、軽度難聴くらいから補聴器を使う方もいらっしゃいますが、高齢者の場合は聞こえなくてもなんとか済んでしまうことも多いので中等度難聴くらいから使う方が多いです。

もちろん聴力測定の結果と本人様が感じる困難の程度やつらさは必ずしも一致しません。しかし、補聴器の適合の基準は聴力ですので、まずは一度ご自身の聴力を知ってみることも大切だと思います。

 

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

数式を完成してコメントしてください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.