リサウンド・リンクスの評判

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

リサウンド・リンクス

今年の5月の発売以来大好評のリサウンド・リンクスですが、いよいよ8月25日にハイグレードのリサウンド・リンクス7が発売になります。

そこで、プラチナのリサウンド・リンクス9とハイグレードのリサウンド・リンクス7の違いについて述べたいと思います。

 

1.環境雑音抑制と両耳連動指向性はリサウンド・リンクス9のみの機能です。

環境雑音抑制は環境に合わせて自動で最適な雑音抑制をすることで、音環境が変化しても快適な聞こえを得ることができます。静かな環境であれば雑音抑制機能を和らげますし、騒がしい環境になると周辺雑音を認識して効果的に雑音を抑えてくれます。

両耳連動指向性は環境に合わせて自動で会話の聞き取りを良くすると同時に適切な音情報を届けるので、聞きたい音を選ぶことや後方からの呼びかけなどにも気付くことが出来ます。つまり声のセンサーが常に周りの会話を探している状態になります。

上記の機能で人間本来の聞こえに近づくようサポートしてくれるのがリサウンド・リンクス9です。

2.価格

リサウンド・リンクス9は片耳490,000円、両耳833,000円です。リサウンド・リンクス7は片耳290,000円、両耳493,000円です。コストパフォーマンスはリサウンド・リンクス7の方が優れています。

 

今回メーカーからの販売事例によるデータの提供がありましたが、リサウンド・リンクス9の特徴としては、

1.驚異の両耳率

日本の両耳率は39%くらいと言われていますが、リサウンド・リンクス9の両耳率は86%でした。これは驚異の数字です。恐らく僅か1gの軽さで装用感が良く付け心地がいいことや、オシャレなデザインが関係していると思われます。

2.音質がいい

購入した方の34%が音質がいいのでリサウンド・リンクスを購入しました。デザインや自動機能、装用感でも高い評価を受けています。

3.女性に人気がある

iPhoneとの連動が特徴の補聴器ですが、意外に女性の購入者が多いのが特徴です。デザインや装用感の良さが女性から支持されているようです。

が挙げられます。

世界を変えるスマート補聴器としてリサウンド・リンクスはこれからが楽しみな逸品になることでしょう。

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

数式を完成してコメントしてください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.