こもり感や圧迫感が苦手だが耳あな型補聴器を使いたい方へ

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

一般的に耳あな型補聴器は

「こもり感が気になる。」

「耳穴を圧迫するのが気になる。」

「耳の中が湿ってかゆくなる。」

とのお声があります。

耳あな型補聴器は、外耳道に圧力を加えながら耳型を採取するので通常補聴器は外耳道より太めになります。さらに補聴器本体を外耳道で保持するので、シェルは外耳道全体を圧迫します。また外耳道より細く作成すると、抜けてきて落ちる可能性があります。もちろんベント(空気穴)を空ければこもり感は軽減しますが、外耳道の圧迫感は変わりません。

このこもり感と圧迫感の問題を解決した耳あな型補聴器としては、シーメンス補聴器の「Siemens Cool(クール)」が挙げられます。

シーメンス補聴器COOLこのユニークな形状がこもらずに装用感のいい耳あな型補聴器を実現しました。シェルは外耳道上部を大きく空けたデザインになっていますので、圧迫感はありません。また、外耳道を塞がないことで、裸耳とほぼ同じ通気性がありますから、耳の中は湿気も温度も上がりません。ですから、耳垢が湿っていたり、耳穴がかぶれやすい方などにはお勧めです。

シーメンス クールの価格は片耳132,000円から460,000円となっています。また、既製型補聴器の「シーメンス エクセル クール EZ 」は片耳99,000円となります。

聴力レベルは軽~中度ですので、初めて補聴器を使う方には補聴器入門機種としてお勧めします。

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]