リサウンド・リンクス2(リサウンド・リンクススクエア)はどんな新製品なのか

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

5月20日より新発売のリサウンド・リンクス2はどのような補聴器なのでしょうか?

まだ、断片的な情報が一部公開されている段階なので、ある程度推測して伝える部分もありますが、現時点でお伝えできるのは以下の内容です。

1.価格

リサウンド・リンクス2  9シリーズとリサウンド・リンクス2 7シリーズの2機種があり基本的にはリサウンド・リンクスと同じクラス分けと思われます。

今回のシリーズからは、耳あな型と外マイク耳あな型が加わりました。ここがリサウンド・リンクスシリーズとの違いです。

ちなみに価格は

リサウンド・リンクス2 9

外耳道内レシーバー耳かけ型          片耳 490,000円  両耳   833,000円

耳かけ型/耳あな型                片耳 490,000円  両耳   980,000円

外マイク耳あな型               片耳 510,000円  両耳   867,000円

耳あな型(指向性付き)            片耳 500,000円  両耳 1,000,000円

リサウンド・リンクス2 7

外耳道内レシーバー耳かけ型          片耳 250,000円  両耳   425,000円

耳かけ型/耳あな型                片耳 250,000円  両耳   500,000円

外マイク耳あな型               片耳 270,000円  両耳   459,000円

耳あな型(指向性付き)            片耳 260,000円  両耳   520,000円

となります。

2.リサウンド・リンクスと何が違うのか

まずは、耳あな型の登場です。耳あな型でスマート補聴器はまだまだ珍しいので、耳あな型補聴器ユーザーにとっては朗報でしょう。

それと今回のシリーズからは「空間認識機能」が搭載されました。これによりより立体的で自然な聞こえを実願しました。

それと、詳細はまだ不明ですが、スマートアプリに新機能が加わりました。

3.ずばり「買い」なのか?

iPhoneユーザーの方でしたら、ずばり「買い」です。

中継器無しで電話や音楽を聞けるのはとても便利です。また、巷の噂ではiPhone以外のスマホでも使える可能性も将来あるそうなので、そこまで含めるとより魅力ある新製品です。

もちろん聞こえの評価の高いリサウンド・リンクスの後継機種ですから、聞こえの面でも「買い」でしょう。

 

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]