耳あな型補聴器をこもりにくくするスラッシュベント

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

ジーエヌリサウンドの耳あな型補聴器でこもり感を軽減する「スラッシュベント」が8月より採用されましたが、とても好評です。

ですが、「スラッシュベント」とは一体何?との疑問をお持ちの方も多いかと思いますので、簡単に説明します。

スラッシュベント

まず、耳あな型補聴器の場合、通常ですと通気やこもり軽減の為ベント(穴)が開けられています。普通のホールベントに比べて長さを50%カットしたのが「スラッシュベント」です。

短いベントが音をより多く外に逃がすのでこもりにくくなります。

「こもり感」や「閉塞感」は、外耳道がシェルで塞がれることにより低音が外に逃げずにより多く鼓膜面に到達することで生じます。ですが、スラッシュベント加工をすることで、今までは耳あな型補聴器が不適応と言われた方でも使用いただけるようになりました。

従来ですと、当店取扱メーカーでは、シーメンス補聴器のCOOLがこもりにくい耳あな型でしたが、これからは選択の幅が広がりました。

 

閉塞感が苦手な方

初めて耳あな型を使う経度難聴の方

などにお勧めは「スラッシュベント」のジーエヌリサウンドですね。

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]