リサウンド・エンヤはここが凄い!

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

2月1日より新発売のジーエヌリサウンド「リサウンド・エンヤ」ですが、メーカーより詳細な資料をいただきましたので、第2弾として注目ポイントについて述べたいと思います。

まず、形状ですが以下の通りフルラインナップです。

リサウンド・エンヤ

耳かけ型は、汗や湿気に強いナノテックコーティング仕様ですし、耳あな型はこもり感を軽減したスラッシュベント加工や圧迫感を軽減したディンプルシェル加工が選べます。

店主が注目したのは耳あな型にUPレシーバー(中度~重度難聴適応)が採用されたことです。なんと、CICタイプでもUPレシーバーがあります。目立ちにくくて高出力の耳あな型補聴器が1台12万円からとはかなりの魅力があります。

また、音声処理技術においても注目するポイントがあります。

風切り音抑制(リサウンドエンヤ4と3のみ)

これにより風の強いところでも快適に使用できるようなりました。

両耳連動機能(リサウンドエンヤ4のみ)

両耳で補聴器を使用の場合、片耳の補聴器を操作するだけで反対側の補聴器も同じように調整できます。

ハウリング抑制

リサウンド最上位機種と同等の性能を持ち安心して使えます。

 

つぎにワイヤレスシステムで注目するポイントとしては、携帯ユナイト(価格 37,800円)を使用することでスマートフォンがリモコン代わりに使えます。近年主流のスマート補聴器並みの性能を低価格帯の補聴器で実現したのは「リサウンド・エンヤ」のみです。

そんな魅力満載の「リサウンド・エンヤ」ですが、早くも予約が入ってきました。「耳の日」に向けての目玉補聴器になることは間違いありませんね。

 

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]