プライマックスは本当に日本語がしっかり楽に聞けるのか?

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

シーメンス・シグニア補聴器の新製品「プライマックス」は「日本語をしっかり、楽に聞くことができる補聴器」と言われています。

しかし、「本当にそうなのか?」とお思いの方もいらっしゃると思います。

メーカー作成の動画があるのですが、

 

英語ですので、日本語ではどうかと実感が涌きません。

 

そこで、シバントスからいただいた資料から考察したいと思います。

但し、あまりに専門的な内容になりそうなので、結論とポイントのみに絞りたいと思います。

 

客観的評価

既に補聴器を両耳で使用中の難聴者を対象に行い、参加者の多くは現在使用中の補聴器よりも言葉の正答率が良く、雑音下の聞き取りでは使用中の補聴器との大きな差がありました。また、音量感・音質・言葉の明快さ・全体の評価はプライマックスが明らかに評価が高かった。

主観的評価

質問表を用いて参加者の補聴器に対する主観的な評価を行ったところ、音の大きさ・音のきれいさ・言葉の聞き取り・全体の評価の4項目においてプライマックスは概ね使用中の補聴器と同程度あるいはそれ以上と評価した参加者が多い結果になった。

参加者の声

以下のコメントがありました。

「苦手なサ行が良く入る感じがする。」

「小さな音量でも聞き分けしやすい。」

「生の音に近い、充実して聞こえる。」

「横からの声が鮮明に聞こえて驚いた。」

 

以上のことから言えるのは

プライマックスは、従来の補聴器と比較して、より日本語をしっかり、聞き取ることができると考えられます。また、プライマックスを使用すれば、より少ない労力で従来の補聴器より楽にしっかり聞くことが出来ると考えられます。

 

自分の耳でこのプライマックスの聞こえを確かめたい方は、是非試聴レンタルで体感してみて下さい。

 

 

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]