補聴器にもAI(人工知能)は導入されています

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

今話題のAI(artificial intelligence 人工知能)は実は補聴器にも導入されている技術です。

まず、AIとは「人工的にコンピュータ上などで人間と同様の知能を実現させようという試み、或いはそのための一連の基礎技術」を指します。

広い意味でのAIは既に補聴器にも導入されていると店主は考えます。

まずは、イメージして頂く為に、ジーエヌリサウンドのリサウンド・リンクス2の動画を参照下さい。

 

 

このリサウンド・リンクス2の機能に「おまかせ全自動」があるのですが、これがAIの機能と店主は考えます。

「おまかせ全自動」には以下の機能があります。

1.空間認識

音の方向感・距離感を分かりやすくする機能です。本来の集音効果を模倣処理することで、前後や上下の方向感を、左右の耳に届く音の大きさの差を正確に再現することで距離感を分かりやすくします。平たく言えば、周囲の空間を立体的に捉えることができ、話しかけてくる人の方向や近づいてくる車の距離が分かりやすくなります。

2.両耳連動指向性

右左の補聴器が連携をとりながら自動で周囲の状況を分析し、様々な環境でも常に聞きたい音を最適な状態で提供する機能です。

3.環境適応システム

周囲の状況を常に補聴器が分析し、それぞれの環境に合ったお好みの音量にしてくれる機能です。静かな場所では聞き取りがしやすいように音量を大きくし、騒がしい場所では音量を下げてくれるので、自分で音量調整をする必要はありません。

4.環境適応ノイズトラッカー

雑音抑制機能がそれぞれの環境に応じて変化するので、環境が変わっても疲れにくく快適に使用できます。

以上のように補聴器が全自動で絶えず働いてくれるので、ユーザーは特に何もしなくても快適に補聴器が使えます。

もちろんAIの機能はこれから益々進化してくると思いますので、これからの新製品が楽しみですね。

 

 

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]