クロス補聴システムはどのメーカーがいいのか

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

シーメンス・シグニアからクロスPure(ピュア)が発売されてから、「シーメンスとフォナックのクロス補聴システムのどちらがお勧めですか?」と質問をいただく機会が増えてきました。

同じような疑問をお持ちの方も多いかと思いますので、店主なりの見解を説明したいと思います。

まず、クロス補聴システムとは何でしょうか。

クロス補聴のイメージは以下の画像を参照下さい。

クロス補聴一言で言えば、聞こえない耳側周辺の音を集め、聞こえる耳に誘導するシステムです。主に一側性難聴の方に向いています。

では、一側性難聴とは何でしょうか。

一側性難聴とは片側の耳が極端に聞こえにくくなる難聴です。突発性難聴などが該当します。騒がしい場所での会話が苦手であったり、聞こえない側からの声が分からなかったりします。もちろん、聞こえない側に補聴器を装用して効果があればいいのですが、効果が無い場合などにクロス補聴システムを使用します。

シグニア補聴器での動画も参照下さい。

 

次にシグニアとフォナックの比較ですが、以下のポイントで比較します。

1.価格

シグニア  97,200円(耳かけ型)

フォナック 90,000円と85,000円(耳かけ型)・110,000円(耳あな型)

価格はフォナックの方が安く、また耳かけ型と耳あな型が選べますのでお勧めです。

2.電池寿命(PR41にて)

シグニア  約90時間

フォナック 耳かけ型 46~58時間 耳あな型 25~35時間

電池に関しましては、シグニアが優れています。電池代にこだわる方はシグニアです。

3.機種

シグニア クロスPureのみ

フォナック 耳かけ型2機種、耳あな型2機種の計4機種

選択肢の多いフォナックがお勧めです。また、耳あな型が選べるのはフォナックだけです。

 

以上のことから、店主としてはフォナックを一押しします。電池寿命にこだわる方はシグニアです。

実際の聞こえを体験したい方はデモ器での試聴をまずお勧めします。

 

 

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]