フォナック新製品「ナイーダV」はここが凄い!

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

昨日店主は「フォナックワークショップ2016初夏」に参加してまいりました。そこでの情報を基に新製品の特徴をまとめてみたいと思います。

「ナイーダV」の説明の前に、フォナックの母体Sonovaグループの昨年の売上を発表します。

日本円で約2,300億円です。

この金額は昨年の世界の補聴器マーケットシェアで約30%になるそうで、断トツの世界第一位となります。

ちなみにメーカーベースの日本の補聴器市場の売上は約300億円と言われていますので、いかにこの数字が大きいかお分かりいただけると思います。

 

では、「ナイーダV」の凄い点を挙げたいと思います。

1.最新のベンチャーチップを採用

最新のベンチャーチップがナイーダシリーズにも採用されました。以下の特徴が挙げられます。

・両耳間音声通信による騒音下での聞こえが改善

・両耳間音声通信による音源定位の改善

・処理能力の改善により指向性機能が向上

・正確かつ再現性の実現

・サイズが最大で25%ダウン

・車の中での聞こえの改善

2.サウンドリカバー2の採用

高度・重度難聴で2000Hz以上がスケールアウト(聴力が残っていない状態)の場合に有効なサウンドリカバーが改善され、高音域の識別と音質を維持しながら、高域情報の聞き取りが改善されました。

ちなみに、サウンドリカバーの効果は以下の通りです。

・音の知覚、識別、認識が向上する

・高音域の音及び言葉の理解が向上する

・イントネーション及び全体的な発音が向上する

・ハウリングが減少する

3.広帯域ブースター

まず、広帯域ブースターは、全ての領域で補聴器の広帯域出力を最大で5dB増幅できる機能です。つまり、補聴器の出力を「あと、一息」出したい時に活用できます。

例えば、外耳道の大きさの問題で高出力のレシーバーが使えない時などに有効です。

4.RICタイプに新しいUPレシーバーが採用

以下の耳かけ型をご覧下さい。

ナイーダV

 

 

 

 

 

 

 

 

V-RICがRICタイプになります。UPレシーバーを使用すれば、平均聴力100dBまで対応出来ます。目立ちにくくパワフルな補聴器を望んでいた方には朗報です!

5.グラスファイバー素材を使った新ハウジングの採用

とにかく丈夫です!

英語版ですが、イメージ動画があります。

 

 

以上が店主が「凄い!」と思ったことです。

ナイーダVは高度・重度難聴の方にとっては最良の機種ではないかと思います。

 

 

 

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]