補聴器もワイヤレス給電の時代に

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

今年の4月のブログ記事「ワイヤレス充電できる補聴器はいつ発売されるのか」で触れました「ワイヤレス給電」ですが、来年にも量産体制に入る見込みとなりました。

ルネサスエレクトロニクスが開発したワイヤレス給電用の小型半導体は、従来の競合製品の半分程度の縦横3mmの大きさで、無線で電力を供給してくれます。

トレー型の充電器に補聴器を置くだけで充電が出来ますから、以下のメリットがあります。

1.電池ケースの隙間が無くなり、完全防水となる。

現在の防水補聴器でも電池ケースの隙間から水や湿気が内部に入るリスクがありました。ワイヤレス給電になれば、電池ケースの開閉は不要なので、完全防水が出来ます。補聴器の水洗いも可能になるかもしれません。

2.電池代が不要

空気電池を購入したり、電池を交換する手間が無くなります。また、電池コストがかかりませんので経済的です。

3.途中で電池が切れるトラブルが少ない

毎日寝ている間に充電すれば、終日使用できますので、突然の電池切れのリスクはありません。

 

既に海外では充電式補聴器の新製品が続々発売されていますが、日本ではまだまだ普及していません。

しかし、来年にもこの新しいワイヤレス給電技術を導入した新製品が発売されるかもしれません。

 

 

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]