なぜ補聴器は両耳装用なのか?

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

補聴器を購入する時に通常は両耳での装用を推奨されます。

勿論、「非装用耳が聾もしくは健聴」「非装用耳の明瞭度が無い」などの場合は片耳での装用になることもありますが、なぜ両耳での装用にこだわるのでしょうか?

「販売店が単純に売上台数を増やそうとしているのでは?」「店が単に儲けようとしているだけでは?」とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、以下の理由から補聴器は原則両耳装用がいいと言えるのです。

まず、人の聴覚は2つの耳で作られています。左右の耳から入った音情報は、脳の聴覚皮質に届けられます。この聴覚皮質は右脳と左脳の両方に有り、左右からの音情報を処理しています。これにより、より多くの音情報が処理され、最良の聞こえと言葉の理解を可能にします。

次に、両耳装用のメリットですが、以下の通りになります。

1.音質の向上

当然ですが、モノラルよりステレオの方が音質は良くなります。豊かで深みのある音は自然でクリアに聞こえます。

2.正確な音の方向感

両耳から脳へ伝達される音声信号により、音がどこから聞こえてくるか正確に把握出来ます。

3.会話の理解度の向上

両側から話しかけられても聞こえやすいので、複数での会話に参加しやすくなります。

4.耳を労わる

両耳に補聴器を装用すれば、小さな音量でも十分に聞こえますので、耳を労わることが出来ます。

5.雑音と会話を区別しやすくなる

両耳に補聴器を装用すれば、マイクが2本になりますので、雑音を低減させ会話を浮き立たすことが出来ます。

6.耳鳴りの軽減

片耳だけの補聴器では、反対耳の耳鳴り音を和らげることは出来ません。

7.補聴器の満足度の向上

一般的に片耳よりも両耳で補聴器を装用している方が補聴器に対して満足度が高くなります。

8.聞くことに対する安心感

補聴器の両耳装用は、疲労感を軽減してくれます。懸命に聞こうとすることは必要ありません。

 

以上のように補聴器の両耳装用には多くのメリットがありますが、日本ではまだまだ補聴器の両耳装用率は欧米に比べて見劣りしています。

業界全体での啓蒙活動がまだまだ必要ですね。

 

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]