将来の補聴器進化イメージ

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

現在の補聴器は会話の聞き取りに関して言えば、技術的にほぼ出尽くしの感もあります。

最近では、

「スマホとの連携」

「IoT」

「充電」

などが新しい技術のキーワードとなっています。

この中の「IoT」で店主が個人的に注目しているメーカーの製品があります。補聴器メーカーの製品ではありませんが、この技術が補聴器にも導入されれば、本格的なIoT補聴器が登場するかもしれません。

その製品とは・・・・

ソニーモバイルが2016年11月18日に発売した「Xperia Ear XEA10」です!

この製品は、イヤフォン型のスマートプロダクトで、Bluetooth連携したスマートフォンを音声で操作して、電話を発信する、メールを送信する、予定やニュースを読み上げてもらう、といったことができます。

使用イメージ写真はこんな感じです。

Xperia

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真ではスマホを手にしていますが、実際は手にしなくていいのですが、例えばXperia Earを耳に装着すると近接センサーが検知し、何も操作しなくても「10分前に、○○さんから不在着信がありました」「今日の予定は○○です」などと話しかけてくれます。つまり、秘書が耳に話しかけているような状態になります。

また、Xperia Earを装着して「○○さんにメッセージを送って」と話すと、ボイスアシスタントが「メッセージをどうぞ」と言うので、伝えたい内容を話す。それで、送信完了です。もちろんスマホは取り出さなくてもOK。

それに、音声でのやりとりが主な操作法だが、近接センサーと加速度センサーを活用して「うなずき」と「首振り」のヘッドジェスチャーで操作ができるのも、Xperia Earならでは機能です。例えば「電話をかけ直しますか?」「メールの返信をしますか?」と聞かれたときに、首を動かすだけでイエスかノーを表明できます。

SNSに対しても、LINE/Facebook Messengerの新着メッセージやTwitterの新しい投稿の読み上げ、LINEとFacebook Messengerの返信に対応します。加えてEメールやGmailも通知として表示される部分は読み上げることができます。

 

そこで、補聴器にこの技術が応用されれば、かなり魅力的だとは思いませんか?

 

逆に、Xperia Earに補聴器の機能が付いたら業界に激震が走るかもしれません。

 

 

 

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

2017年1月30日 | カテゴリー : 未分類 | タグ : | 投稿者 : 玉腰