補聴器の遠隔操作機能は定着するのか?

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

今年に入ってから、補聴器の遠隔調整が可能な補聴器が登場してきました。

しかしながら、正直現時点では発展途上の状態です。

また、正しく遠隔操作の機能やメリットが理解されていないケースもよくあります。

そこで、今回は補聴器の遠隔調整で一体何が出来て、何が出来ないのかを説明したいと思います。

 

まず、対象となる補聴器ですが、当店取り扱いメーカーの場合ですと、以下の通りになります。

・シーメンス・シグニア補聴器 シリオンからプライマックスまでが対象 テレケアにて遠隔調整

・リサウンド補聴器 リンクス3Dのみ 遠隔サポートにて調整

但し、テレケアに関しましては、メーカー自体が最近露出を減らしているようで、総合カタログにテレケアの記載はありません。既に日本市場では浸透しないと判断したのかもしれません。当店もテレケアは結局導入しませんでした。ですので、今回はリサウンド・リンクス3Dの遠隔サポートについてのみ述べたいと思います。

遠隔サポートのメリットはこんな方にあります。

1.とにかく忙しい方

いつでも好きな時に補聴器の調整が出来ます。

2.販売店が近くにない方

3.外出が困難な方

 

しかしながら、上記の対象者は出張訪問サービスで対応は出来ます。ですから、当店みたいに出張訪問を専門に行う店にとっては遠隔サポートはあまり出番がありません。

クラウド調整

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、遠隔サポートの手順としては、

1.アプリ内マイサウンドの中の遠隔サポートのリクエストをクリックする。

2.自分で問題点を特定して販売店に調整をリクエストする。

3.販売店が補聴器の新しい設定を作成し返信する。

4.アプリから新しい設定をダウンロードし補聴器にインストールする。

となるのですが、

リクエストする前に

1.聴力の変動あり

2.補聴器自体の故障・耳あか詰まり

3.フィット感に違和感がある

に該当すれば、先に進めなく店での対応となります。

また、リクエストを送信しても店舗のパソコンがインターネットに繋がっていないとリクエストに気づかない場合もあり、返信に時間がかかる場合もあります。

また、使用に際に膨大な契約書類を確認する必要があり、この時点で短気な人でしたら、もういいわ!となりそうです。

恐らくそれらの問題もあり、先行して発表されたテレケアは定着しなかったかもしれません。

 

また、遠隔サポートの言葉自体が過剰な期待感を煽るためか、

遠隔操作で補聴器の異常も直せるのでは?

遠隔操作で全ての問題が解決するなら、もう店はいらないのでは?

自分で好きな調整を自分で作れるのでは?

などと非現実的な考えをお持ちになる方も出てきています。

 

6月1日にリンクス3D発売されてしばらく経ちましたが、まだまだ遠隔サポートについては様子見したいと思います。

 

 

 

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]