自声が響いて補聴器が使えない方へ

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

最近の補聴器の人気の形状としては、耳あな型よりも耳かけ型(特にRICタイプ)が人気があります。

色々な要因はありますが、その中でもRICタイプはオープン(大きな空気穴がある耳栓)耳栓が使用でき装用感も楽ですし、自分の声も響きにくいことが特徴として挙げられます。

しかし、オープン耳栓を使用すると隙間から低音が抜けて自分の声の響きは楽になるのですが、低音域が十分に増幅できなく聞き取りの面では問題があります。

つまり、自分の声を楽にすると聞き取りが悪くなることがあります。

そんな中で、自分の声だけを低減して他の音声はそのまま増幅する新型補聴器が来年1月下旬に登場します。

その補聴器は、補聴器ユーザーの声を覚えて、装用している方の声は抑えて他の音は増幅してくれます。(業界初の特許だそうです。)

「自分の声が響くから、両耳には補聴器を付けられない!」

「軽度難聴なので、とにかく自分の声が聞こえすぎてうるさい!」

「自分の声が変に聞こえるから、補聴器は使いたくない!」

そんな方にはぜひお勧めしたいのが今回新発売になる新型補聴器です。

発売が楽しみですね。

 

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]