2018年はこんな補聴器が登場するかも?

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

2017年も間もなく終了しようとしていますが、2018年の補聴器はどのような動きがありそうなのか店主なりに検証してみたいと思います。

 

1.耳あな型充電式補聴器

2017年は充電式補聴器元年と言えるような年で、各メーカーから充電式補聴器が登場しました。ですが、全て耳かけ型で耳あな型(オーダーメイド)はありませんでした。(既製品耳あな型はP社が発売済)

2018年は恐らく非接触型の耳あな型充電式補聴器が登場するのではないかと店主は予想します。某メーカーが2017年中に発売するのではないかとの噂もありましたが、どうも2018年にずれこみそうです。

充電式になれば、防水機能もアップしますので、防水型の充電式耳あな型補聴器も登場するかもしれません。

 

2.全てのスマホ・タブレットに直接つながる補聴器

先日のブログ記事でも紹介しましたが、Googleが Bluetooth対応 補聴器のために G.722 コーデックのサポートを Android に実装する見通しです。

既に一部メーカーでもBluetoothであらゆるスマホ・タブレットに繋げることが出来る製品を開発したみたいです。

どうも、2018年はスマホと補聴器の本格的な融合が始まる年になりそうです。

 

3.自声の問題を解消した補聴器

これも既に某メーカーから2018年の1月に発売開始されますが、他メーカーも追随しそうな補聴器です。

今まで、自分の声の問題で補聴器を使えなかった方が補聴器を使えるようになれば、補聴器市場全体にとって朗報になりそうですね。

 

 

追伸:上記内容はあくまで個人的に予想している内容であり、必ずしも実現するかの確証はありませんのでご了承ください。

 

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]