リサウンド・リンクス3D充電タイプはどこが便利なのか

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

2018年2月1日に発売となった「リサウンド・リンクス3D充電タイプ」は一体どのような補聴器でしょうか?

店主なりに従来のリサウンド・リンクス3Dとの違いをまとめてみたいと思います。

 

 

まず、形状と充電器ですがこんな形をしています。

 

リサウンド・リンクス3D充電タイプ

 

 

補聴器自体は外耳道内レシーバ耳かけ型(RIE)になります。

性能等につきましては、リサウンド・リンクス3Dの各シリーズに準じますので割愛しますが、気になる価格は以下の通りです。

リサウンド・リンクス3D 9 両耳価格 930,600円 片耳価格 527,800円

リサウンド・リンクス3D 7 両耳価格 642,600円 片耳価格 367,800円

リサウンド・リンクス3D 5 両耳価格 444,600円 片耳価格 257,800円

いずれも充電キットを含めた価格です。

 

今回の充電タイプの特徴としては、空気電池併用タイプが挙げられます。

万が一充電を忘れても空気電池で使用が出来ます。 ここが、通常の充電タイプと異なるところです。

通常の充電タイプは電池ケースの開閉が出来ませんが、リサウンドの場合電池ケースの開閉で電源の入り切りが出来ますし、充電池の交換も自分で出来ます。

但し、充電池寿命が約1年なので、1年ごとに充電池(6,480円)の交換が必要になります。

充電方法は以下の動画を参照ください。

 

電池の交換方法は以下の動画を参照ください。

 

 

使用可能時間の目安は、通常の使用であれば4時間充電で16時間使用できます。ワイヤレス機器をご使用の場合はワイヤレス機器の使用時間分短くなります。

 

電池の購入が面倒な方、電池の交換が苦手な方、簡単に補聴器を使いたい方などにはお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]