おすすめの充電タイプ補聴器は?

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

最近の補聴器のトレンドとして「充電タイプ」が注目されています。

当店取り扱いメーカーでも、

シーメンス・シグニア補聴器のセリオン

フォナック補聴器のボレロ B-PR

リサウンド補聴器のリサウンド・リンクス3D 61-DRWZ

と各メーカーで充電タイプは登場しています。

 

では、どのメーカーの充電タイプがいいのでしょうか?

 

いろいろな視点で選ぶべきではありますが、取り扱いの便利さの観点からはセリオンを推奨しています。

 

その、ポイントとしては以下の特徴が挙げられます。

 

まず、セリオンはこんな補聴器です。

 

セリオン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.とにかく簡単に使える

まず、補聴器は一般的に電源の入り切りを電池ケースの開閉で行いますが、セリオンの場合は充電器から外せば電源が入ります。また、充電器に収めれば電源は切れます。つまり、充電器から取り外せばそのまま直ぐに使えますし、充電中は電源が切れます。

他社製品の場合は、充電器から取り外しプログラムボタンを押せば使えますが、押さないと使えません。細かいことですが、充電タイプを使用するユーザーの多くは細かい操作が苦手な方なので、ひと手間あるのと無いのでは大きく操作性は異なります。充電タイプを選択する方のニーズとしては、とにかく簡単に使えることが一番大事かもしれません。

 

2.求めやすい価格

 

充電タイプの補聴器は便利ではありますが、どうしても通常の補聴器よりは割高な価格になります。ですが、セリオンの場合は、片耳243,200円(充電器込み)から購入できます。フォナックは片耳320,000円からですし、リサウンドは片耳257,800円からなので最安値になります。

 

3.水に強い

セリオンはIP68防水・防塵仕様となっています。また、電池ケースの開閉が必要ないので水や汗に関してはかなり強くなります。空気電池併用の充電タイプ補聴器の場合は、やはり電池ケース部分に隙間が生じますので防水面では推奨しません。

 

以上のように操作性や使いやすさの面ではシーメンス・シグニア補聴器のセリオンを推奨します。ですが、個別のメーカー毎の特徴のある機能や音質を重視する場合はそのメーカーの充電タイプ補聴器でいいとは思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]