聴覚障害の方に便利なアプリ

最近はスマホが普及しているので、聴覚障害の方に便利なアプリがいろいろあります。

その中で、店主が個人的に便利だと思ったアプリがあります。

それは、

こえとら

です。

 

まず、「こえとら」とは、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)の研究開発成果である音声認識技術や音声合成技術を活用することにより、聴障者と健聴者とのスムーズなコミュニケーションを支援するスマートフォンアプリです。

 

分かりやすい動画もあります。

 

 

 

その特徴としては、

・音声で入力できます。

キーボードを押さないので便利です。また、手話のできない方とのコミュニケーションも簡単に出来ます。ホワイトボードなどで筆談していた方には便利な機能です。

・文章を音声で伝える。

目の不自由な方とのコミュニケーションが円滑に出来ます。また、相手がいちいち文章を読まなくて済むので会話がスムーズになります。

・操作が簡単です。

スマホに慣れていない人にも使いやすいです。また、地図や図形を伝えることも出来ます。

・定型文の登録と利用が出来ます。

よく使う文を定型文として登録しておけば、すばやく呼び出して使うことができます。

・絵文字で感情を伝えることも出来ます。

・複数の端末を繋いで使用することが出来ます。

複数台の端末をお互い接続し合うことで各端末で会話ができます。

 

が挙げられます。

 

また、筆談と音声認識の機能に特化した「SpeechCanvas」もあります。

使い方の動画は以下の通りです。

 

以上のように便利なアプリの活用で便利な社会になるといいですね。

 

スマホアプリで補聴器をフィッティングする?

通常、補聴器を初めて装用する際には、

1.オージオメーターで聴力を測る

2.パソコンを使って補聴器をフィッティングする

プロセスが必要です。

しかし、海外では既に「MobileFitting App 」が存在し、オージオメーターやパソコンが無くてもスマホアプリですべてが出来る時代に突入したようです。

参考動画

 

 

つまり、スマホ1台ですべてが出来ます。

聴力測定

補聴器のフィッティング

補聴器の調整

など従来のやり方では各種装置が必要であったプロセスが無くなるのです。

 

大阪補聴器センターはお客様の自宅に伺う出張訪問型の補聴器専門店です。

当然ですが、訪問の際には「オージオメーター」や「調整用パソコン」など必要な機器は持参していますが、アプリで全てが出来るようになれば大変助かります。

つまり、小さな鞄一つでどこにでも訪問できる時代になるのです。

これから、出張訪問で補聴器店を開業しようとお考えの方にも朗報かもしれません。

また、補聴器の調整が本格的に遠隔操作で出来るようになれば、より遠方の方のフォローも出来るようになります。

しかしながら、遠隔操作につきましては当面若い世代にユーザーが限定されることもありますし、いきなりスマホフィッティングの時代にはなりません。

ここ数年で補聴器業界も大きな変化があるかもしれませんね。

IoTアプリで補聴器遠隔調整の時代に!

シーメンス・シグニア補聴器のテレケア(IoTを使った新しいコミュニケーション)がいよいよスタートします。

使用するのは「マイヒアリング(myHearing)アプリ」です。

これを使用すれば、自宅でスマホがお店の代わりになります。遠隔調整については、現段階では音量調整・音質調整に限定されていますが、将来的にはより高度な調整やフィッティングなども可能になるかと思われます。

使用イメージです。

テレケア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアプリで出来ることは以下の通りです。

1.聞こえのレッスン

「テレビ」や「鳥の声」などを実際に聞いて質問に答えると、後日お店で答えを見て補聴器の調整が出来ます。いつでも気軽にレッスンが出来るのが便利です。

2.補聴器の調整

お店にリモート調整を依頼すれば、お店のパソコンから新しい調整がスマホに送信され補聴器の調整が出来ます。すぐに店に行けない時等に便利な機能です。

3.お店への連絡

電話やメールでの相談が出来ます。チャットでの会話も出来ます。

 

対象補聴器はシリオン2から上のクラスの補聴器になりますので、最近のシグニア補聴器機種でしたら大丈夫です。

それと、アプリを使用するには店舗のPCで顧客登録の必要があるのとアプリのインストールが必要になります。また、販売店から接続コードをもらって接続しないとアプリは使用できません。

個人的には、比較的若い補聴器ユーザー向けのアプリだと思います、スマートフォンをお持ちの方でしたらぜひ使って欲しいアプリです。

英語版ですがアプリの説明動画がありますので、参照下さい。

 

 

スマホとイヤホンで補聴器?

最近は色々なスマホアプリが登場していますが、その中には補聴器アプリ(厳密に言えば集音器アプリ)もあります。

補聴器の基本的なパーツである、「マイク」「アンプ」「レシーバー」の機能が備わっていれば、スマホの「マイク」「アンプ」とイヤホンの「レシーバー」で補聴器の代用にはなります。

今回店主が興味を持ったのは、「uSound」という補聴器アプリです。アルゼンチンの会社が開発したので、説明は英語・スペイン語のみになります。

まずは、以下の動画をご覧下さい。

 

この動画の中で説明されているのが、「uSound」です。

興味深いのは、ワイヤレスイヤホンを使用すれば、スマホを遠隔マイクとして使用できるので、離れた場所の声も聞き易くなることです。

個人的には、このようなアプリの登場でポケット型補聴器や集音器は駆逐されると思います。

しかし、あくまで補聴器アプリは補聴器に取って代わる物ではありません。あくまで、補聴器デビューの前の段階である、音を増幅して聞くことの便利さを体験するツールとしてはいいと思います。

 

アプリで聴力検査?

自分が難聴かどうか客観的に見るには、聴力検査が必要です。

しかし、耳鼻咽喉科や補聴器店に行くのはまだまだとお考えの方も多いかと思います。

そんな時に便利なのはアプリを使って簡易的にはなりますが、聴力検査をする方法です。

まず、iPhoneをお使いの方でしたら、iTunesで「聴力検査&耳年齢テスト」を検索してみて下さい。(アンドロイドスマホは「聴力検査」で検索します。)

すると以下のアプリがダウンロード出来ます。

 

聴力検査

 

 

イヤホンを接続し、静かな部屋でテストします。すると約6分で左右の耳の聴力が検査できます。勿論、防音室でのオージオメーターによる検査とは異なりますが大まかな聴力でしたら、これで十分です。

125Hzから8000Hzまで測れますから、平均で30dB以上の結果の場合は難聴の可能性が高いと言えます。

シェアボタンを押せば、メールなどで結果の送信が出来ますので、かなり便利です。

店主もダウンロードして使っています。

 

 

 

 

 

タッチコントロールアプリは便利です

シーメンス・シグニア補聴器のスマートフォン用アプリの「タッチコントロールアプリ」ですが、意外と便利です。

タッチコントロール

主な機能としては

• プログラム変更
• ボリューム調節
• 補聴器のミュート(消音)
• 高音/低音 音質調節
• 補聴器指向性のマニュアル調節 (5bx & 7bx)

があります。

また、使用できる機種はSignia/Siemens 7px, 5px, 3px, 7bx, 5bx, 3bx, Orion 2, 補聴器に対応します。

勿論、スマホは全てのiPhoneとアンドロイド携帯に対応しています。

店主が個人的に凄いと思うのは、

1.CICも対応している

従来の補聴器ですと、CICタイプは小さくすることを優先する為にリモコン非対応の機種が殆どでした。今回のタッチコントロールアプリでは最高で6プログラムの切り替えが出来るようになりました。勿論ボリュームも自分で操作できます。これは、注目のポイントです。

2.高音/低音の音質調整

自分で音質調整が出来るようになり、自分好みの音を作れます。

3.補聴器さえあれば直ぐに使える

アプリから直接補聴器の調整が出来るので便利です。但し、注意点としてはタッチコントロールアプリは、ほとんど聞き取れないような高い周波数の操作信号をスマホのスピーカーから出力し補聴器をコントロールします。ですからスマホは「音が出る状態」に必ずしておきます。

が挙げられます。

最近の補聴器はスマホとの連携が標準となってきましたが、アプリの性能も注目ですね。

シーメンス補聴器新製品「バイナックスbinax」その2

11月に新発売のシーメンス補聴器「バイナックスbinax」の特徴は「両耳聴の特徴を活かす」ことです。逆に言えば片耳での使用ではバイナックスbinaxの性能をフルに活かすことは出来ません。

主な機能としては以下の機能があります。

・ビーム指向性

ビーム指向性の角度が45度なので、正面の相手の会話は聞き取りやすくなります。メーカーの発表ではビーム指向性により健聴者より聞き取りが向上する効果もあるそうです。(もちろん使用者の明瞭度にもよりますが・・・)また、方向感や距離感など三次元的な情景情報を得る手がかりになる聴覚情報も維持するので、不自然な聞こえにはなりません。

・両耳eウィンドスクリーン(7bxのみ)

両耳の補聴器のうち風が弱い側の音声を風が強い側にコピー(低音域のみ)して聞くことが出来る機能です。つまり両耳で風の少ない側の音声を聞くので風の音が消える感じになります。風の強い日に屋外で助かる機能です。

・スピーチフォーカス360 (7bxのみ)

声を追いかけて前後左右4方向に指向性を自動で向ける機能です。聞きたい方向の声は聞きやすく他の3方向は抑えてくれるので、より静かで聞き取りやすくなります。全方向に対する指向性は便利な機能だと思います。

・マニュアル指向性

自動指向性で自分に不要な話声を拾ってしまう場合などに自分で指向性を選択できる機能です。ビーム幅や方向など自分で聞きたい声を選べます。もちろんアプリやeasyTekで簡単に調整できます。

それとアプリの機能ですが、まず全てのスマートフォンに対応しています。アプリではボリューム・プログラム変更・高音の上げ下げ・補聴器マイクのミュートが出来ます。但し操作はスマホから瞬間的な高音を出して行うので騒がしい場所では上手くいかない場合があるそうです。

詳細につきましては11月12日のシーメンスパートナーデイ以降に補足したいと思います。

集音器はスマホアプリに駆逐されるのか?

最近の携帯電話は殆どがスマホの時代になり、高齢者の方もスマホを使いこなしている方が増えてきました。スマホアプリの中には補聴器や集音器としての機能を搭載したものも最近では出てくるようになりました。

例えば「EasyHearingAid」価格1,400円のケースで検証してみたいと思います。

説明は以下の内容で記載されています。(iTunesより引用)

EasyHearingAidは、職場の同僚との真面目な会話、お友達とのおしゃべりを手助けする、集音器のような補聴アプリです。

*****自分の耳で聞いて会話するために*****
EasyHearingAidはあなたの耳へ、真面目な話し声や楽しいおしゃべり声を届けます。

*****単純な操作で*****
高い音や低い音、自分の聞きたい高さの音をスライダーで上下に調節して、自分好みの音が作れます。

*****アプリを通じて広がる人のつながり*****
操作画面内のボタンから、中途失聴者が集まるfacebookページへジャンプして、色々な投稿、体験談を読むことも、そこにいる人たちとおしゃべりする事も出来ます。

1)アプリの説明
このアプリは、以下の事が出来ます。
・聴覚障害を抱えた人の聴こえを助けます
・聴覚障害の疑似体験が出来ます(難聴体験)
※これは補聴器ではありません。
※軽度、中度、重度難聴の方各々から賛否両論を頂いており、その効果には個人差があります。

2)アプリの機能
・周波数毎の出力調整:13区分
・出力設定の保存・呼出:3ヶ
・出力音量の調整:5段階

 

Easy Hearing Aid

問題点としては各周波数毎の調整をどのようにするのかユーザーの判断に一任されていることが気になります。必要以上にボリュームを上げると耳を傷めるリスクがありますし、聴力に合っていない調整で使用する事は好ましくありません。

雑音を抑制する機能や入力音によって増幅を変える機能もないので騒音下での聞き取りや衝撃音の面では不安があります。

しかし、いわゆる集音器として1,400円でこの内容であれば「お得感」はあります。

本来であれば難聴の方には専門家がフィッティングした補聴器をお勧めしますが、

補聴器を考える前の参考にしたい

とにかく安く使える集音器が欲しい

などとお考えの方には一つの選択枝かもしれません。