テレビを直接補聴器で聞くのにいい補聴器は?

多くの方にとってテレビは欠かせない機器です。

しかし、難聴になると

「テレビの内容が聞き取りにくい!」

「家族からテレビの音が大きすぎる!と言われる。」

「字幕でしか内容が分からない!」

などの声があります。

もちろん、聞き分ける能力の問題で内容が分からない場合もあります。

しかし、補聴器をワイヤレスイヤホンみたいに使用することで、テレビが格段に聞き取りやすくなることがあります。

最近では、各メーカーでテレビに発信器を取り付けて、補聴器を受信器としてダイレクト通信出来る器種が存在ます。

その中で、個人的な見解ではありますが、一番優れていると思う器種があります。

それは、

「フォナック オーデオB-ダイレクト」と「テレビコネクター」

の組み合わせです。

 

まず、フォナック オーデオB-ダイレクトはこんな補聴器です。

オーデオB-ダイレクト

 

2018年1月発売の耳かけ型 RICタイプで携帯電話やテレビに直接つながる補聴器です。特にハンズフリーで携帯電話の通話が出来るのが魅力的な逸品です。

この、オーデオB-ダイレクト専用のテレビアダプターが、「テレビコネクター(18,000円 税抜)」です。

こんな形をしています。

テレビコネクター

 

他社にも似たような製品がありますが、フォナックの優れているポイントは、

 

1.設定がとにかく簡単

テレビコネクターを箱から出して、最初に電源を入れるだけで自動的に補聴器とペアリングします。

2.使い方がとにかく簡単

テレビの電源を入れれば、自動的に補聴器につながります!いちいちプログラム切り替えしたりする必要はありません。

3.独自のAirStreamで音質に優れる。

 

などが挙げられます。

 

今年はダイレクト通信補聴器が主役になりそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

補聴器でハンズフリー通話をするには

最近では、各種ワイヤレス機器を使用して携帯電話音声を補聴器で聞くことが出来るようになってきました。

しかし、

「Androidスマホなので、ダイレクト通信が出来ない。」

「聞くのは補聴器で聞けるが、話すのはスマホマイクなので使いにくい。」

「スマホに中継器は面倒。」

などのお声がありました。

そんなお悩みをお持ちの方に朗報です!

 

1月18日に発売の「フォナック オーデオ B-ダイレクト」なら上記問題は解決できます!

 

まず、こんな補聴器です。

オーデオB-ダイレクト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その特徴は

1.あらゆる携帯電話・スマホとダイレクトに繋がる。それもハンズフリーで。

iPhone、アンドロイドスマホ、フィーチャー・フォンを含むBluetooth対応の携帯電話でしたら、ダイレクトに繋がります。しかもハンズフリーです。着信があれば、補聴器本体の押しボタンを押せば携帯電話を取り出すことなく通話できます!(街でよく見かけるヘッドセットを耳に装用して話しているイメージがハンズフリーです。)

英語版ですがイメージ動画です。

 

 

2.テレビも聞こえやすい

別売りのテレビコネクター(18,000円 税抜)を使用すれば、テレビ音声をワイヤレスで聞けます。しかも、一度ペアリングすれば、テレビの電源を入れると自動的に補聴器と繋がります。

 

3.アプリで補聴器の調整が出来る

フォナック リモートアプリを使用すれば、プログラムの切り替え、音量調整、環境音バランス調整など手元で出来ます!

 

価格は以下の通りです。

B90(プレミアム) 片耳 520,000円

B70(アドバンス) 片耳 370,000円

B50(スタンダード)片耳 270,000円

 

ハンズフリー通話の便利さは一度体験されてみてはいかがでしょうか。