補聴器のブランドと会社名

以前は補聴器のブランドと会社名が同じであるケースが多かったのですが、最近の傾向では補聴器のブランドと会社名が異なり、「一体どれが正しいのか?」とのお声が増えてきました。

そこで、今回は補聴器のブランドと会社名をまとめてみたいと思います。

但し、当店取り扱いのメーカー限定です。

 

1.ブランド:シーメンス・シグニア 、 会社名:シバントス株式会社

 

以前は「シーメンス」ブランドではありましたが、現在は徐々に「シグニア」ブランドになっています。また、本社が以前はドイツでしたが、現在はシンガポールです。会社名のシバントスはまだまだ消費者には浸透していないようです。

お客様から「シーメンス」の補聴器と言われれば、「シーメンス・シグニア」の補聴器となりますが、いずれは「シバントス」の補聴器となることでしょう。

 

2.ブランド:リサウンド 、 会社名:GNヒアリングジャパン株式会社

 

以前はブランド名と会社名が一致していましたが、現在は異なります。一般的には「リサウンド」の補聴器と言われます。

 

3.ブランド:フォナック 、 会社名:ソノヴァ・ジャパン株式会社

 

こちらも以前はブランド名と会社名が一致していましたが、現在は異なります。一般的には「フォナック」の補聴器と言われます。

 

以上のようにブランド名と会社名が異なるケースが多いので、混同しないように注意しましょう。

 

 

シーメンス補聴器のバイナックスに新製品が!

昨年の発売以来好評を頂いていますシーメンス補聴器の「バイナックス(binax)シリーズに遂に新製品が登場しました。

詳細につきましては29日に開催される「パートナーデイ」で確認してきますが、以下のことが明らかになりました。

1.耳あな型と耳かけ型が新登場

今まではRIC型のみのラインナップでしたが、耳あな型のインシオ(Insio)と耳かけ型のモーション(Motion)が登場し、フルラインナップとなりました。これで選択の幅が広がりよりお勧めしやすくなりました。

2.お手頃価格の3bxクラスが新登場

今までは7bxと5bxの2クラスでしたが、お手頃価格の3bxクラスが登場しました。これにより片耳24万円からバイナックスが購入できます。

3.耳あな型に防水対応が登場

オプションにはなりますが、CIC/CIC312以外の耳あな型が汗・水・湿気に強いIP57対応のタイプが登場しました。これで、汗水を気にせずに生活できます。

 

番外 18金製プレミアム補聴器「Insio 7bx CIC」誕生

Insio 7bx CIC

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全国で100台限定発売のプレミアム補聴器です。写真をご覧いただくと分かると思いますが、シェルが18金になっています。究極の贅沢補聴器の登場です。

何れにしましても、後日詳細はレポートしたいと思います。

シバントスとは何?

最近良く聞かれますのは、

「シバントスってどこのメーカーなの?」

「シバントスとは何ですか?」

のご質問ですが、一言で言えば「シーメンス補聴器」のことです。

既報にもありますが、2015年3月16日付けで「シーメンス ヒヤリング インスルメンツ株式会社」が「シバントス株式会社」へと会社名が変更になりました。

ですが、「シーメンス」のブランドネームは継続して使用されていますので、混同されているかもしれません。

今までどちらかと言えばブランドイメージで差別化されていたメーカーですので、「シバントス」が定着するのは時間がかかりそうです。

 

別件にはなりますが、数日来当店サイトに「サイバー攻撃?」があり、アクセス集中により閲覧が難しい場合がありましたことをお詫び申し上げます。

現在ではアクセス集中攻撃?は終了したようですのでご安心下さい。