シーメンス・シグニア補聴器にIICが登場します。

見えない補聴器IIC(Invisible in Canal)が遂にシーメンス・シグニア補聴器から発売となります。今回Signia Nxの耳あな型補聴器が発売となりましたが、IICは驚きの小ささです!

 

従来の小型補聴器CICと並べてみるとこんな感じです。

Signia Nx IIC

 

 

 

画像では分かりにくいかもしれませんが、外から見えるフェイスプレートは約10%小さくなっています。また、CICと比べてフェイスプレート面が2mm程度耳穴の奥に入りますので、ほとんど外からは見えません!

新しい機能としては、

1.ワンマイク指向性

小ささを優先しているので、ツインマイクはありませんが、指向性があることでより騒がしい場面で静かに聞き取ることが出来ます。

2.ツインフォン

電話音声を両耳で聞くことが出来るツインフォンの機能が付いています。

が挙げられますし、今回のCICには以下の機能が付いています。

1.高度難聴まで対応のハイパワーレシーバー

2.電池ケースにプログラムボタンがある。

が挙げられます。

 

いずれにしても、今回のシリーズはこんな方にお勧めです。

・小ささや目立ちにくさを優先する方

・外出や電話が多い方

・高度難聴だが目立たない補聴器を使いたい方(CIC)

 

気になる価格は以下の通りです。

 

7Nx 両耳 1,020,000円 片耳 530,000円

5Nx 両耳   760,000円 片耳 380,000円

3Nx 両耳   580,000円 片耳 290,000円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピュア チャージ&ゴー(Pure Charge&Go Nx)とは

ピュア チャージ&ゴー(Pure Charge&Go Nx)とはシーメンス・シグニア補聴器が2018年4月に発売した新製品です。

形状は以下の通りです。

ピュア チャージ&ゴー(Pure Charge&Go Nx)

 

 

電池交換不要の充電タイプRICです。

従来の充電タイプRICであるセリオン(Cellion)と形状は似ていますが、よりスリムな形状になっています。

また、セリオンに無かった性能としては、

1.30分の充電で6時間使用可能な急速充電

2.テレビやスマホ(iPhone)にダイレクトに繋がる

3.Nxシリーズならではの高音質・高明瞭度

が挙げられます。

 

今回は3クラス発売で気になる価格は以下の通りです。

製品名

7Nx  両耳価格 1,103,200円 片耳価格 573,200円

5Nx  両耳価格   803,200円 片耳価格 423,200円

3Nx  両耳価格   623,200円 片耳価格 333,200円

(いずれも充電器価格を含む)

 

2018年は本格的な充電型補聴器の時代となりそうですが、現時点ではピュア チャージ&ゴー(Pure Charge&Go Nx)が一歩リードしていると個人的には思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの充電タイプ補聴器は?

最近の補聴器のトレンドとして「充電タイプ」が注目されています。

当店取り扱いメーカーでも、

シーメンス・シグニア補聴器のセリオン

フォナック補聴器のボレロ B-PR

リサウンド補聴器のリサウンド・リンクス3D 61-DRWZ

と各メーカーで充電タイプは登場しています。

 

では、どのメーカーの充電タイプがいいのでしょうか?

 

いろいろな視点で選ぶべきではありますが、取り扱いの便利さの観点からはセリオンを推奨しています。

 

その、ポイントとしては以下の特徴が挙げられます。

 

まず、セリオンはこんな補聴器です。

 

セリオン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.とにかく簡単に使える

まず、補聴器は一般的に電源の入り切りを電池ケースの開閉で行いますが、セリオンの場合は充電器から外せば電源が入ります。また、充電器に収めれば電源は切れます。つまり、充電器から取り外せばそのまま直ぐに使えますし、充電中は電源が切れます。

他社製品の場合は、充電器から取り外しプログラムボタンを押せば使えますが、押さないと使えません。細かいことですが、充電タイプを使用するユーザーの多くは細かい操作が苦手な方なので、ひと手間あるのと無いのでは大きく操作性は異なります。充電タイプを選択する方のニーズとしては、とにかく簡単に使えることが一番大事かもしれません。

 

2.求めやすい価格

 

充電タイプの補聴器は便利ではありますが、どうしても通常の補聴器よりは割高な価格になります。ですが、セリオンの場合は、片耳243,200円(充電器込み)から購入できます。フォナックは片耳320,000円からですし、リサウンドは片耳257,800円からなので最安値になります。

 

3.水に強い

セリオンはIP68防水・防塵仕様となっています。また、電池ケースの開閉が必要ないので水や汗に関してはかなり強くなります。空気電池併用の充電タイプ補聴器の場合は、やはり電池ケース部分に隙間が生じますので防水面では推奨しません。

 

以上のように操作性や使いやすさの面ではシーメンス・シグニア補聴器のセリオンを推奨します。ですが、個別のメーカー毎の特徴のある機能や音質を重視する場合はそのメーカーの充電タイプ補聴器でいいとは思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シグニアNx(Signia Nx)はここが凄い!

本日からシバントス株式会社から発売となる新製品補聴器「シグニア Nx」は一体どのような補聴器でしょうか。

どこが新しいのでしょうか。

そのような疑問にお答えするまとめをしてみたいと思います。

 

形状

形状は以下の通りです。

Signia Nx

 

 

 

 

耳かけ型が3器種あります。

大きさを気にする方は、Pure312 Nx、電池寿命を気にする方は、Pure13 Nx、取り扱いし易く便利な補聴器を希望の方は、Motion13 Nxがお勧めです。

 

価格

3クラスあります。

7Nx 両耳価格 1,020,000円 片耳価格 510,000円

5Nx 両耳価格   720,000円 片耳価格 360,000円

3Nx 両耳価格   540,000円 片耳価格 270,000円

クラス毎の性能の差は今回は割愛します。(Primaxシリーズに準じます。)

 

新しい機能

シグニアNxの機能

 

 

 

 

 

 

 

1.OVP

一言で言えば、「自分の声の違和感を最適に音声処理してくれる機能」です。恐らく補聴器業界では初の機能だと思います。

具体的には補聴器が「自分の声」を記憶することで、「自分の声」だけを低減して他の音声(相手の声)は聞きやすく増幅します。これにより、自分の声の違和感が低減され、補聴器の装用効果も上がります。

今まで自分の声の問題で、補聴器が適用されなかった方や聞き取りが悪くなっていた方にはお勧めの機能です。

 

2.Nxチップ・Nxマイク

自声処理機能を高速で処理し、小型化されたNxチップと従来のマイクに比べ4倍大きくなったNxマイクは格段に音質を向上させます。それにより、音声がよりクッキリ分かりやすいとの評価をいただいています。

 

3.テレビ・電話

Bluetoothで直接補聴器で音声が聞けますので、テレビや電話が聞こえやすくなります。但し、テレビは別売りのストリームラインTV(30,240円)が必要です。

 

以上がおおまかなまとめです。

ご興味をお持ちの方は、実際にご自身の耳で体験してみることをお勧めします。

デモ器は事前予約が必要になりますので、ご了承ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

防水仕様耳あな型補聴器

最近の補聴器は防水タイプが増えてきましたが、その殆どは耳かけ型補聴器です。

当店取り扱いメーカーの中ではシーメンス・シグニア補聴器が耳あな型でも防水タイプがあります。

もちろん器種は限定されますが、オプションとして「アクアプロテクト」(¥6,000 一台につき)を付ければ汗・水・湿気に強いIP57対応の防水補聴器になります。

アクアプロテクト

 

 

 

 

 

対象器種はprimax 7px、5px、3pxシリーズのCIC、CIC312以外の器種になります。

仮にprimax 3pxシリーズで作成するとしたら、片耳代金270,000円にプラス6,000円の合計276,000円から作成できます。

水に濡れる場面がある方

埃の多い環境で使用する方

野外でのスポーツをする方

などには防水仕様の耳あな型補聴器をお勧めします。

 

 

 

 

充電タイプ補聴器 セリオン(Cellion)動画

シーメンス・シグニア補聴器の充電タイプ補聴器「セリオン(Cellion)」は、2017年で最も注目された補聴器ではないでしょうか。

しかし、カタログで見てもなかなかピンとイメージが湧きにくいと思っていましたが、イメージの湧く動画がありました!

これです。

 

 

解説は以下の通りです。

 

世界初!(*1)電池交換がいらない置くだけ充電タイプ新登場。充電式Cellion(セリオン)は、リチウムイオン電池の非接触充電に対応する世界初(*1)の補聴器です。1回の充電で約26時間の連続装用が可能なので、突然電池切れになる心配がありません。本体は、防水・防塵対応の国際保護等級で最高のIP68(*2)を取得。瓶のように隙間のない密閉構造型補聴器です。 *1 リチウムイオン電池をワイヤレス充電する補聴器。2016年10月調べ *2 完全防水ではありません

個人的に便利だと思うのは、
1.自動電源ON・OFF
いちいちスイッチを入れなくても、充電器から取り出すとスイッチON、置くとスイッチOFFになります。よくスイッチが入っていなくて聞こえないと言われるケースがありますが、これなら安心ですね。
2.1台20万円から購入出来る
充電タイプの補聴器としては、1台20万円から購入できるのは魅力的な価格設定だと思います。
3.汗や湿気に強い
電池ケースが密閉されているので、汗や湿気に強く強力なIP68防水・防塵です。
4.電池不要
充電式なので、当然ですが空気電池は不要です。また、充電し忘れても、30分の充電で7時間は使用できます。
充電タイプ補聴器の進化にこれから目が離せませんね。

 

 

充電式補聴器は20万円からになります

今年になって本格的に登場した「充電式補聴器(充電タイプとも言います)」ですが、価格的にはまだまだ買える方は限られます。

 

当店取り扱いメーカーの場合ですと、

シーメンス・シグニア補聴器のセリオンシリーズ

Cellion 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォナック補聴器のボレロB-PRシリーズ

 

 

になるのですが、

価格は

セリオンシリーズが20万円から

ボレロB-PRシリーズが30.8万円から

になります。

ですので、両耳での装用ですと少なくとも40万円からになります。

 

充電式補聴器の場合、補聴器用空気電池は必要ありませんので、電池代はかかりません。(充電池の交換は必要にはなります。)

また、故障のリスクも少ないですし、電池交換などの細かい操作は不要です。

上記メリットは確かにあるのですが、お客様のご予算の範囲を超えてしまうケースもあります。

 

ですが、携帯電話をご使用の方が、充電式でなく電池式でしたらどう思うのでしょうか?

いちいち電池の交換をしたら不便ですよね。

それと、基本的には同じです。

補聴器も充電式の方が便利です。

まだまだ価格面の問題はありますが、これからは補聴器は充電式が当たり前の時代になるかもしれませんね。

 

 

どうしても耳あな型補聴器で試聴・貸出したい方へ

通常、補聴器を試聴・貸出する際には、耳かけ型補聴器を使用します。

耳あな型補聴器はオーダーメイドになるので、通常は試聴・貸出出来ません。ですので、耳あな型補聴器を希望しても、あくまで試聴・貸出は耳かけ型補聴器で行うことになります。

しかし、シーメンス・シグニア補聴器の場合は、耳あな型補聴器での試聴・貸出が出来ます!

形状は以下の通りです。

耳あな型補聴器デモ器

 

 

 

いずれも、耳あな型補聴器(既製品)です。

但し、販売用のオーダーメイド補聴器とは形状は異なります。また、実際に作成する耳あな型補聴器とは装用感は異なりますが、耳あな型補聴器としての聞こえは十分体験できます。

聴力や耳あなの形状で使える器種も異なりますが、大まかには

CIC・MCを希望の方は、Silkプライマックス

CTを希望の方は、インシオプライマックス

COOLを希望の方は、インシオクールプライマックス

でお試しください。

 

シーメンス・シグニア補聴器での試聴・貸出を希望される場合は、以下の条件があります。

1.1週間以上の貸出は出来ません。

2.試聴希望器種をご自身で指定される場合は、貸出料を3,000円ご負担いただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

コスパに優れた充電式補聴器が登場

今年になり各種充電式補聴器が登場しましたが、

「価格的に高くて手が出ない。」

「せめて20万円台で買えないのか。」

などのお声がありました。

 

そんな方に最適な充電式補聴器が8月4日にシーメンス・シグニア補聴器から発売されます。

器種名は

「セリオン(Cellion)」

です。

セリオンは既に発売されているシリーズですが、価格的には51万円と36万円の2器種のみでした。

今回価格が27万円と20万円の2器種が登場してよりお勧めしやすくなりました。

Cellion 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく価格重視の方はCellion 2pxがお勧めです。

充電器が43,200円ですので、片耳で243,200円、両耳で443,200円の価格で充電式補聴器ライフをスタートすることが出来ます!

電源の入り切りや電池購入が難しい方にはぜひご使用いただきたい逸品ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ストリームラインTVはテレビを聞こえやすくします

5月26日(金)に新発売のシーメンス・シグニア補聴器「Pure 13 BT 」の発売に併せて発売の「ストリームラインTV」はとても便利なアクセサリーみたいです。

詳細は正式リリース後になりますが、こんなアクセサリーです。

ストリームラインTV

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

設定の仕方の動画もあります。

 

 

とても簡単に設定できます!

 

今までのシーメンス・シグニア補聴器の場合、テレビの音声をワイヤレス聞く場合は、ボイスリンクにイージーテックブースト又はミニテックが必要でした。つまり、2つのアクセサリーが必要でした。

しかし、今度からはストリームラインTVをテレビに取り付ければ、直接補聴器でテレビ音声を聞けるようになります。

当店取り扱いメーカーでは、ジーエヌリサウンドだけがこの方式を採用していましたが、これからはシーメンス・シグニア補聴器でも利用でき便利になりました。

発売が待ち遠しいですね。