おすすめの充電タイプ補聴器は?

最近の補聴器のトレンドとして「充電タイプ」が注目されています。

当店取り扱いメーカーでも、

シーメンス・シグニア補聴器のセリオン

フォナック補聴器のボレロ B-PR

リサウンド補聴器のリサウンド・リンクス3D 61-DRWZ

と各メーカーで充電タイプは登場しています。

 

では、どのメーカーの充電タイプがいいのでしょうか?

 

いろいろな視点で選ぶべきではありますが、取り扱いの便利さの観点からはセリオンを推奨しています。

 

その、ポイントとしては以下の特徴が挙げられます。

 

まず、セリオンはこんな補聴器です。

 

セリオン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.とにかく簡単に使える

まず、補聴器は一般的に電源の入り切りを電池ケースの開閉で行いますが、セリオンの場合は充電器から外せば電源が入ります。また、充電器に収めれば電源は切れます。つまり、充電器から取り外せばそのまま直ぐに使えますし、充電中は電源が切れます。

他社製品の場合は、充電器から取り外しプログラムボタンを押せば使えますが、押さないと使えません。細かいことですが、充電タイプを使用するユーザーの多くは細かい操作が苦手な方なので、ひと手間あるのと無いのでは大きく操作性は異なります。充電タイプを選択する方のニーズとしては、とにかく簡単に使えることが一番大事かもしれません。

 

2.求めやすい価格

 

充電タイプの補聴器は便利ではありますが、どうしても通常の補聴器よりは割高な価格になります。ですが、セリオンの場合は、片耳243,200円(充電器込み)から購入できます。フォナックは片耳320,000円からですし、リサウンドは片耳257,800円からなので最安値になります。

 

3.水に強い

セリオンはIP68防水・防塵仕様となっています。また、電池ケースの開閉が必要ないので水や汗に関してはかなり強くなります。空気電池併用の充電タイプ補聴器の場合は、やはり電池ケース部分に隙間が生じますので防水面では推奨しません。

 

以上のように操作性や使いやすさの面ではシーメンス・シグニア補聴器のセリオンを推奨します。ですが、個別のメーカー毎の特徴のある機能や音質を重視する場合はそのメーカーの充電タイプ補聴器でいいとは思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

充電タイプ補聴器 セリオン(Cellion)動画

シーメンス・シグニア補聴器の充電タイプ補聴器「セリオン(Cellion)」は、2017年で最も注目された補聴器ではないでしょうか。

しかし、カタログで見てもなかなかピンとイメージが湧きにくいと思っていましたが、イメージの湧く動画がありました!

これです。

 

 

解説は以下の通りです。

 

世界初!(*1)電池交換がいらない置くだけ充電タイプ新登場。充電式Cellion(セリオン)は、リチウムイオン電池の非接触充電に対応する世界初(*1)の補聴器です。1回の充電で約26時間の連続装用が可能なので、突然電池切れになる心配がありません。本体は、防水・防塵対応の国際保護等級で最高のIP68(*2)を取得。瓶のように隙間のない密閉構造型補聴器です。 *1 リチウムイオン電池をワイヤレス充電する補聴器。2016年10月調べ *2 完全防水ではありません

個人的に便利だと思うのは、
1.自動電源ON・OFF
いちいちスイッチを入れなくても、充電器から取り出すとスイッチON、置くとスイッチOFFになります。よくスイッチが入っていなくて聞こえないと言われるケースがありますが、これなら安心ですね。
2.1台20万円から購入出来る
充電タイプの補聴器としては、1台20万円から購入できるのは魅力的な価格設定だと思います。
3.汗や湿気に強い
電池ケースが密閉されているので、汗や湿気に強く強力なIP68防水・防塵です。
4.電池不要
充電式なので、当然ですが空気電池は不要です。また、充電し忘れても、30分の充電で7時間は使用できます。
充電タイプ補聴器の進化にこれから目が離せませんね。

 

 

充電式補聴器は20万円からになります

今年になって本格的に登場した「充電式補聴器(充電タイプとも言います)」ですが、価格的にはまだまだ買える方は限られます。

 

当店取り扱いメーカーの場合ですと、

シーメンス・シグニア補聴器のセリオンシリーズ

Cellion 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォナック補聴器のボレロB-PRシリーズ

 

 

になるのですが、

価格は

セリオンシリーズが20万円から

ボレロB-PRシリーズが30.8万円から

になります。

ですので、両耳での装用ですと少なくとも40万円からになります。

 

充電式補聴器の場合、補聴器用空気電池は必要ありませんので、電池代はかかりません。(充電池の交換は必要にはなります。)

また、故障のリスクも少ないですし、電池交換などの細かい操作は不要です。

上記メリットは確かにあるのですが、お客様のご予算の範囲を超えてしまうケースもあります。

 

ですが、携帯電話をご使用の方が、充電式でなく電池式でしたらどう思うのでしょうか?

いちいち電池の交換をしたら不便ですよね。

それと、基本的には同じです。

補聴器も充電式の方が便利です。

まだまだ価格面の問題はありますが、これからは補聴器は充電式が当たり前の時代になるかもしれませんね。

 

 

コスパに優れた充電式補聴器が登場

今年になり各種充電式補聴器が登場しましたが、

「価格的に高くて手が出ない。」

「せめて20万円台で買えないのか。」

などのお声がありました。

 

そんな方に最適な充電式補聴器が8月4日にシーメンス・シグニア補聴器から発売されます。

器種名は

「セリオン(Cellion)」

です。

セリオンは既に発売されているシリーズですが、価格的には51万円と36万円の2器種のみでした。

今回価格が27万円と20万円の2器種が登場してよりお勧めしやすくなりました。

Cellion 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく価格重視の方はCellion 2pxがお勧めです。

充電器が43,200円ですので、片耳で243,200円、両耳で443,200円の価格で充電式補聴器ライフをスタートすることが出来ます!

電源の入り切りや電池購入が難しい方にはぜひご使用いただきたい逸品ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

充電式補聴器「セリオン」の新CM

先日、充電式補聴器「セリオン」のCMの動画を紹介しましたが、新しいCM動画が公開されました。

こちらをクリック

 

内容としては、以下の通りです。

 

世界初!電池交換がいらない置くだけ充電タイプ補聴器が新登場しました。

充電式補聴器Cellion(セリオン)は、リチウムイオン電池の非接触充電に対応する世界初の補聴器です。

1回の充電で約26時間の連続装用が可能なので、突然電池切れになる心配がありません。

本体は、防水・防塵対応の国際保護等級で最高のIP68を取得しています。瓶のように隙間のない密閉構造型補聴器です。

 

とにかく簡単に補聴器を使いたい方にはお勧めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

充電式補聴器「セリオン」のCM

シーメンス・シグニア補聴器の充電式補聴器「セリオン」のCM動画です。

「セリオン プライマックス」は専用の充電器に置くだけのカンタン充電で、小さな電池の取り換え作業の手間も、電池の替えがなくて困ることもありません。もっと快適でアクティブな毎日を。

が解説になっています。

置くだけで簡単に充電できることを分かりやすく伝えていて、いい動画だと思います。

 

 

 

 

 

充電式補聴器はどこのがいいですか?

今年になり本格的な充電式補聴器の時代に突入しましたが、一般の方からよくこんな質問を頂きます。

「どのメーカーの充電式補聴器がいいですか?」

「充電式補聴器と従来の補聴器の違いはなんですか?」

「充電式補聴器はいくら位するのですか?」

などです。

そこで、今回は当店取扱メーカーのフォナックとシーメンス・シグニアの2社の充電式補聴器を比較したいと思います。

(但し、補聴器自体の性能のことは省きますので、充電機能と価格で比較します。)

 

対象機種

 

フォナック オーデオ B-R

オーデオ B-R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シーメンス・シグニア セリオン

セリオン価格

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.価格

セリオン      360,000円と510,000円の2器種

オーデオB-R   308,000円と418,000円と568,000円の3器種

価格面ではフォナックの方がお手頃な価格からあり器種数も多い。また、充電器も12,000円と安い。但し最上位器種の568,000円は割高に感じる。

2.充電器

セリオン    43,200円

オーデオB-R 12,000円

充電器はオーデオB-Rが安いし、オプションで携帯用の「パワーパック」10,800円やコンパクト充電器「ミニチャージャーRIC」7,560円もあるフォナックが優位です。但し、セリオンは充電中に補聴器の乾燥も出来る点は優れている。

3.充電時間

セリオン    4時間フルチャージで26時間使用

オーデオB-R 3時間フルチャージで24時間使用

ほぼ互角と言えるでしょう。

 

以上のことから、現時点ではフォナックのオーデオ B-Rの方が優位と言えます。ただし、補聴器自体の性能は別の観点もありますので、一概にどちらが良いとは言い切れません。

いずれにしてもまだ充電式補聴器はまだスタートラインに立ったばかりの状況ですので、器種や製造メーカーもこれから増えてくると思われます。これからの展開が楽しみですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

充電式補聴器「セリオン(Cellion)」はここが凄い!

シーメンス・シグニア補聴器の新製品「セリオン(Cellion)」が発売となりました。

店主が昨日開催された「パートナーデイ」で感じた凄さをまとめてみたいと思います。

セリオン価格

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.やはり充電タイプは便利

補聴器ユーザーの約40%が気にしている電池のことですが、充電式ならとても簡単です。充電器に補聴器を置くだけで簡単に充電できます。

セリオン特徴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、補聴器の電源のON/OFFも自動ですので、充電器から補聴器を外せは直ぐに使えます!また、セリオンの充電は30分充電で7時間使用、4時間充電で26時間使用のスピード充電で、しかも非接触充電です。

加えて、充電中は充電器が10℃暖かくなり、補聴器の乾燥もしてくれます。

メーカー試算では、年間の消費電力は約120円(1ヶ月あたり10円)なので、殆どランニングコストは発生しません。仮に電池代が年間8,000円かかっている方ですと、耐用年数5年で計算すると40,000円の節約となります!

2.こんな方にお勧めします。

とにかく簡単でランニングコストのかからない補聴器を使いたい方に推奨します。

例えば、

・手先が不自由で、電池の交換が難しい方

・外出中の電池切れが心配な方

・補聴器の故障が気になる方(汗かき・水仕事など)

・電池を買いに行くのが面倒な方

などにお勧めします。

 

昨年フォナックからも充電式補聴器が発売され充電式補聴器元年としての2017年がスタートしました。

いずれ他のメーカーからも充電式補聴器が登場するかと思います。

 

 

充電式補聴器 セリオン(Cellion)の価格

来週発売のシーメンス・シグニア補聴器の新製品「セリオン」ですが、詳細につきましては1月18日に大阪にて開催される「シーメンス・シグニアパートナーデイ」以降に記述します。

価格についてはすでにご存知の方も多いかと思いますが、以下の通りです。

セリオン価格

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プレミアムクラス セリオン 7 primax  片耳価格 510,000円

アドバンスクラス セリオン 5primax  片耳価格 360,000円

となります。

但し、充電器(43,200円)が別途必要です。

つまり、片耳で装用する場合は、

セリオン7px が 553,200円

セリオン5px    が 403,200円

両耳で装用すると、

セリオン7px  が 1,063,200円

セリオン5px  が   763,200円

となります。

ですので、片耳なら40万円くらい、両耳なら76万円くらいから

となります。

 

通常の空気電池を使用した場合に比べて

片耳なら63,200円 両耳なら83,200円

ほど高額になります。

空気電池のコストだけを考えると、両耳で仮に5年使用した場合なら一月あたり1,400円程度でトントンですから、格安の空気電池使用の方でしたら無理に充電式にこだわる必要は無いかもしれません。

 

しかし、

電池交換が面倒

電池交換が難しい

電池を買いに行くのが面倒

少しでも故障を少なくしたい

電池切れになるのが心配

などでお困りの方にはやはり充電式補聴器をお勧めします。

 

シーメンス・シグニア補聴器の新製品は?

2016年11月にシーメンス・シグニア補聴器から新製品が発売されます。詳細につきましては、11月のブログ記事にて案内しますが、現時点で判明している情報を公開したいと思います。

まず、ドイツで開催されたEUHA( the 61st International Hearing Care Professional Convention in Hanover, Germany)で発表された動画があります。以下の内容です。

 

動画から判明した内容は以下の通りです。

1.Signia TeleCare 

補聴器装用者のスマホと販売店のパソコンを繋いで遠隔で調整などのフォローができるシステムです。具体的にどこまで出来るかはまだ不明ですが、いちいち店まで行かなくても補聴器の調整などが出来そうです。

2.Silk primax 

関連動画があります。

既製品の耳あな型補聴器です。サイズはCICタイプとほぼ同じですが、耳栓を使用することでこもり感は少ないです。

3.Cellion primax 

これも関連動画があります。

充電式耳かけ型補聴器です。電池交換不要なのでエコな補聴器です。今回の本命と言える逸品だと思います。

4.Lotus Fun

これは日本市場では微妙な立ち位置の補聴器ですが、関連動画があります。

 

とにかく簡単にフィッティング出来る耳かけ型補聴器ですが、通信販売を前提にしているような補聴器と言えます。

価格的には手が出しやすい価格帯と思われますので、普及型としてはいいと思います。

 

以上が判明した内容ですが、日本市場の内容とは異なる部分もありえますので、参考程度に留めておいて下さい。

正確な情報が分かり次第、当店ブログ又はTwitterにてまた補足したいと思います。