とにかく小さく目立たない耳あな型補聴器を

2018年がスタートしました。

新年を迎え、「今年こそ補聴器を使っみようかな?」とお考えの方もいらっしゃると思います。

しかし、補聴器は

「目立つ!」

「カッコ悪い!」

「年寄りっぽい!」

など悪いイメージをお持ちの方が多いのも事実です。

 

そこで、今回紹介したいのは、「とにかく小さく目立たない耳あな型補聴器」です。

 

その名は、「フォナック バート B-チタン」です!

 

ここに一つの写真があります。

 

 

バート B-チタン

 

 

 

 

 

上が「フォナック バート B-チタン」です。

下が、通常のCICタイプの耳あな型補聴器です。

 

大きさの違いは一目瞭然ですね。

メーカーの説明によれば、「チタン素材のシェルにより、シェルの厚みが従来の半分になり、ICチップも従来の約60%に小型化したことで、ここまで小さく出来た!」とのことです。

 

価格は、B90(プレミアムクラス)片耳55万円、B70(アドバンスクラス)片耳39万円となりますが、大きさの問題で補聴器の装用を躊躇っていた方にはお勧めです。

 

但し、注意点もあります。

 

1.高度・重度難聴には不適合

小型の補聴器なので、原則軽度・中度難聴までが適合します。

2.ワイヤレスシステムは使えません。

とにかく小さくするために、ワイヤレスシステムは付いていません。但し、フォナック ミニコントロール(18,000円税抜)を使用すれば、音量調節やプログラムの切り替えは可能です。

 

フォナック バート B-チタンで新しい年をスタートするのもいいかもしれません。

 

 

新製品 フォナック バート B-チタンはここが凄い!

7月12日(水)からフォナックより発売の「バート B-チタン」ですが、業界初のチタンシェルの耳あな型補聴器として注目されています。

そこで、この新製品の凄い点をまとめてみたいと思います。

 

まず、形状です。

バートB-チタン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像は大きく写していますが、超小型耳あな型補聴器です。

従来のフォナックで最小と言われたIICに比べ、約60%の大きさになります。また、チタンシェルを採用したことで、シェルの強度は従来の15倍となり、シェル破損のリスクはほぼ0となりました。

ただし、特殊なシェルなので、納期は通常商品の2倍ほど長くなります。

 

次に価格ですが、

バート B90-チタン 片耳 550,000円

バート B70-チタン 片耳 390,000円

となります。

確かに従来製品に比べると高いイメージですが、以下の特徴があります。

 

1.3種類のレシーバが選べ、高度難聴まで対応

従来のIICですと、中度難聴まで対応でしたが、Pレシーバ・SPレシーバもあるので90dBまでの高度難聴まで対応しています。今まで見えない補聴器を使いたいが、聴力の問題で使えなかった方には朗報です。

2.防水防塵仕様

フォナックの耳あな型補聴器では初めて防水防塵保護等級IP68を取得しています。安心して使用出来ますね。

3.快適な装用感

新型AOV-Oベントの採用により、閉塞感が軽減されました。

4.新型マイクロホン

新型マイクロホンの採用により、フェイスプレート面がより小さく作成できるようになりました。

 

とにかく超小型の耳あな型補聴器を使いたい方には推奨の新製品ですね。