とにかく小さく目立たない耳あな型補聴器を

2018年がスタートしました。

新年を迎え、「今年こそ補聴器を使っみようかな?」とお考えの方もいらっしゃると思います。

しかし、補聴器は

「目立つ!」

「カッコ悪い!」

「年寄りっぽい!」

など悪いイメージをお持ちの方が多いのも事実です。

 

そこで、今回紹介したいのは、「とにかく小さく目立たない耳あな型補聴器」です。

 

その名は、「フォナック バート B-チタン」です!

 

ここに一つの写真があります。

 

 

バート B-チタン

 

 

 

 

 

上が「フォナック バート B-チタン」です。

下が、通常のCICタイプの耳あな型補聴器です。

 

大きさの違いは一目瞭然ですね。

メーカーの説明によれば、「チタン素材のシェルにより、シェルの厚みが従来の半分になり、ICチップも従来の約60%に小型化したことで、ここまで小さく出来た!」とのことです。

 

価格は、B90(プレミアムクラス)片耳55万円、B70(アドバンスクラス)片耳39万円となりますが、大きさの問題で補聴器の装用を躊躇っていた方にはお勧めです。

 

但し、注意点もあります。

 

1.高度・重度難聴には不適合

小型の補聴器なので、原則軽度・中度難聴までが適合します。

2.ワイヤレスシステムは使えません。

とにかく小さくするために、ワイヤレスシステムは付いていません。但し、フォナック ミニコントロール(18,000円税抜)を使用すれば、音量調節やプログラムの切り替えは可能です。

 

フォナック バート B-チタンで新しい年をスタートするのもいいかもしれません。

 

 

軽度・中等度難聴児支援用補聴器(フォナック)

身体障害者手帳の交付対象にならない軽度・中等度の難聴児に対して、学校での学習や生活を円滑に行うための助成の一環として、各自治体が独自の支援を行うケースが増えてきました。

具体的な支援内容につきましては、お住いの自治体に確認いただきたいのですが、もし、自治体の支援に該当する場合には、当店取り扱いメーカーですとフォナック補聴器が以下の補聴器を用意しています。

 

中等度用

スカイ V30-P

スカイ V30-P

 

 

 

 

 

 

 

軽度用

スカイ V30-RIC(対象年齢8歳以上)

スカイ V30-RIC

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、お子様向けのカラーもいろいろあります。

フォナック スカイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お子様用補聴器の詳しい情報につきましては、フォナック補聴器「こども聞こえ相談室」サイトを参照ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

充電式補聴器は20万円からになります

今年になって本格的に登場した「充電式補聴器(充電タイプとも言います)」ですが、価格的にはまだまだ買える方は限られます。

 

当店取り扱いメーカーの場合ですと、

シーメンス・シグニア補聴器のセリオンシリーズ

Cellion 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォナック補聴器のボレロB-PRシリーズ

 

 

になるのですが、

価格は

セリオンシリーズが20万円から

ボレロB-PRシリーズが30.8万円から

になります。

ですので、両耳での装用ですと少なくとも40万円からになります。

 

充電式補聴器の場合、補聴器用空気電池は必要ありませんので、電池代はかかりません。(充電池の交換は必要にはなります。)

また、故障のリスクも少ないですし、電池交換などの細かい操作は不要です。

上記メリットは確かにあるのですが、お客様のご予算の範囲を超えてしまうケースもあります。

 

ですが、携帯電話をご使用の方が、充電式でなく電池式でしたらどう思うのでしょうか?

いちいち電池の交換をしたら不便ですよね。

それと、基本的には同じです。

補聴器も充電式の方が便利です。

まだまだ価格面の問題はありますが、これからは補聴器は充電式が当たり前の時代になるかもしれませんね。

 

 

新製品 フォナック バート B-チタンはここが凄い!

7月12日(水)からフォナックより発売の「バート B-チタン」ですが、業界初のチタンシェルの耳あな型補聴器として注目されています。

そこで、この新製品の凄い点をまとめてみたいと思います。

 

まず、形状です。

バートB-チタン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像は大きく写していますが、超小型耳あな型補聴器です。

従来のフォナックで最小と言われたIICに比べ、約60%の大きさになります。また、チタンシェルを採用したことで、シェルの強度は従来の15倍となり、シェル破損のリスクはほぼ0となりました。

ただし、特殊なシェルなので、納期は通常商品の2倍ほど長くなります。

 

次に価格ですが、

バート B90-チタン 片耳 550,000円

バート B70-チタン 片耳 390,000円

となります。

確かに従来製品に比べると高いイメージですが、以下の特徴があります。

 

1.3種類のレシーバが選べ、高度難聴まで対応

従来のIICですと、中度難聴まで対応でしたが、Pレシーバ・SPレシーバもあるので90dBまでの高度難聴まで対応しています。今まで見えない補聴器を使いたいが、聴力の問題で使えなかった方には朗報です。

2.防水防塵仕様

フォナックの耳あな型補聴器では初めて防水防塵保護等級IP68を取得しています。安心して使用出来ますね。

3.快適な装用感

新型AOV-Oベントの採用により、閉塞感が軽減されました。

4.新型マイクロホン

新型マイクロホンの採用により、フェイスプレート面がより小さく作成できるようになりました。

 

とにかく超小型の耳あな型補聴器を使いたい方には推奨の新製品ですね。

 

 

新製品 フォナック ボレロB はここが凄い!

昨日のフォナック新製品セミナーで店主が学んだことを中心に、7月12日に発売の「ボレロ B」の注目のポイントを紹介したいと思います。

 

まず、補聴器の形です。

フォナック ボレロB

 

 

 

 

従来のRICタイプの耳かけ型に加えて今回はBTEがフルラインナップの登場となりました。

 

補聴器の価格は

充電タイプ

ボレロ B90ーPR 片耳 568,000円

ボレロ B70-PR 片耳 418,000円

ボレロ B50-PR 片耳 308,000円

(別途 充電器 12,000円が必要です。)

通常タイプ

ボレロ B90-M/P/SP 片耳 500,000円

ボレロ B70-M/P/SP 片耳 350,000円

ボレロ B50-M/P/SP 片耳 250,000円

ボレロ B30-M/P/SP 片耳 180,000円

となります。

 

ボレロB(ビロング)シリーズと従来のベンチャーシリーズの違いについては、

1.フルオートマチックシステム(オートセンスOS)の機能向上により、言葉の理解がしやすくなった。

2.高い周波数帯の聞き取りが改善された。

3.小さな声の聞き取りが改善された。

4.両耳装用時における聞き取りが改善された。

ことが挙げられます。

 

今回の目玉商品はずばり「ボレロ B-PR」です!

充電式のBTE補聴器が遂に登場しました!

既に発売のRICタイプの耳かけ型「オーデオ B-R」になかった

・Tコイル

・ボリュームコントロール

が搭載されています。

メーカーの説明によれば、なんとビロングシリーズで充電式が登場してから、ビロングシリーズ出荷台数の約60%が充電タイプだそうです。当然ですが、出荷台数も伸びているそうです。

やはり、

1.電池交換が面倒

2.電池ケースの開閉による電源の入り切りが苦手

3.空気電池の購入が面倒

4.防水の補聴器を使いたい

などの補聴器ユーザーの声に応えた製品となっています。

但し、問題点としては

1.価格が割高

2.プログラムスイッチによる電源の入り切りが必要

3.充電を忘れると直ぐに使えない(充電器を忘れると困る)

などがあります。

 

いずれにしても、この新製品の良さや使い勝手の良さは実際に試して確かめて欲しいので、大阪補聴器センターではボレロB-PR(充電タイプ)のデモ器をご用意しています。

ぜひこのデモ器で違いを確かめてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

フォナック クエスト 30 とは

5月9日にニュース欄にて「フォナック クエストQ30シリーズ 両耳キャンペーン」の告知をしましたが、

「フォナック クエスト 30シリーズの性能はどの程度ですか?」

「フォナック クエスト 30シリーズにはどのような形状があるのですか?」

など既にお問い合わせがありました。

ニュースでの告知だけでは、全容が伝わっていないのではないか?と思い、急遽ブログにて補足をすることにしました。

まず、形状です。

 

フォナック バート

 

 

 

 

バートは耳あな型です。片耳では158,000円ですが、両耳にすれば230,000円(1台当たり115,000円)になります。

 

フォナック ボレロ

 

 

 

 

 

 

オーデオQはRICタイプの耳かけ型で、ボレロは耳かけ型になります。片耳では138,000円ですが、両耳にすれば190,000円(1台当たり95,000円)になります。

 

性能につきましては以下の通りです。

クエストシリーズ機能

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新式のベンチャーシリーズには敵いませんが、10万円台の価格からするとコスパで優れていると思います。また、7月31日までのキャンペーンでさらにお得な価格となっているので、個人的に一押ししたい逸品です。

8月以降は発売終了になる可能性が高いので、ぜひこの機会をご利用ください。

 

 

 

充電式補聴器はどこのがいいですか?

今年になり本格的な充電式補聴器の時代に突入しましたが、一般の方からよくこんな質問を頂きます。

「どのメーカーの充電式補聴器がいいですか?」

「充電式補聴器と従来の補聴器の違いはなんですか?」

「充電式補聴器はいくら位するのですか?」

などです。

そこで、今回は当店取扱メーカーのフォナックとシーメンス・シグニアの2社の充電式補聴器を比較したいと思います。

(但し、補聴器自体の性能のことは省きますので、充電機能と価格で比較します。)

 

対象機種

 

フォナック オーデオ B-R

オーデオ B-R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シーメンス・シグニア セリオン

セリオン価格

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.価格

セリオン      360,000円と510,000円の2器種

オーデオB-R   308,000円と418,000円と568,000円の3器種

価格面ではフォナックの方がお手頃な価格からあり器種数も多い。また、充電器も12,000円と安い。但し最上位器種の568,000円は割高に感じる。

2.充電器

セリオン    43,200円

オーデオB-R 12,000円

充電器はオーデオB-Rが安いし、オプションで携帯用の「パワーパック」10,800円やコンパクト充電器「ミニチャージャーRIC」7,560円もあるフォナックが優位です。但し、セリオンは充電中に補聴器の乾燥も出来る点は優れている。

3.充電時間

セリオン    4時間フルチャージで26時間使用

オーデオB-R 3時間フルチャージで24時間使用

ほぼ互角と言えるでしょう。

 

以上のことから、現時点ではフォナックのオーデオ B-Rの方が優位と言えます。ただし、補聴器自体の性能は別の観点もありますので、一概にどちらが良いとは言い切れません。

いずれにしてもまだ充電式補聴器はまだスタートラインに立ったばかりの状況ですので、器種や製造メーカーもこれから増えてくると思われます。これからの展開が楽しみですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見えない補聴器IIC(nano)は確かに小さい!

当店取扱メーカーの中で一番小さな耳あな型補聴器はフォナックのnanoシリーズになります。

先日実際に大きさを写真に収めてみました。

nano

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きさが分かりやすいように物差しと並べてみました。

勿論外耳道の大きさで大きさには差はありますが、従来のCICに比べると殆ど外から見えません。また、最新機種ですと外から見えるフェイスプレートが黒色にもできますので、より目立ちにくくなります。

しかし、全ての方が使えるわけではありません。

例えば

1.高度・重度難聴の方(聴力レベル70dB以上)

2.手術耳で耳型採取が難しい方

3.ワイヤレス通信機能を使う方

などです。

また、価格も片耳27万円からとなります。

 

ですが、とにかく見えない補聴器を使いたい方にはフォナックnanoを一押しします!

フォナックのクロス送信機が進化しました!

12月20日に新発売の「フォナック オーデオ B」ですが、一側性難聴の方の聞こえをサポートするCROS(クロス)送信機も新発売となります。

従来のCROS送信機との違いをまとめてみたいと思います。

まず、形状ですが以下の2器種になります。

クロスB

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

価格はともに95,000円(税抜)です。電池寿命はB-312が46~58時間、B-13が77~96時間となります。

今回の進化したポイントは以下の通りです。

1.フィッティング中にデモが出来るようになりました

これによりフィッティング効率と質の向上が出来るようになりました。

2.ステレオズーム

プレミアムクラスかアドバンスクラスのオーデオBを聞こえる側の耳に装用すれば、ステレオズームによって騒がしい中でのことばの聞き取りが、通常の補聴器と比べ最大で60%も改善されたと報告されています。

3.クロスボリュームコントロール

騒音下で使用した時の快適性を上げるために、クロスボリュームコントロールで、CROSシステムのそれぞれの音量調節を行うことが可能になりました。

以上のように進化した「フォナック オーデオ B」はいよいよ明後日からの発売です。

フォナック補聴器のクラス別の性能の違いは?

いよいよ12月20日にフォナック補聴器の新製品「フォナック オーデオ B」が発売となります。

カタログを拝見すると、4つのクラスがありますが、消費者にとって価格の違いは直ぐに理解できますが性能の違いはなかなか分かりにくいのではないかと思われます。

そこで、今回は4つのクラスの違いを分かりやすく説明したいと思います。

まず、性能比較表をご覧下さい。

性能比較表

 

 

 

 

 

4つのクラスがありますが、それぞれのクラスのおおまかな特徴は以下の通りです。

 

プレミアムクラス(90)

フォナック独自の機能を全て搭載した最上位クラスなので、機能を全て活用したい方にお勧めです。

アドバンスクラス(70)

機能と価格のバランスが良いクラスなので、様々な場面に対応する充実した機能をお求めの方にお勧めです。

スタンダードクラス(50)

基本性能が充実した標準クラスなので、リーズナブルな機能をお求めの方にお勧めです。

エッセンシャルクラス(30)

機能を厳選した手頃な価格帯のクラスなので、必要な聞こえを手頃な価格でとお考えの方にお勧めです。

 

性能比較表内のチャンネル数・指向性・雑音抑制では、簡単に言えば数字が大きいほど高性能・高機能になります。

また、音環境対応は、フォナック独自の自動調整機能「オートセンスOS」がどのような場面に対応しているかを数字で示していますので、これも数が多いほど高性能になります。

加えて、自然故障の修理保証ですが、通常は2年間になりますがプレミアムクラスは3年間となります。

このクラス分けはフォナック補聴器の全てのシリーズ共通になるので基本として抑えたいところです。

ちなみに充電式補聴器の「フォナック オーデオ B-R」の場合は以下の通りになります。

オーデオB-R価格表

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どのクラスがお勧めかは、それぞれの事情によって異なりますので、詳しくは販売員の方に相談下さい。