フォナック ナイーダ Bはここが凄い!

2018年8月2日に新発売の「フォナック ナイーダ B」ですが、基本的な性能につきましては2016年12月に登場した「ビロングシリーズ」と共通ですのでその部分は割愛して説明します。

まず、形状ですが以下の3タイプです。

ナイーダ B

 

 

 

 

注目するポイントは、充電タイプの登場です。(B-R RIC)

面倒な電池交換や電池の購入が不要なのは助かります。

 

また、今回の新機能として、「スローコンプレッション」が挙げられます。主に重度難聴で言葉の聞き分けにお困りの方にお勧めの新機能です。これを設定すると、言葉の抑揚が明瞭になり、メリハリのある音になります。

 

気になる価格ですが、以下の通りです。

 

ナイーダ B90 片耳 500,000円

ナイーダ B70 片耳 350,000円

ナイーダ B50 片耳 250,000円

ナイーダ B30 片耳 180,000円

 

ナイーダ B-R90 片耳 568,000円 充電器 12,000円

ナイーダ B-R70 片耳 418,000円 充電器 12,000円

ナイーダ B-R50 片耳 308,000円 充電器 12,000円

 

となります。

 

 

 

 

 

 

フォナックから廉価版の新製品が登場

いよいよ明日からフォナックの新製品「ヴィータス+」が発売となります。

廉価版なので目新しい機能はありません!

しかし、価格はかなりコスパが高いです。

まずは、こんな価格です。

耳あな型 片耳128,000円

 

ヴィータス 耳あな型

 

 

耳かけ型 片耳118,000円

 

ヴィータス 耳かけ型

 

ヴィータス RIC

 

「ヴィータス+」は廉価版ではありますが、フォナックで最も新しいプラットフォームに対応していますので、基本性能は優れています。また、美しく聞き取りやすい音色になっています。

加えて、周囲の音環境を分析し、自動的に指向性を切り替える「エブリデイオートマチック」や聞きづらい高音域の音を聞き取りやすくする「サウンドリカバー」などの機能は標準装備されています。

また、IP68の防水・防塵性能も搭載しています。(ITE-312/13は除く)

 

とにかく価格にこだわる方にはお勧めの新製品ですね。

 

補聴器のブランドと会社名

以前は補聴器のブランドと会社名が同じであるケースが多かったのですが、最近の傾向では補聴器のブランドと会社名が異なり、「一体どれが正しいのか?」とのお声が増えてきました。

そこで、今回は補聴器のブランドと会社名をまとめてみたいと思います。

但し、当店取り扱いのメーカー限定です。

 

1.ブランド:シーメンス・シグニア 、 会社名:シバントス株式会社

 

以前は「シーメンス」ブランドではありましたが、現在は徐々に「シグニア」ブランドになっています。また、本社が以前はドイツでしたが、現在はシンガポールです。会社名のシバントスはまだまだ消費者には浸透していないようです。

お客様から「シーメンス」の補聴器と言われれば、「シーメンス・シグニア」の補聴器となりますが、いずれは「シバントス」の補聴器となることでしょう。

 

2.ブランド:リサウンド 、 会社名:GNヒアリングジャパン株式会社

 

以前はブランド名と会社名が一致していましたが、現在は異なります。一般的には「リサウンド」の補聴器と言われます。

 

3.ブランド:フォナック 、 会社名:ソノヴァ・ジャパン株式会社

 

こちらも以前はブランド名と会社名が一致していましたが、現在は異なります。一般的には「フォナック」の補聴器と言われます。

 

以上のようにブランド名と会社名が異なるケースが多いので、混同しないように注意しましょう。

 

 

テレビを直接補聴器で聞くのにいい補聴器は?

多くの方にとってテレビは欠かせない機器です。

しかし、難聴になると

「テレビの内容が聞き取りにくい!」

「家族からテレビの音が大きすぎる!と言われる。」

「字幕でしか内容が分からない!」

などの声があります。

もちろん、聞き分ける能力の問題で内容が分からない場合もあります。

しかし、補聴器をワイヤレスイヤホンみたいに使用することで、テレビが格段に聞き取りやすくなることがあります。

最近では、各メーカーでテレビに発信器を取り付けて、補聴器を受信器としてダイレクト通信出来る器種が存在ます。

その中で、個人的な見解ではありますが、一番優れていると思う器種があります。

それは、

「フォナック オーデオB-ダイレクト」と「テレビコネクター」

の組み合わせです。

 

まず、フォナック オーデオB-ダイレクトはこんな補聴器です。

オーデオB-ダイレクト

 

2018年1月発売の耳かけ型 RICタイプで携帯電話やテレビに直接つながる補聴器です。特にハンズフリーで携帯電話の通話が出来るのが魅力的な逸品です。

この、オーデオB-ダイレクト専用のテレビアダプターが、「テレビコネクター(18,000円 税抜)」です。

こんな形をしています。

テレビコネクター

 

他社にも似たような製品がありますが、フォナックの優れているポイントは、

 

1.設定がとにかく簡単

テレビコネクターを箱から出して、最初に電源を入れるだけで自動的に補聴器とペアリングします。

2.使い方がとにかく簡単

テレビの電源を入れれば、自動的に補聴器につながります!いちいちプログラム切り替えしたりする必要はありません。

3.独自のAirStreamで音質に優れる。

 

などが挙げられます。

 

今年はダイレクト通信補聴器が主役になりそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

補聴器でハンズフリー通話をするには

最近では、各種ワイヤレス機器を使用して携帯電話音声を補聴器で聞くことが出来るようになってきました。

しかし、

「Androidスマホなので、ダイレクト通信が出来ない。」

「聞くのは補聴器で聞けるが、話すのはスマホマイクなので使いにくい。」

「スマホに中継器は面倒。」

などのお声がありました。

そんなお悩みをお持ちの方に朗報です!

 

1月18日に発売の「フォナック オーデオ B-ダイレクト」なら上記問題は解決できます!

 

まず、こんな補聴器です。

オーデオB-ダイレクト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その特徴は

1.あらゆる携帯電話・スマホとダイレクトに繋がる。それもハンズフリーで。

iPhone、アンドロイドスマホ、フィーチャー・フォンを含むBluetooth対応の携帯電話でしたら、ダイレクトに繋がります。しかもハンズフリーです。着信があれば、補聴器本体の押しボタンを押せば携帯電話を取り出すことなく通話できます!(街でよく見かけるヘッドセットを耳に装用して話しているイメージがハンズフリーです。)

英語版ですがイメージ動画です。

 

 

2.テレビも聞こえやすい

別売りのテレビコネクター(18,000円 税抜)を使用すれば、テレビ音声をワイヤレスで聞けます。しかも、一度ペアリングすれば、テレビの電源を入れると自動的に補聴器と繋がります。

 

3.アプリで補聴器の調整が出来る

フォナック リモートアプリを使用すれば、プログラムの切り替え、音量調整、環境音バランス調整など手元で出来ます!

 

価格は以下の通りです。

B90(プレミアム) 片耳 520,000円

B70(アドバンス) 片耳 370,000円

B50(スタンダード)片耳 270,000円

 

ハンズフリー通話の便利さは一度体験されてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

とにかく小さく目立たない耳あな型補聴器を

2018年がスタートしました。

新年を迎え、「今年こそ補聴器を使っみようかな?」とお考えの方もいらっしゃると思います。

しかし、補聴器は

「目立つ!」

「カッコ悪い!」

「年寄りっぽい!」

など悪いイメージをお持ちの方が多いのも事実です。

 

そこで、今回紹介したいのは、「とにかく小さく目立たない耳あな型補聴器」です。

 

その名は、「フォナック バート B-チタン」です!

 

ここに一つの写真があります。

 

 

バート B-チタン

 

 

 

 

 

上が「フォナック バート B-チタン」です。

下が、通常のCICタイプの耳あな型補聴器です。

 

大きさの違いは一目瞭然ですね。

メーカーの説明によれば、「チタン素材のシェルにより、シェルの厚みが従来の半分になり、ICチップも従来の約60%に小型化したことで、ここまで小さく出来た!」とのことです。

 

価格は、B90(プレミアムクラス)片耳55万円、B70(アドバンスクラス)片耳39万円となりますが、大きさの問題で補聴器の装用を躊躇っていた方にはお勧めです。

 

但し、注意点もあります。

 

1.高度・重度難聴には不適合

小型の補聴器なので、原則軽度・中度難聴までが適合します。

2.ワイヤレスシステムは使えません。

とにかく小さくするために、ワイヤレスシステムは付いていません。但し、フォナック ミニコントロール(18,000円税抜)を使用すれば、音量調節やプログラムの切り替えは可能です。

 

フォナック バート B-チタンで新しい年をスタートするのもいいかもしれません。

 

 

軽度・中等度難聴児支援用補聴器(フォナック)

身体障害者手帳の交付対象にならない軽度・中等度の難聴児に対して、学校での学習や生活を円滑に行うための助成の一環として、各自治体が独自の支援を行うケースが増えてきました。

具体的な支援内容につきましては、お住いの自治体に確認いただきたいのですが、もし、自治体の支援に該当する場合には、当店取り扱いメーカーですとフォナック補聴器が以下の補聴器を用意しています。

 

中等度用

スカイ V30-P

スカイ V30-P

 

 

 

 

 

 

 

軽度用

スカイ V30-RIC(対象年齢8歳以上)

スカイ V30-RIC

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、お子様向けのカラーもいろいろあります。

フォナック スカイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お子様用補聴器の詳しい情報につきましては、フォナック補聴器「こども聞こえ相談室」サイトを参照ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

充電式補聴器は20万円からになります

今年になって本格的に登場した「充電式補聴器(充電タイプとも言います)」ですが、価格的にはまだまだ買える方は限られます。

 

当店取り扱いメーカーの場合ですと、

シーメンス・シグニア補聴器のセリオンシリーズ

Cellion 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォナック補聴器のボレロB-PRシリーズ

 

 

になるのですが、

価格は

セリオンシリーズが20万円から

ボレロB-PRシリーズが30.8万円から

になります。

ですので、両耳での装用ですと少なくとも40万円からになります。

 

充電式補聴器の場合、補聴器用空気電池は必要ありませんので、電池代はかかりません。(充電池の交換は必要にはなります。)

また、故障のリスクも少ないですし、電池交換などの細かい操作は不要です。

上記メリットは確かにあるのですが、お客様のご予算の範囲を超えてしまうケースもあります。

 

ですが、携帯電話をご使用の方が、充電式でなく電池式でしたらどう思うのでしょうか?

いちいち電池の交換をしたら不便ですよね。

それと、基本的には同じです。

補聴器も充電式の方が便利です。

まだまだ価格面の問題はありますが、これからは補聴器は充電式が当たり前の時代になるかもしれませんね。

 

 

新製品 フォナック バート B-チタンはここが凄い!

7月12日(水)からフォナックより発売の「バート B-チタン」ですが、業界初のチタンシェルの耳あな型補聴器として注目されています。

そこで、この新製品の凄い点をまとめてみたいと思います。

 

まず、形状です。

バートB-チタン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像は大きく写していますが、超小型耳あな型補聴器です。

従来のフォナックで最小と言われたIICに比べ、約60%の大きさになります。また、チタンシェルを採用したことで、シェルの強度は従来の15倍となり、シェル破損のリスクはほぼ0となりました。

ただし、特殊なシェルなので、納期は通常商品の2倍ほど長くなります。

 

次に価格ですが、

バート B90-チタン 片耳 550,000円

バート B70-チタン 片耳 390,000円

となります。

確かに従来製品に比べると高いイメージですが、以下の特徴があります。

 

1.3種類のレシーバが選べ、高度難聴まで対応

従来のIICですと、中度難聴まで対応でしたが、Pレシーバ・SPレシーバもあるので90dBまでの高度難聴まで対応しています。今まで見えない補聴器を使いたいが、聴力の問題で使えなかった方には朗報です。

2.防水防塵仕様

フォナックの耳あな型補聴器では初めて防水防塵保護等級IP68を取得しています。安心して使用出来ますね。

3.快適な装用感

新型AOV-Oベントの採用により、閉塞感が軽減されました。

4.新型マイクロホン

新型マイクロホンの採用により、フェイスプレート面がより小さく作成できるようになりました。

 

とにかく超小型の耳あな型補聴器を使いたい方には推奨の新製品ですね。

 

 

新製品 フォナック ボレロB はここが凄い!

昨日のフォナック新製品セミナーで店主が学んだことを中心に、7月12日に発売の「ボレロ B」の注目のポイントを紹介したいと思います。

 

まず、補聴器の形です。

フォナック ボレロB

 

 

 

 

従来のRICタイプの耳かけ型に加えて今回はBTEがフルラインナップの登場となりました。

 

補聴器の価格は

充電タイプ

ボレロ B90ーPR 片耳 568,000円

ボレロ B70-PR 片耳 418,000円

ボレロ B50-PR 片耳 308,000円

(別途 充電器 12,000円が必要です。)

通常タイプ

ボレロ B90-M/P/SP 片耳 500,000円

ボレロ B70-M/P/SP 片耳 350,000円

ボレロ B50-M/P/SP 片耳 250,000円

ボレロ B30-M/P/SP 片耳 180,000円

となります。

 

ボレロB(ビロング)シリーズと従来のベンチャーシリーズの違いについては、

1.フルオートマチックシステム(オートセンスOS)の機能向上により、言葉の理解がしやすくなった。

2.高い周波数帯の聞き取りが改善された。

3.小さな声の聞き取りが改善された。

4.両耳装用時における聞き取りが改善された。

ことが挙げられます。

 

今回の目玉商品はずばり「ボレロ B-PR」です!

充電式のBTE補聴器が遂に登場しました!

既に発売のRICタイプの耳かけ型「オーデオ B-R」になかった

・Tコイル

・ボリュームコントロール

が搭載されています。

メーカーの説明によれば、なんとビロングシリーズで充電式が登場してから、ビロングシリーズ出荷台数の約60%が充電タイプだそうです。当然ですが、出荷台数も伸びているそうです。

やはり、

1.電池交換が面倒

2.電池ケースの開閉による電源の入り切りが苦手

3.空気電池の購入が面倒

4.防水の補聴器を使いたい

などの補聴器ユーザーの声に応えた製品となっています。

但し、問題点としては

1.価格が割高

2.プログラムスイッチによる電源の入り切りが必要

3.充電を忘れると直ぐに使えない(充電器を忘れると困る)

などがあります。

 

いずれにしても、この新製品の良さや使い勝手の良さは実際に試して確かめて欲しいので、大阪補聴器センターではボレロB-PR(充電タイプ)のデモ器をご用意しています。

ぜひこのデモ器で違いを確かめてみてください。