音楽愛好家用補聴器「プライマックス7」

補聴器装用者ですが、趣味が「音楽」の方は多くいらっしゃいます。

しかし、補聴器は会話の聞き取りを改善することを目標に開発されていますので、音楽を聞くのに不向きなこともあります。

特にデジタル補聴器全盛の時代となり、従来のアナログの音が音楽には良かったといわれる方もいらっしゃいます。

デジタル音声処理をすると、必要でない音はカットされるのも一因かもしれません。

そこで、今回紹介したいのは音楽用補聴器です。

それは、シーメンス・シグニア補聴器の最上位機種「プライマックス7」です。

image2

 

 

 

 

 

音楽を楽しめる機能が満載されています。

1.12kHz広帯域

通常の補聴器は0~8,000Hzまでの音域を出力しますが、プライマックス7は0~12,000Hzまでの高音域を出力します。これにより従来の補聴器には無い「より豊かな音色」を実現しました。例えて言えば、レコードの音色です。CDより音に厚みがあり心地よい音色ですね。

2.ハイレゾ音楽

従来の補聴器でも音楽モードはありましたが、通常は1プログラムですし単に雑音抑制や指向性を解除した単純なプログラムでした。プライマックス7には3つの音楽プログラムがあります。

・ライブモード

ライブ音楽の鑑賞に最適なプログラムです。この設定の広いダイナミックレンジは、ロックコンサートからクラシックのリサイタルまで、どんなコンサートの音量にも対応します。

・オーディオモード

音楽を自宅で楽しみたい方にぴったりのプログラムです。本格的な音楽ファンのために開発された「オーディオモード」の周波数応答と増幅機能は、高音質で録音された音楽の繊細な音を楽しめるよう調整されています。

・演奏・カラオケモード

歌を歌う方や楽器を演奏する方を想定した「演奏・カラオケモード」では、自分や周囲の人間の演奏をフルレンジで詳細に感じ取ることができます。

どのように実際聞こえるのかは、先ずは以下の動画の音楽を聞いてみてください。

 

3.エコーシールド

ワンワン響く反響音を押さえ込んでくれます。

 

以上のように音楽を聞くのに最適な補聴器「プライマックス7」ですが、ご自身の耳で実際に聞いてみるレンタルが出来ます。但し、メーカーから補聴器を手配するのに少し時間をいただきますので、事前にご予約されることをお勧めします。

 

 

3年で旧式?補聴器の進化は早くなってきた

昨日のニュースでシーメンス補聴器「アクアリス」の販売終了をお伝えしましたが、これでシーメンスのマイコンmiconシリーズはほぼ終了します。(ニトロシリーズはまだあります!)

思い返せば、シーメンス マイコンmiconシリーズは2013年に登場しました。

しかし、2014年にバイナックスbinaxが登場し、2016年5月にプライマックスprimaxが登場してひっそりと姿を消しました。

登場から僅か3年です。なんと変化の激しいことでしょうか。

それだけ補聴器の進化のスピードがアップしているのですね。

ちなみにこの3つのプラットフォームの進化の過程は以下の通りです。

 

・マイコンmicon     両耳通信の導入(補聴器の状態のみ通信)

・バイナックスbinax   両耳通信の向上(補聴器の状態と音声も通信)、会話強調機能の導入

・プライマックスprimax スピーチマスターの導入(日本語がしっかり楽に聞こえる)、紛失保証

 

以上のように補聴器の進化が進んでくると、補聴器を買うタイミングで悩む方も出てきます。

例えばパソコンやスマホと同様にどのタイミングで買えばいいのか悩むのです。買ってから直ぐにより良い製品が出るとがっかりすることがありますが、それと同じです。

ですので、基本的に補聴器は最新モデルを推奨します。旧モデルですとより良い新製品が直ぐにでる可能性があるからです。

 

ツインフォンは電話が聞き易くなり便利です

シーメンス・シグニア補聴器の新製品「プライマックス」には「ツインフォン」という便利な機能があります。

イメージ動画は以下の通りです。

 

プライマックスを両耳装用すると電話を両耳で聞くことが出来る機能が「ツインフォン」です。

従来は受話器を当てた側しか電話は聞こえませんでしたが、プライマックスなら受話器を当てていない側の耳にも電話が聞こえるので、聞き取りがとてもし易くなります。

対象シリーズはPure、SA、Cool、LSに限られますが、是非使いたい機能です。

ツインフォンを使うには、まず販売店でツインフォンのプログラムを作ります。

次に、ツインフォン専用のマグネットを受話器に取り付けます。

そして、受話器を耳に当てると自動的にツインフォンの機能が働きます。

とても簡単です。

店主も実際に試してみましたが、ステレオで電話が聞こえるとても聞こえやすいと実感しました!

プライマックスを試聴する際には、是非ツインフォンも試してみてはいかがでしょうか。

シーメンス・シグニア補聴器の新製品「プライマックス」を4分で理解する

5月の発売以来好評のシーメンス・シグニア補聴器の新製品「プライマックス」ですが、その特徴を僅か4分で理解できる動画がありました。

但し、英語版です。

仮に英語が理解できなくても、動画ですのでなんとなく特徴のイメージは理解できますので、紹介します。

 

スピーチマスター、エコーシールド、ハイレゾ音楽などの機能を分かりやすく説明しています。もちろん、一番いいのはご自身の耳で確かめることです。

事前にご希望の機種・クラスをお伝え頂ければ、デモ器がご用意できます。

店主の一押しは「Pure 7px」です。プライマックスの機能が全て備わった逸品です。

目立たない耳あな型のデメリット

耳あな型補聴器を希望する方は、一般的に目立たないことを優先してCICなど小さいタイプを希望されます。

確かに目立たないことは大切ですが、機能面ではデメリットがあります。

つまり、小さくする為に機能を犠牲にしていると言う事です。

今回はシーメンス・シグニア補聴器の新製品「プライマックス」を例に挙げて説明したいと思います。

 

プライマックス

 

まず、プライマックスの大きな特徴の「スピーチマスター」ですが、以下の機種は使用できません。

7px CICとCIC312

5pxと3px CT TwinとLS Twin以外の全機種

基本的には、ツインマイク以外は使えません。

 

また、「ツインフォン」もCOOLとLS以外は使えません。

 

加えて、「アクアプロテクト」(防水)はCIC/CIC312が対象外です。

 

そして、便利なリモコン「easyTek boost」もCIC/CIC312は使えません。

 

CIC/CIC312ですと、せっかくの新機能やリモコンが十分に活用できないので高機能を期待される方にはお勧めできません。

補聴器の大きさを考える際には、その大きさにするとどの機能が使えないかを考えて決めることも大切だと店主は考えます。

 

両耳で電話の音声が聞けるツインフォンの問題点

シーメンス・シグニア補聴器の新製品「プライマックス」の新機能「ツインフォン」ですが、全てのシリーズで使用できる訳ではありません。

まず、「ツインフォン」の動画で機能をイメージして下さい。

 

電話の音声を両耳で聞けますので、今まで電話の聞き取りでお困りの方にはお勧めしています。

しかし、プライマックスの全てのシリーズで使用できる訳ではないのです。

使えるのは

耳かけ型 : PureとMotion SAのみ

耳あな型 : COOLとLSのみ(オプションとして)

です。

つまり、CIC、MC、CTなどの目立たない耳あな型では使用できません。

では、目立たない耳あな型で電話音声を両耳で聞きたい方はどうすればいいのでしょうか。

当店取扱の「フォナック」「ベンチャーシリーズ」でしたら、ミニカナル・カナルなど目立たない耳あな型で電話音声を両耳で聞くことが出来ます。

ちなみにフォナックではこの機能を「デュオフォン」と言います。詳細はフォナックサイト をクリックし、機能対応表内「デュオフォン」をクリックして下さい。

また、耳かけ型はV30を除く全ての機種が「デュオフォン」対応になっています。

将来的にはプライマックスの「ツインフォン」対応機種が増えてくるかと思われますが、現時点では上記問題点がありますのでご注意下さい。

 

プライマックスは本当に日本語がしっかり楽に聞けるのか?

シーメンス・シグニア補聴器の新製品「プライマックス」は「日本語をしっかり、楽に聞くことができる補聴器」と言われています。

しかし、「本当にそうなのか?」とお思いの方もいらっしゃると思います。

メーカー作成の動画があるのですが、

 

英語ですので、日本語ではどうかと実感が涌きません。

 

そこで、シバントスからいただいた資料から考察したいと思います。

但し、あまりに専門的な内容になりそうなので、結論とポイントのみに絞りたいと思います。

 

客観的評価

既に補聴器を両耳で使用中の難聴者を対象に行い、参加者の多くは現在使用中の補聴器よりも言葉の正答率が良く、雑音下の聞き取りでは使用中の補聴器との大きな差がありました。また、音量感・音質・言葉の明快さ・全体の評価はプライマックスが明らかに評価が高かった。

主観的評価

質問表を用いて参加者の補聴器に対する主観的な評価を行ったところ、音の大きさ・音のきれいさ・言葉の聞き取り・全体の評価の4項目においてプライマックスは概ね使用中の補聴器と同程度あるいはそれ以上と評価した参加者が多い結果になった。

参加者の声

以下のコメントがありました。

「苦手なサ行が良く入る感じがする。」

「小さな音量でも聞き分けしやすい。」

「生の音に近い、充実して聞こえる。」

「横からの声が鮮明に聞こえて驚いた。」

 

以上のことから言えるのは

プライマックスは、従来の補聴器と比較して、より日本語をしっかり、聞き取ることができると考えられます。また、プライマックスを使用すれば、より少ない労力で従来の補聴器より楽にしっかり聞くことが出来ると考えられます。

 

自分の耳でこのプライマックスの聞こえを確かめたい方は、是非試聴レンタルで体感してみて下さい。

 

 

プライマックスとリサウンド・リンクス2 はどちらがいいのか

各メーカーの新製品が続々と発売されていますが、一般の方にとってはどのメーカーのどの製品がいいのか迷うことが多いかと思います。

勿論一番好ましいのは実際に補聴器販売店に行って説明を受けたり試聴体験してみることです。しかし、どの販売店に行くかによって取扱メーカーも異なりますし、その店がどのメーカーが得意なのか、その担当者のメーカーの好みとかで益々迷ってしまうこともあるかと思います。

補聴器販売店に行く前の段階で、情報収集をしている方向けに当店取扱メーカーの新製品で比較検討をしてみたいと思います。

比較商品

シーメンス・シグニア補聴器 プライマックス

プライマックス

ジーエヌリサウンド リサウンド・リンクス2

リサウンド・リンクス2

(比較クラスは全ての機能が搭載されている最上位機種で行います。)

 

1.形状・カラー

写真を見ていただければお分かりかと思いますが、耳かけ型はほぼ同じ形状です。但し、耳あな方はプライマックスはカラーシェルやアクアプロテクト(防水)のオプションがあります。リサウンド・リンクス2 は外マイクタイプでより小さく作成することが出来ますし、重度難聴までカバーしています。

2.音楽

プライマックスにはハイレゾ音楽プログラムが3つあります。「演奏・カラオケモード」・「ライブモード」・「オーディオモード」の3つです。リサウンド・リンクス2は1つの音楽プログラムのみですので、音楽にこだわる方はプライマックスがいいでしょう。

3.スマホとの連携

プライマックスはリモコン(easyTek boost)を使用することであらゆるスマホに繋がります。リサウンド・リンクス2はiPhoneに直接繋がりますし、アンドロイドスマホは携帯ユナイトを使用すれば繋がります。iPhoneユーザーでしたら、リサウンド・リンクス2をお勧めします。

4.紛失

プライマックスは1年間、リサウンド・リンクス2は2年間の紛失保証があります。また、リサウンド・リンクス2の場合、iPhoneのGPS機能を使えば、置き忘れた補聴器を捜すことが出来ます。紛失が心配な方はリサウンド・リンクス2をお勧めします。

5.固定電話

プライマックスには固定電話を両耳で聞ける「ツインフォン」の機能が搭載されています。固定電話の聞き取りにお困りの方はプライマックスをお勧めします。(両耳での使用のみ有効な機能です。)

6.ワイヤレス

リサウンド・リンクス2のワイヤレスアクセサリーは中継器無しで直接使用できます。テレビや離れた声の聞き取りには便利です。プライマックスの場合は中継器としてのリモコンが必要になります。ワイヤレス機能はリサウンド・リンクス2の方がお勧めです。

7.言葉の聞き取り

これに関しましては、各人評価が異なる場合が多いので、実際に比較試聴してみることをお勧めします。

8.アプリ

プライマックスはリモコンとして使える「タッチコントロールアプリ」があります。リサウンド・リンクス2には「リサウンド・スマートアプリ」があり、リモコンやGPS機能と連動した調整など各種機能が搭載されています。アプリの充実度・使い勝手はリサウンド・リンクス2が優れています。

 

以上が個別機能での比較になります。

 

では、結局どちらの補聴器が優れているのでしょうか?

 

答えは「何をその補聴器に期待しているのかに依る。」となります。

つまり、補聴器を使用する方の目的や使い方・期待する機能によって答えは変わって来るのです。

 

まだ迷うという方は、ぜひ実際に比較試聴をしてみて頂くことをお勧めします。

 

 

プライマックス7・5・3シリーズの性能の違いは?

シーメンス・シグニア補聴器の新製品プライマックスですが、早くもお問い合わせを頂いています。特に多いお問い合わせとしては、

「今までのバイナックスと何処が変わったの?」

「プライマックスの各シリーズの性能の違いは何ですか?」

「どのシリーズがお勧めですか?」

などがありますが、今回はプライマックス7・5・3の違いについて述べたいと思います。

 

まず、カタログをご覧頂くと、価格の違いは直ぐに分かりますが各シリーズの性能の違いが多少分かりにくく説明が必要かと思います。

 

まずは、各シリーズ共通の基本機能は以下の通りです。

両耳連動

雑音抑制

突発音抑制

風音防止

ビーム指向性

ハウリング抑制

ツインホン

ワイヤレス

リモコン

防水

ナノコート(耳かけ型)

抗菌シェル(耳あな型)

 

次にプライマックスシリーズだけの機能ですが、

1.スピーチマスター(全自動ダブルピント調整)

クラスによって性能が異なります。

以下の図を参照して欲しいのですが、

スピーチマスター

 

7クラスは前後左右全てで調整します。5クラスは前後、3クラスは前のみです。

騒がしい場所で、どの方向からの会話もしっかり聞きたい方は断然プライマックス7をお勧めします。また、従来のバイナックスシリーズと比べて会話の聞き取り機能は格段に向上しています。

 

2.エコーシールド

プライマックス7のみの機能です。ワンワン響く場所や反響の多い場所での会話が聞き取りやすくなります。

3.ハイレゾ音楽

プライマックス7のみ「演奏・カラオケモード」・「ライブモード」・「オーディオモード」の3つのモードがあります。とにかく音楽が趣味とか音質にこだわる方はプライマックス7をお勧めします。プライマックス5・3は「演奏・カラオケモード」のみになります。

4.1年紛失保証

プライマックス7・5のみの保証です。万が一の紛失でも1年間は無料で新品が提供されます。

 

以上がおおまかな各シリーズの性能の違いですが、個人的には予算の問題が無ければやはりプライマックス7を推奨します。

シーメンス・シグニア補聴器の新製品「プライマックス」はここが凄い!

5月16日に発売されましたシーメンス・シグニア補聴器の新製品「プライマックス」について、先日のパートナーデイにて店主自ら体験して凄いと思ったことやこれが新しいと感じたことをまとめて紹介したいと思います。

まず、プライマックスとはどのような補聴器でしょうか?

 

一言で言えば

「日本語をしっかり、楽に聞くことが出来る補聴器」です。

これは、従来の補聴器の場合、殆どが外国で開発されていますので補聴器のフィッティングソフトは外国語向けの仕様になっています。しかし、日本語と外国語では使用する言葉の主な周波数帯が異なるケースもあり、そのままのフィッティングでは日本語に向かない調整になる場合もありました。

しかし、プライマックスでは日本語に合わせた音作りをするソフトが導入されましたので、従来の初期調整と比べると音量感があり歪みも少なく子音の聞き取りもしやすい調整が出来るようになりました。つまり、最初から満足度の高いフィッティングが出来るようになったと言えます。

 

次に新しい機能ですが、

 

1.スピーチマスター

この機能は、ダブルピント調整で会話を強調し、雑音を抑制することにより、相手の言葉を聞き取りやすくしてくれます。この機能により聞く労力は軽減され、どんな状況でも1日中聞いていて疲れにくくなります。

主な3つの特徴としては、

  1. 雑音抑制:背景音を抑制します。
  2. 指向性:会話の相手の方向にフォーカスします。
  3. 増幅度:相手の距離にピントを合わせます。

が挙げられます。

文章ではイメージが涌きにくいと思いますので、メーカー作成動画をご覧下さい。

 

2.エコーシールド (7シリーズのみ)

集会室や会議室などで壁や天井から反響音が発生して、不快な雑音が耳に入ってくるばかりではなく、会話の内容を理解することを難しくしているのをエコーシールドは改善してくれます。

ワンワンする反響音を抑え、すっきり聞こえるのがエコーシールドの特徴です。

これも分かりやすい動画があります。

3.ツインフォン

当店取扱メーカーのフォナックで以前からありました機能ですが、ついに導入されました。固定電話を両耳で聞く機能です。受話器を取った側の音声を自動で反対側に転送するので両耳で電話の声が聞こえます。但し、受話器には磁石を取り付けていなければ使えません。騒がしい場所での電話や小声の聞き取りなどでは効果的な機能です。

これも動画での説明があります。

4.ハイレゾ音楽

プライマックスのハイレゾ音楽プログラムには、豊かな音を最大限に楽しむための3つの設定(7pxのみ。5px, 3pxは1つです。)があります。

歌を歌う方や楽器を演奏する方を想定した「演奏・カラオケモード」は、自分や周囲の人間の演奏をフルレンジで詳細に感じ取ることができます。こもりにくいのも特徴です。

また、「ライブモード」(7pxのみ)は、ライブ音楽の鑑賞に最適です。この設定の広いダイナミックレンジは、ロックコンサートからクラシックのリサイタルまで、どんなコンサートの音量にも対応します。

加えて、本格的な音楽ファンのために開発された「オーディオモード」(7pxのみ)の周波数応答と増幅機能は、高音質で録音された音楽の繊細な音を楽しめるよう調整されています。

ですから、音楽が趣味とかオーディオマニアにはお勧めの機能です。

これも動画での説明があります。

 

5.CROS/BiCROS

従来はフォナックやワイデックスでのみ導入されていた技術です。一側性難聴の方向けの機能なので詳細は省略させて頂きます。

 

以上が紹介内容ですが、やはり自分の耳でこのプライマックスの音を聞いてみたい方は試聴レンタルをお勧めします。