離れた場所の声を聞くには

先日、FM補聴器やループシステムに関するご質問をいただきました。どちらもやや古いタイプの手法にはなるのですが、離れた場所の声を聞きやすくしてくれます。

しかしながら、離れた場所の声を聞く技術は日々進歩していますので、最新の手法を当店取り扱いメーカーで紹介したいと思います。

 

1.フォナック

ワイヤレス機器が充実しているメーカーです。離れた声を聞く手法としては、

・デジタルワイヤレス補聴援助システム(ロジャー)

・リモートマイク

があります。

デジタルワイヤレス補聴援助システムを使用するには、送信機と受信機が必要です。具体的に何を使用するかはお持ちの補聴器や使用目的で異なりますので、割愛します。

リモートマイクにつきましては、中継機としてコムパイロット又はコムパイロットエアが必要です。補聴器はワイヤレス対応のフォナック補聴器に限定されます。

 

2.リサウンド

マイクロマイク又はマルチマイクがあります。リサウンドの場合、中継機無しで直接聞けるのが特徴です。勿論使用できるのはワイヤレス対応のリサウンド補聴器に限定されます。

 

3.シーメンス・シグニア

ボイスリンクとイージーテックブーストを使用します。使用する補聴器はシーメンス・シグニア補聴器のリモコン対応器種になります。

 

以上のように、原則として使用しているメーカーと同じシステムを利用することになります。

ただし、フォナックのデジタルワイヤレス補聴援助システムだけは、受信機をユニバーサル(3ピン)タイプにしたりTコイルを使用すれば他のメーカーの補聴器でも使用可能です。また、補聴器不要のレシーバ内臓受信機もあります。

 

 

講演会などで聞こえやすくする方法

一般的に補聴器は3~5m程度離れた声までは聞こえやすいのですが、遠方の声となると聞こえにくくなります。昨日も「講演会での話をよく聞きたい」とのご要望があり、ワイヤレスシステムの説明をしましたが、同じような悩みをお持ちの方も多いかと思いますので当店取扱メーカーのワイヤレスシステムを紹介したいと思います。

ジーエヌリサウンド

テレビや携帯電話や会話相手の声をワイヤレスシステムで聞くことが出来ます。ジーエヌリサウンドでは中継器を使用しなくて直接音声を補聴器で聞くことが出来ます。両耳で補聴器を使用の場合ですと、音声を両耳でステレオで聞けることも魅力です。但しワイヤレスシステム使用中は、補聴器の電池消費量が通常の約3倍となりますので注意が必要です。当店お勧めのシステムは「マイクユナイト」(価格 32,400円)です。

マイクユナイト

会話相手の胸元に装着すれば、騒音の多い街中や相手が離れた(10m程度まで)場所にいる場合でも会話が聞き取りやすくなります。講演会の場合でしたら、演者の前かスピーカーの前に設置すれば離れていても聞きやすくなります。もちろんテレビのスピーカーの前に置けばテレビも聞きやすくなります。

 

フォナック

ジーエヌリサウンドと同様のワイヤレスシステムがありますが、使用するには「コムパイロット」(価格 32,400円)が中継器として必要になります。離れた声を聞く場合は、「リモートマイク」(価格 30,240円)を使用します。

リモートマイク基本的にはジーエヌリサウンドと同じシステムですが、最大20mまで離れていても使えることと中継器を使用することで音質が良くなっていることが特徴です。

 

シーメンス

離れた声を聞くには「ボイスリンク」(価格 12,960円)と「ミニテック」(価格 43,200円)のセットが必要になります。ボイスリンクはマイクで拾った音声を無線で飛ばすシステムですが、本体がやや大きいのが気になります。

ボイスリンクまた、最新機種バイナックスで使用するには「イージーテック」(価格 54,000円)が必要になります。

 

以上のことから、手軽にワイヤレスシステムを使用したいのでしたら、コストパフォーマンスに優れたジーエヌリサウンドのマイクユナイトを推奨します。但し使用できない補聴器機種もありますので、ご購入の際には使用の補聴器機種をご確認下さい。