AirPodsが補聴器になるのか?

今秋リリース予定のiOS 12で、今までMade for iPhone対応補聴器のみでしか使えなかったLive Listen(ライブ再生機能)がAirPodsでも使えるようになるそうです。

そこで、「AirPodsが補聴器になるの?」とお思いの方もいらっしゃいます。

正確な解釈は以下の通りです。

まず、AirPodsはこんなワイヤレスイヤホンです。

AirPods

 

次に、ライブ再生とはiOS端末(iPhoneなど)をマイクにし、拾った音声を補聴器にダイレクト通信します。

イメージとしてはこんな使い方です。

 

騒がしい場所での会話や離れた声を聞くのに便利な機能です。今まではMade for iPhone対応補聴器のみがこの機能を使えましたが、今年の秋ぐらいからAirPodsでもこの機能が利用できると言うことです。

ですから、正確にはAirPodsが補聴器になる訳ではありません。

 

しかし、ワイヤレスマイクとしてのiOS端末の機能がAirPodsで使えますので、

「騒音の多い場所で聞きたい声を聞き取る。」

「テーブルマイクとして使ってみる。」

「離れた声(テレビも含む)を聞きやすくする。」

など限られた目的で使用するにはいいと思います。

 

将来的には、補聴器としての機能を搭載した補聴器も登場するかもしれませんが、現状ではまだまだですね。

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneをお持ちの方へ

現在「 iPhone」(iPad、iPod touchも含む)をご使用の方で、新たに補聴器を検討中の方にお勧めしたいことがあります。

現在人気No.1のジーエヌリサウンドの「リサウンド・リンクス2」は「Made for iPhone」補聴器です。つまり、iPhoneユーザーの為に開発されてします。

よりクリアな通話音声、音楽、FaceTime通話、ターンバイターンの経路案内機能などはペアリングしたiPhone、iPad、iPod touchからリサウンド・リンクス2へ直接ワイヤレスで届きます。

もちろん、ハードウェアを追加する必要は一切ありません。

使用イメージは以下の動画を参照下さい。

上記機能に加えてジーエヌリサウンドの各種ワイヤレスアクセサリーも使用できます。

店主がお勧めしているのは、ワイヤレスアクセサリー購入前の「ライブ再生機能」での体験です。

この「ライブ再生機能」は、iPhone、iPad、または iPod touch がリサウンド・リンクス2に音を送るリモートマイクになります。騒がしい部屋で会話を聞き取ったり、部屋の向こう側から話しかけてくる人の声を聞き取ったりするとき、ライブ再生機能が活躍します。

設定の仕方は以下の通りです。

  1. 「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「補聴器」の順にタップします。
  2. 「デバイス」の下で、お使いの補聴器名をタップします。
  3. 「ライブ再生を開始」をタップします。
  4.  会話相手の前にデバイスを置きます。

スマホ画面はこんな感じです。

ライブ再生

そして、テレビのスピーカーの前にiPhoneを置いてテレビの音声を聞いてみてください。テレビがとても聞き易くなると思います。しかし、いちいちiPhoneを置きに行くのは面倒ですから、「TVユナイト(37,800円 税込)」を購入すれば、いつでも快適にテレビ音声が聞けます。

また、会議のテーブルの中央にiPhoneを置いて会議の声を聞いてみて下さい。参加者の声がとても聞き易くなります。ですが、iPhoneが手元に無いと不便ですので、その場合は「マルチマイク(54,000円 税込)」又は「マイクロマイク(37,800円 税込)」を購入すれば、騒音の多い環境や離れた会議の声が聞こえやすくなります。

勿論、デモ器で体験するのが一番分かりやすいのですが、その前の段階での検討に参考いただければ幸いです。