固定電話の音声を文字化して聞くには

最近ではスマートフォンと補聴器の連携がいろいろな形で出来るようになり、電話が苦手な方には便利な時代となりました。

しかし、従来の固定電話になると補聴器との連携できる機器があまりないので、

「相手が何を言っているのか分からない!」

「話が一方通行で言いたいことが伝えられない!」

「音量を上げても、何を言っているのか分からない!」

などのお声がありました。

 

そこで、今回紹介したいのは「テレホンテキスト(23,760円 税込)」です。

このような機器です。

テレホンテキスト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使用イメージとしてはこんな感じです。

テレホンテキスト使用方法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電話機と受話器の間に「テレホンテキスト」を取り付けます。次にUDトークなどの音声認識アプリ をインストールしたスマホ又はタブレットを繋げばそれで準備完了です。

一般のビジネスフォンやファックス兼用電話機でも使用できます。

音声の文字化はこんな感じの動画になります。

 

 

 

 

 

固定電話の音声を文字化して聞きたい方には「テレホンテキスト」の使用をお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

固定電話を聞こえるようにするには

固定電話が苦手な難聴の方に、聞こえるようにする方法を今回は紹介したいと思います。

勿論、補聴器を装用すれば聞こえる方は問題ありません。しかし、難聴の程度が重かったり言葉の明瞭度が悪いために電話が聞こえない方への提案となります。

 

1.電話機をジャンボプラスにする

ジャンボプラスは受話音声を、約60dB/2.5KHz.音量増幅し、音程は150Hz.~6KHz.の間で4段階に調整が出来る特殊な電話機です。また、着信音量をLow(75dB)、Med(85dB)、HI(95dB)の3段階に調整できます。加えて、電話機前面と側面にある表示ランプが着信時に点滅しますので、電話機が視界にある場合には着信に気づきます。それに受話器にはT-コイル内蔵が内蔵され、T-コイル内蔵の補聴器をしたまま磁気誘導により鮮明な受話音声を聞く事もできます。

こんな形の電話機です。

ジャンボプラス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

販売価格は¥28,000(税抜)となります。

中度難聴くらいまででしたら、この電話機でいけると思います。

 

では、高度・重度難聴で言葉の明瞭度が悪い場合ですが、以下の方法はいかがでしょうか。

 

2.ジャンボプラスにUDトークを併用して聞く

まずは、以下の動画をご覧ください。

 

 

 

まず、UDトークですが、コミュニケーションの「UD=ユニバーサルデザイン」を支援するためのアプリです。詳細につきましては以下のサイトを参照ください。

UDトークって?

 

上記動画の説明にもありますが、電話音声を文字化することで、耳と目で会話を理解することが出来ます。よく相手の言っていることが聞き取れなくて電話が苦手であったり電話に出ない方にはこんな方法もあります。

今の時代、スマホでの会話を補聴器で聞きやすくする方法はいろいろありますが、固定電話の場合は上記内容を試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

固定電話を両耳補聴器で聞く方法

最近の補聴器には便利な機能がいろいろとありますが、「固定電話を両耳で聞きたい!」とのお声があります。

携帯電話でしたら、Bluetoothを利用して両耳で補聴器を通して聞くことはできますが、固定電話ですとBluetoothを使用して聞くことは出来ません。

騒がしい職場などで、固定電話の声が周囲の声や音に邪魔されて聞き取りにくくなることは誰でもあります。そんな時は、受話器の反対側の補聴器の電源を切ったり、音量を下げて対応している方も多いかと思います。

そんな方にお勧めしたいのが、フォナック補聴器の「デュオフォン」機能です。

まず、使用する前提条件として以下の条件が必要です。

1.両耳で補聴器を使用する。(片耳だけでは勿論使えません。)

2.フォナック補聴器でデュオフォン機能が付いた補聴器を使用する。具体的にはベンチャーシリーズ(ボレロV30とオーデオV30は除く)、クエストシリーズ(バート312/13サイズ Q90/70/50とQ30を除くボレロなど)など、詳しくはメーカーカタログを参照下さい。

デュオフォンとは、電話プログラムを使用中に、片側の受話器の音声を両耳で聞くことが出来る便利な機能です。例えば、右側に当てた受話器の音声が、左側の補聴器でも聞こえます。

イメージとしては

デュオフォン

こんな感じになります。

電話プログラムに切り替える方法は2通りあります。

1.イージーフォンを併用して切り替える

イージーフォンとは、付属の磁石を取り付けた受話器を耳にあてると、自動的に電話プログラムに切り替わる機能です。これを併用することで、受話器を補聴器に近づければ自動的に電話プログラムに切り替わり、デュオフォンが作動します。

2.プログラムスイッチ又はリモコンで切り替える

あらかじめ補聴器に電話用プログラムを設定し、必要に応じて切り替えます。イージーフォンの併用より面倒なので、どちらかと言えばイージーフォンの併用をお勧めします。

 

固定電話を聞きやすくする方法

難聴の方にとって「電話」は苦手の場合が多いのですが、特に固定電話での会話が聞き取りにくいとのお声があります。

補聴器を使用の方でしたら、例えば

1.電話の時だけ電話プログラムに切り替える

2.T-コイルを使用して音声を直接聞く

3.電話器に音声を増幅する機器を取り付ける

など、いろいろな形での対策をしているかと思います。

今回ご紹介したいのは、シーメンス補聴器から発売されています「電話アダプター TA12S」(価格 16,200円 税込)です。

TA12S

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使い方は簡単です。電話のモジュラージャックと電話機の間に繋ぐだけ使えます。

音声はダイヤル式のボリュームで調整できますので、通常の音声はボリューム1で、聞こえにくい音声はそれ以上のボリュームで聞きますので、家族みんなで使い分け出来ます。

もちろん補聴器をお持ちでない中~高度難聴の方でも使えます。

最大45dBまで増幅できますので、とにかく電話で困っている方にはお勧めです。

 

また、シーメンス補聴器のバイナックス又はマイコン・エクセルシリーズをお使いの方でしたら、リモコンのイージーテック又はミニテックにボイスリンクを繋げば、なんと補聴器で直接電話音声をワイヤレスで聞くこともできます。両耳に補聴器を使用の方ですと、両耳で電話の音声が聞けますのでとても聞こえやすくなります。

メーカーの説明では、この方法で重度難聴の方まで電話が聞こえるそうです。(言葉の弁別能力にも因るとは思いますが、本当に聞こえれば生活が一変します。)

この商品はシーメンス補聴器総合カタログには掲載されていなく、販売店用のアクセサリー・補修パーツカタログにしか掲載されていません。ですから、一般の補聴器ユーザー様には目に触れる機会が無いと思います。

ですから、大阪補聴器センターでは電話アダプター TA12S を代引き通販致します。

本体価格16,200円に代引き手数料260円と送料(地域により異なります。610円から930円くらい)で全国発送いたします。

ご希望の方は、メール又はお電話にてお申し込み下さい。