リサウンド・リンクス3D 4とは

2019年7月17日に発売の「リサウンド・リンクス3D 4」は一言で言えば「リサウンド・リンクス3Dの廉価版」です。

簡単な紹介画像は以下の通りです。

リサウンド・リンクス3D 4クラス

価格は

耳かけ型補聴器 片耳 160,000円 両耳 288,000円

耳あな型補聴器(ITCのみ) 片耳170,000円 両耳 306,000円

となっています。

つまり、リサウンド・リンクス クアトロが現在のリサウンド補聴器の最新器種にはなりますが、その1世代前の最新機種であるリサウンド・リンクス3Dが1台16万円から購入できるのです!

この価格で、最新のリサウンド・スマート3Dアプリに対応していますので、ご自身での音量調整やプログラム変更などが簡単に出来ますし、リサウンド・アシスト遠隔サポートも使えますから、どこにいても遠隔サポートが出来ます。

但し、注意点もあります。

iOS端末(iPhoneなど)とのダイレクトストリーミングに関しては非対応なので、iPhoneとのダイレクト通信を希望の方は、リサウンド・リンクス3D 5以上のシリーズを推奨します。

当店としては、こんな方にこのリサウンド・リンクス3D 4を推奨したいと思います。

・廉価版で最新の補聴器を使いたい方

・遠隔サポートやアプリが使える廉価版を使いたい方(iPhoneユーザーのみ)

・両耳予算が30万円くらいで、高性能な補聴器を使いたい方

などです。

フォナック オーデオ マーベルはここが凄い!

2019年6月6日にフォナック補聴器から新発売の「フォナック オーデオ マーベル」の注目ポイントについて説明します。

まずは、イメージ動画をご覧ください。

英語版で一部機能はまだ日本未上陸ですが、大まかなイメージはお分かりいただけたと思います。

まずは、音質ですが一言で言えば「よりリアルな音声」になりました。

本来の音声の抑揚を再現することで、明瞭度は向上し、より原音に近い音声で会話が聞きやすくなりました。

また、従来のフォナック補聴器に比べ、騒がしい環境での聞こえが改善しています。

次に、ワイヤレス機能です。

ハンズフリーでの携帯電話通話が、両耳(従来は片耳のみ)で聴こえるようになりました!これにより、より携帯電話での会話が聞こえやすくなりました。

勿論、iPhone・アンドロイドいずれのスマートフォンでもBluetooth経由でつながります。(念のためデモ器でのペアリング確認をおすすめします。)

次に、充電タイプですが、従来のフォナック補聴器の充電タイプは充電器から取り出した後に電源を押しボタンで入れる必要がありました。今回のオーデオ マーベルは、充電器から取り出せば、自動で電源が入ります!

イメージ動画内に出ていた、「遠隔サポート」や「通話のテキスト化」につきましては2020年以降の導入だそうです。今しばらくお待ちください。

製品の特長からすると、以下の方にお勧めします。

・ハンズフリーでの携帯電話通話をしたい方

・アンドロイドスマホユーザーで補聴器へのダイレクト通信を使いたい方

・騒がしい場所での聞き取りを改善したい方

などにお勧めします。

フォナック オーデオ マーベルの価格

2019年6月6日にフォナック補聴器が発売する新製品「フォナック オーデオ マーベル」の価格について紹介したいと思います。

まず、今回の新製品は「耳かけ型RICタイプ補聴器」です。大きく分けて、2つのタイプがあります。

まずは、充電式です。

形状は以下のイメージです。

価格は4クラスあり、クラス毎の価格は以下の通りです。

M90(プレミアム)     片耳 550,000円

M70(アドバンス)     片耳 400,000円

M50(スタンダード)    片耳 290,000円

M30(エッセンシャル)   片耳 200,000円

となります。

充電式ですので、別途充電器代(12,000円)は必要です。

ですが、片耳212,000円から充電式補聴器が購入できるのはうれしいです。

また、今回からは充電器への抜き差しで電源が自動でオンオフとなりますから、より使いやすい形態となっています。

次に電池式です。

形状は以下の3タイプがあります。

価格は4クラスあり、クラス毎の価格は以下の通りです。

M90(プレミアム)    片耳 530,000円

M70(アドバンス)    片耳 380,000円

M50(スタンダード)   片耳 270,000円

M30(エッセンシャル)  片耳 180,000円

となります。

細かな性能や特徴は、6月のブログ記事にて掲載します。今しばらくお待ちください。

お手頃価格の充電タイプ補聴器

近年人気の充電タイプ補聴器ですが、価格的には従来の空気電池使用の補聴器に比べると割高なのは事実です。

しかし、

電池コストがかからない。

電池交換不要。

毎日の電池の出し入れ、電源の入り切り不要。

汗や水による故障が少ない。

冬場の短電池寿命が無い。

とにかく簡単に使える。

などの多くのメリットがあります。

そこで、手頃な価格で充電タイプを使いたいとお考えの方に朗報です!

シグニア補聴器から1台10万円台の充電タイプ補聴器が発売となりました!

今回は2シリーズあります。

まずは、スタイレット(Styletto)です。

形はこのような形状です。

イメージ動画もあります。

価格は充電器込みで片耳173,200円、両耳303,200円から購入できます。

補聴器が初めての方やオシャレな補聴器を使いたい方などにお勧めの逸品です。

次に、ピュア チャージ&ゴー(Pure Charge&Go Nx)とモーション チャージ&ゴー(Motion Charge&Go Nx)です。

形はこのような形状です。

価格は充電器込みで片耳183,200円、両耳323,200円から購入できます。

こちらのシリーズはとにかく簡単に補聴器を使いたい方や高度難聴の方などにお勧めします。

超快適耳あな型補聴器

超快適な耳あな型補聴器が2019年4月から発売となります。

それは、

「リサウンド・ダブルエア」です。

まず、形状ですが、こんな形をしています。

ユニークな形状ですね。

普通にこのような形状にすれば、ピーピーとハウリングがします。しかし、リサウンド・ダブルエアですと、十分な音量を出してもハウリングは抑制されます。

耳あな型補聴器は、

自分の声が響く

音がこもって聞こえる

など、物理的に耳穴を塞ぐことによる問題点はありましたが、リサウンド・ダブルエアなら解決できます!

この新製品の特長を現したのが、以下の画像です。

ただし、注意点があります。

この補聴器は難聴の程度が軽度・中度難聴向けなので高度・重度難聴の方は不適合となります。

気になる価格ですが、以下の通りです。

リサウンド・ダブルエア9 片耳価格 390,000円 両耳価格 702,000円

リサウンド・ダブルエア7 片耳価格 260,000円 両耳価格 468,000円

リサウンド・ダブルエア5 片耳価格 190,000円 両耳価格 342,000円

となります。

より詳しい情報につきましては、4月中旬にブログにてお知らせします。

Motion Charge&Go Nx はここが凄い!

シグニア補聴器の新製品「Motion Charge&Go Nx」が2018年11月22日より発売となりました。シグニアNxシリーズの充電式補聴器としては、Pure Charge&Go Nx に続いての登場となりますが、どこが凄いのでしょうか?

 

まずは、形状です。

こんな形の補聴器になります。

Motion Charge&Go Nx

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軽度〜高度難聴向け耳かけ型補聴器で、非接触型充電式となっています。

非接触型充電式なので、簡単に充電できて電源の入り切りの動作も不要なのでとても便利です。従来のPure Charge&Go Nxですと、付属のチューブが細いため、高齢者の場合取扱いが難しいケースや耳垂れ等により使用できないケースがありました。今回のMotion Charge&Go Nxでしたら、耳かけ型なのでその心配はいりません。

気になる価格は以下の通りです。

 

7Nx  1,103,200円(両耳)573,200円(片耳)

5Nx    803,200円(両耳)423,200円(片耳)

3Nx    623,200円(両耳)333,200円(片耳)

 

となります。

 

もちろん性能においては、シグニアNxシリーズの機能を全て活用できますので、

テレビ音声を直接補聴器で聞いたり(ストリームラインTV使用)、電話(iPhone)の音声を直接聞いたり出来ます。

 

ですので、

とにかく扱いやす補聴器を使いたい方

テレビや電話をしっかり聞きたい方

などにはお勧めです。

 

 

 

 

 

フォナック ナイーダ Bはここが凄い!

2018年8月2日に新発売の「フォナック ナイーダ B」ですが、基本的な性能につきましては2016年12月に登場した「ビロングシリーズ」と共通ですのでその部分は割愛して説明します。

まず、形状ですが以下の3タイプです。

ナイーダ B

 

 

 

 

注目するポイントは、充電タイプの登場です。(B-R RIC)

面倒な電池交換や電池の購入が不要なのは助かります。

 

また、今回の新機能として、「スローコンプレッション」が挙げられます。主に重度難聴で言葉の聞き分けにお困りの方にお勧めの新機能です。これを設定すると、言葉の抑揚が明瞭になり、メリハリのある音になります。

 

気になる価格ですが、以下の通りです。

 

ナイーダ B90 片耳 500,000円

ナイーダ B70 片耳 350,000円

ナイーダ B50 片耳 250,000円

ナイーダ B30 片耳 180,000円

 

ナイーダ B-R90 片耳 568,000円 充電器 12,000円

ナイーダ B-R70 片耳 418,000円 充電器 12,000円

ナイーダ B-R50 片耳 308,000円 充電器 12,000円

 

となります。

 

 

 

 

 

 

フォナックから廉価版の新製品が登場

いよいよ明日からフォナックの新製品「ヴィータス+」が発売となります。

廉価版なので目新しい機能はありません!

しかし、価格はかなりコスパが高いです。

まずは、こんな価格です。

耳あな型 片耳128,000円

 

ヴィータス 耳あな型

 

 

耳かけ型 片耳118,000円

 

ヴィータス 耳かけ型

 

ヴィータス RIC

 

「ヴィータス+」は廉価版ではありますが、フォナックで最も新しいプラットフォームに対応していますので、基本性能は優れています。また、美しく聞き取りやすい音色になっています。

加えて、周囲の音環境を分析し、自動的に指向性を切り替える「エブリデイオートマチック」や聞きづらい高音域の音を聞き取りやすくする「サウンドリカバー」などの機能は標準装備されています。

また、IP68の防水・防塵性能も搭載しています。(ITE-312/13は除く)

 

とにかく価格にこだわる方にはお勧めの新製品ですね。

 

ピュア チャージ&ゴー(Pure Charge&Go Nx)とは

ピュア チャージ&ゴー(Pure Charge&Go Nx)とはシーメンス・シグニア補聴器が2018年4月に発売した新製品です。

形状は以下の通りです。

ピュア チャージ&ゴー(Pure Charge&Go Nx)

 

 

電池交換不要の充電タイプRICです。

従来の充電タイプRICであるセリオン(Cellion)と形状は似ていますが、よりスリムな形状になっています。

また、セリオンに無かった性能としては、

1.30分の充電で6時間使用可能な急速充電

2.テレビやスマホ(iPhone)にダイレクトに繋がる

3.Nxシリーズならではの高音質・高明瞭度

が挙げられます。

 

今回は3クラス発売で気になる価格は以下の通りです。

製品名

7Nx  両耳価格 1,103,200円 片耳価格 573,200円

5Nx  両耳価格   803,200円 片耳価格 423,200円

3Nx  両耳価格   623,200円 片耳価格 333,200円

(いずれも充電器価格を含む)

 

2018年は本格的な充電型補聴器の時代となりそうですが、現時点ではピュア チャージ&ゴー(Pure Charge&Go Nx)が一歩リードしていると個人的には思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

リサウンド・リンクス3D充電タイプはどこが便利なのか

2018年2月1日に発売となった「リサウンド・リンクス3D充電タイプ」は一体どのような補聴器でしょうか?

店主なりに従来のリサウンド・リンクス3Dとの違いをまとめてみたいと思います。

 

 

まず、形状と充電器ですがこんな形をしています。

 

リサウンド・リンクス3D充電タイプ

 

 

補聴器自体は外耳道内レシーバ耳かけ型(RIE)になります。

性能等につきましては、リサウンド・リンクス3Dの各シリーズに準じますので割愛しますが、気になる価格は以下の通りです。

リサウンド・リンクス3D 9 両耳価格 930,600円 片耳価格 527,800円

リサウンド・リンクス3D 7 両耳価格 642,600円 片耳価格 367,800円

リサウンド・リンクス3D 5 両耳価格 444,600円 片耳価格 257,800円

いずれも充電キットを含めた価格です。

 

今回の充電タイプの特徴としては、空気電池併用タイプが挙げられます。

万が一充電を忘れても空気電池で使用が出来ます。 ここが、通常の充電タイプと異なるところです。

通常の充電タイプは電池ケースの開閉が出来ませんが、リサウンドの場合電池ケースの開閉で電源の入り切りが出来ますし、充電池の交換も自分で出来ます。

但し、充電池寿命が約1年なので、1年ごとに充電池(6,480円)の交換が必要になります。

充電方法は以下の動画を参照ください。

 

電池の交換方法は以下の動画を参照ください。

 

 

使用可能時間の目安は、通常の使用であれば4時間充電で16時間使用できます。ワイヤレス機器をご使用の場合はワイヤレス機器の使用時間分短くなります。

 

電池の購入が面倒な方、電池の交換が苦手な方、簡単に補聴器を使いたい方などにはお勧めします。