シグニアNx(Signia Nx)はここが凄い!

本日からシバントス株式会社から発売となる新製品補聴器「シグニア Nx」は一体どのような補聴器でしょうか。

どこが新しいのでしょうか。

そのような疑問にお答えするまとめをしてみたいと思います。

 

形状

形状は以下の通りです。

Signia Nx

 

 

 

 

耳かけ型が3器種あります。

大きさを気にする方は、Pure312 Nx、電池寿命を気にする方は、Pure13 Nx、取り扱いし易く便利な補聴器を希望の方は、Motion13 Nxがお勧めです。

 

価格

3クラスあります。

7Nx 両耳価格 1,020,000円 片耳価格 510,000円

5Nx 両耳価格   720,000円 片耳価格 360,000円

3Nx 両耳価格   540,000円 片耳価格 270,000円

クラス毎の性能の差は今回は割愛します。(Primaxシリーズに準じます。)

 

新しい機能

シグニアNxの機能

 

 

 

 

 

 

 

1.OVP

一言で言えば、「自分の声の違和感を最適に音声処理してくれる機能」です。恐らく補聴器業界では初の機能だと思います。

具体的には補聴器が「自分の声」を記憶することで、「自分の声」だけを低減して他の音声(相手の声)は聞きやすく増幅します。これにより、自分の声の違和感が低減され、補聴器の装用効果も上がります。

今まで自分の声の問題で、補聴器が適用されなかった方や聞き取りが悪くなっていた方にはお勧めの機能です。

 

2.Nxチップ・Nxマイク

自声処理機能を高速で処理し、小型化されたNxチップと従来のマイクに比べ4倍大きくなったNxマイクは格段に音質を向上させます。それにより、音声がよりクッキリ分かりやすいとの評価をいただいています。

 

3.テレビ・電話

Bluetoothで直接補聴器で音声が聞けますので、テレビや電話が聞こえやすくなります。但し、テレビは別売りのストリームラインTV(30,240円)が必要です。

 

以上がおおまかなまとめです。

ご興味をお持ちの方は、実際にご自身の耳で体験してみることをお勧めします。

デモ器は事前予約が必要になりますので、ご了承ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新補聴器が14万円から(シーメンス・シグニア)

シーメンス・シグニア補聴器の最新シリーズは2016年5月発売のプライマックスシリーズですが、この最新シリーズで14万円から購入できる器種が8月4日に登場します。

その名は

「プライマックス1」

です。

プライマックス1

 

 

 

 

 

 

 

 

耳かけ型は14万円、耳あな型は16万円と大変お求めやすい価格になっています。

もちろん最新のプライマックスシリーズの特徴である

・日本語をしっかり楽に聞ける

・会話強調機能

・全自動ダブルピント調整

は搭載されています。

価格的に主に室内での会話に向いている補聴器ですが、コスパ面ではお勧めです。

 

時々騒がしい場面でも使いたいなら、ワンランクアップしてプライマックス2をお勧めします。

こちらのシリーズも価格は耳かけ型で18万円、耳あな型で20万円と大変お求めやすい価格になります。

 

プライマックスシリーズの試聴・貸出をご希望の方は、事前にお電話で予約をお願いします。きっとご満足いただける聞こえになると思います。

 

 

 

 

コスパに優れた充電式補聴器が登場

今年になり各種充電式補聴器が登場しましたが、

「価格的に高くて手が出ない。」

「せめて20万円台で買えないのか。」

などのお声がありました。

 

そんな方に最適な充電式補聴器が8月4日にシーメンス・シグニア補聴器から発売されます。

器種名は

「セリオン(Cellion)」

です。

セリオンは既に発売されているシリーズですが、価格的には51万円と36万円の2器種のみでした。

今回価格が27万円と20万円の2器種が登場してよりお勧めしやすくなりました。

Cellion 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく価格重視の方はCellion 2pxがお勧めです。

充電器が43,200円ですので、片耳で243,200円、両耳で443,200円の価格で充電式補聴器ライフをスタートすることが出来ます!

電源の入り切りや電池購入が難しい方にはぜひご使用いただきたい逸品ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

新製品 フォナック バート B-チタンはここが凄い!

7月12日(水)からフォナックより発売の「バート B-チタン」ですが、業界初のチタンシェルの耳あな型補聴器として注目されています。

そこで、この新製品の凄い点をまとめてみたいと思います。

 

まず、形状です。

バートB-チタン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像は大きく写していますが、超小型耳あな型補聴器です。

従来のフォナックで最小と言われたIICに比べ、約60%の大きさになります。また、チタンシェルを採用したことで、シェルの強度は従来の15倍となり、シェル破損のリスクはほぼ0となりました。

ただし、特殊なシェルなので、納期は通常商品の2倍ほど長くなります。

 

次に価格ですが、

バート B90-チタン 片耳 550,000円

バート B70-チタン 片耳 390,000円

となります。

確かに従来製品に比べると高いイメージですが、以下の特徴があります。

 

1.3種類のレシーバが選べ、高度難聴まで対応

従来のIICですと、中度難聴まで対応でしたが、Pレシーバ・SPレシーバもあるので90dBまでの高度難聴まで対応しています。今まで見えない補聴器を使いたいが、聴力の問題で使えなかった方には朗報です。

2.防水防塵仕様

フォナックの耳あな型補聴器では初めて防水防塵保護等級IP68を取得しています。安心して使用出来ますね。

3.快適な装用感

新型AOV-Oベントの採用により、閉塞感が軽減されました。

4.新型マイクロホン

新型マイクロホンの採用により、フェイスプレート面がより小さく作成できるようになりました。

 

とにかく超小型の耳あな型補聴器を使いたい方には推奨の新製品ですね。

 

 

新製品 フォナック ボレロB はここが凄い!

昨日のフォナック新製品セミナーで店主が学んだことを中心に、7月12日に発売の「ボレロ B」の注目のポイントを紹介したいと思います。

 

まず、補聴器の形です。

フォナック ボレロB

 

 

 

 

従来のRICタイプの耳かけ型に加えて今回はBTEがフルラインナップの登場となりました。

 

補聴器の価格は

充電タイプ

ボレロ B90ーPR 片耳 568,000円

ボレロ B70-PR 片耳 418,000円

ボレロ B50-PR 片耳 308,000円

(別途 充電器 12,000円が必要です。)

通常タイプ

ボレロ B90-M/P/SP 片耳 500,000円

ボレロ B70-M/P/SP 片耳 350,000円

ボレロ B50-M/P/SP 片耳 250,000円

ボレロ B30-M/P/SP 片耳 180,000円

となります。

 

ボレロB(ビロング)シリーズと従来のベンチャーシリーズの違いについては、

1.フルオートマチックシステム(オートセンスOS)の機能向上により、言葉の理解がしやすくなった。

2.高い周波数帯の聞き取りが改善された。

3.小さな声の聞き取りが改善された。

4.両耳装用時における聞き取りが改善された。

ことが挙げられます。

 

今回の目玉商品はずばり「ボレロ B-PR」です!

充電式のBTE補聴器が遂に登場しました!

既に発売のRICタイプの耳かけ型「オーデオ B-R」になかった

・Tコイル

・ボリュームコントロール

が搭載されています。

メーカーの説明によれば、なんとビロングシリーズで充電式が登場してから、ビロングシリーズ出荷台数の約60%が充電タイプだそうです。当然ですが、出荷台数も伸びているそうです。

やはり、

1.電池交換が面倒

2.電池ケースの開閉による電源の入り切りが苦手

3.空気電池の購入が面倒

4.防水の補聴器を使いたい

などの補聴器ユーザーの声に応えた製品となっています。

但し、問題点としては

1.価格が割高

2.プログラムスイッチによる電源の入り切りが必要

3.充電を忘れると直ぐに使えない(充電器を忘れると困る)

などがあります。

 

いずれにしても、この新製品の良さや使い勝手の良さは実際に試して確かめて欲しいので、大阪補聴器センターではボレロB-PR(充電タイプ)のデモ器をご用意しています。

ぜひこのデモ器で違いを確かめてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

新製品 Pure 13 BT

シーメンス・シグニア補聴器の新製品「Pure 13 BT」が今月26日に発売となります。

店主が注目したポイントをまとめてみたいと思います。

 

まず、形状と価格です。

Pure 13 BT

 

形状はRICタイプの耳かけ型になります。使用する電池は13タイプですので大きさはカラット(Carat)シリーズくらいです。

価格は

プレミアムクラス 7px が片耳50万円

アドバンスクラス 5px が片耳35万円

スタンダードクラス3px が片耳26万円

となります。(両耳の場合は100万円・70万円・52万円)

 

1.テレビ用補聴器

別売りのストリームラインTV(価格 30,240円)を使用することで、テレビの音声をダイレクトに聞くことが出来ます。詳しくは、当ブログの「ストリームラインTVはテレビを聞こえやすくします」の記事を参照ください。

2.iPhoneとのダイレクト通信

iPhoneユーザーには朗報です。遂にシーメンス・シグニア補聴器でもダイレクト通信が出来るようになりました。電話・音楽・動画・ラジオアプリ・ライブリスニング機能などでダイレクトに聞けます!

また、iPhone内のモーションセンサーで環境認識が出来ますから、環境に応じた自動調整の精度が格段に良くなりました。

3.新型ドーム耳栓

補聴器の画像にもありますが、耳栓に新型が登場しました。新型素材で柔らかに耳あなにフィットしますのでより快適に使用できるようになりました。

以上が注目ポイントになります。

 

お勧めの方は

テレビが聞こえにくく困っている

補聴器をワイヤレスイヤホンとしても使いたい(iPhoneユーザー限定)

とお考えの方になります。

 

 

 

 

 

2017年度の補聴器新製品トレンドは?

2017年度も本格的にスタートしましたが、今年度の補聴器のトレンドは「遠隔操作」になりそうな気配です。

既にシーメンス・シグニア補聴器で補聴器の遠隔調整が「TeleCare(テレケア)」で導入されてはいましたが、あくまで簡単な調整に限定されていました。

しかし、新製品「Pure 13 BT primax」では、どうも本格的な遠隔操作による調整が出来そうな様子です。

参考動画です。

 

また、ジーエヌリサウンドの新製品「LiNX 3D」も遠隔操作が目玉です。専用のソフトウェアReSound Smart Fitを使用することで、離れた場所での微調整も可能です。

イメージ画像

 LiNX 3D

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらの製品もまだ日本では未発売ですが、今年中には発売されそうです。発売が楽しみですね。

 

また、どちらもiPhoneとのダイレクト通信が特徴の補聴器ですから、これらの補聴器の性能をフルに活かしたい方は、

携帯電話はiPhoneにする。腕時計はできればApple Watchにすることをお勧めします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年春の新製品は?

2017年3月もほぼ終わりとなり、4月からは新年度が始まります。

春にはどのような新製品が登場するのでしょうか?

シーメンス・シグニア補聴器で、もしかするとこんな新製品が登場するかもしれません。

 

「Pure 13 BT primax」

Pure 13 BT primax

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外見だけでは「何が新しいの?」と思われるかもしれませんが、画像にも記載されていますが、「Made for iPhone」の補聴器です。

つまり、iPhoneをお持ちでしたら、電話やテレビ電話の通話も、動画や音楽も補聴器で直接聞き取ることができます。従来ですと、中継器としてリモコンが必要でしたが、今回の器種はダイレクトに繋がります。

また、Bluetoothを活用したmyControl Appを使用することで、周囲の環境に応じた自動調整が出来るようです。この部分が他社の「Made for iPhone」補聴器との違いのようです。

加えて、テレビも「StreamLine TV」という機器を使用すれば、音声を補聴器で直接聞くことが出来ます。

 

日本市場での発売や発売時期につきましては、まだ不明ですが早く発売されればいいですね。

 

関連動画

 

 

 

 

 

 

 

 

充電式補聴器「セリオン(Cellion)」はここが凄い!

シーメンス・シグニア補聴器の新製品「セリオン(Cellion)」が発売となりました。

店主が昨日開催された「パートナーデイ」で感じた凄さをまとめてみたいと思います。

セリオン価格

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.やはり充電タイプは便利

補聴器ユーザーの約40%が気にしている電池のことですが、充電式ならとても簡単です。充電器に補聴器を置くだけで簡単に充電できます。

セリオン特徴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、補聴器の電源のON/OFFも自動ですので、充電器から補聴器を外せは直ぐに使えます!また、セリオンの充電は30分充電で7時間使用、4時間充電で26時間使用のスピード充電で、しかも非接触充電です。

加えて、充電中は充電器が10℃暖かくなり、補聴器の乾燥もしてくれます。

メーカー試算では、年間の消費電力は約120円(1ヶ月あたり10円)なので、殆どランニングコストは発生しません。仮に電池代が年間8,000円かかっている方ですと、耐用年数5年で計算すると40,000円の節約となります!

2.こんな方にお勧めします。

とにかく簡単でランニングコストのかからない補聴器を使いたい方に推奨します。

例えば、

・手先が不自由で、電池の交換が難しい方

・外出中の電池切れが心配な方

・補聴器の故障が気になる方(汗かき・水仕事など)

・電池を買いに行くのが面倒な方

などにお勧めします。

 

昨年フォナックからも充電式補聴器が発売され充電式補聴器元年としての2017年がスタートしました。

いずれ他のメーカーからも充電式補聴器が登場するかと思います。

 

 

充電式補聴器 セリオン(Cellion)の価格

来週発売のシーメンス・シグニア補聴器の新製品「セリオン」ですが、詳細につきましては1月18日に大阪にて開催される「シーメンス・シグニアパートナーデイ」以降に記述します。

価格についてはすでにご存知の方も多いかと思いますが、以下の通りです。

セリオン価格

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プレミアムクラス セリオン 7 primax  片耳価格 510,000円

アドバンスクラス セリオン 5primax  片耳価格 360,000円

となります。

但し、充電器(43,200円)が別途必要です。

つまり、片耳で装用する場合は、

セリオン7px が 553,200円

セリオン5px    が 403,200円

両耳で装用すると、

セリオン7px  が 1,063,200円

セリオン5px  が   763,200円

となります。

ですので、片耳なら40万円くらい、両耳なら76万円くらいから

となります。

 

通常の空気電池を使用した場合に比べて

片耳なら63,200円 両耳なら83,200円

ほど高額になります。

空気電池のコストだけを考えると、両耳で仮に5年使用した場合なら一月あたり1,400円程度でトントンですから、格安の空気電池使用の方でしたら無理に充電式にこだわる必要は無いかもしれません。

 

しかし、

電池交換が面倒

電池交換が難しい

電池を買いに行くのが面倒

少しでも故障を少なくしたい

電池切れになるのが心配

などでお困りの方にはやはり充電式補聴器をお勧めします。