2018年はこんな補聴器が登場するかも?

2017年も間もなく終了しようとしていますが、2018年の補聴器はどのような動きがありそうなのか店主なりに検証してみたいと思います。

 

1.耳あな型充電式補聴器

2017年は充電式補聴器元年と言えるような年で、各メーカーから充電式補聴器が登場しました。ですが、全て耳かけ型で耳あな型(オーダーメイド)はありませんでした。(既製品耳あな型はP社が発売済)

2018年は恐らく非接触型の耳あな型充電式補聴器が登場するのではないかと店主は予想します。某メーカーが2017年中に発売するのではないかとの噂もありましたが、どうも2018年にずれこみそうです。

充電式になれば、防水機能もアップしますので、防水型の充電式耳あな型補聴器も登場するかもしれません。

 

2.全てのスマホ・タブレットに直接つながる補聴器

先日のブログ記事でも紹介しましたが、Googleが Bluetooth対応 補聴器のために G.722 コーデックのサポートを Android に実装する見通しです。

既に一部メーカーでもBluetoothであらゆるスマホ・タブレットに繋げることが出来る製品を開発したみたいです。

どうも、2018年はスマホと補聴器の本格的な融合が始まる年になりそうです。

 

3.自声の問題を解消した補聴器

これも既に某メーカーから2018年の1月に発売開始されますが、他メーカーも追随しそうな補聴器です。

今まで、自分の声の問題で補聴器を使えなかった方が補聴器を使えるようになれば、補聴器市場全体にとって朗報になりそうですね。

 

 

追伸:上記内容はあくまで個人的に予想している内容であり、必ずしも実現するかの確証はありませんのでご了承ください。

 

カラフルな耳あな型補聴器が人気です!

補聴器と言えば、とにかく「地味」「隠したい」「年寄じみた」など一般的なイメージとしては決して良くはありません。

しかし、最近では「カッコいい」「おしゃれ」「カラフル」など新しいタイプの補聴器が増えてきました。

 

そんな中で、今回は「カラフルな耳あな型補聴器」を紹介したいと思います。

 

通常、耳あな型補聴器の色は肌の色「ベージュ」です。

肌の色で目立たないのはいいのですが、

「どちらが右か左か分かりにくい。」

「もう少し明るいオシャレな色は無いのか?」

などの声もあり、シェル(耳の中に入る部分)については、赤や青のカラーが選べるメーカーも増えてきました。

 

そんな中でシーメンス・シグニア補聴器の耳あな型補聴器はシェルの色が8色、フェイスプレート(外側に来る部分)が5色選ぶことが出来ます。

どんな色と組み合わせがあるかは以下の通りです。

耳あなカラー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスプレート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の好きな色を選べるのはオシャレですね。

アクセサリー感覚で補聴器を身に着ける時代もくるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

防水仕様耳あな型補聴器

最近の補聴器は防水タイプが増えてきましたが、その殆どは耳かけ型補聴器です。

当店取り扱いメーカーの中ではシーメンス・シグニア補聴器が耳あな型でも防水タイプがあります。

もちろん器種は限定されますが、オプションとして「アクアプロテクト」(¥6,000 一台につき)を付ければ汗・水・湿気に強いIP57対応の防水補聴器になります。

アクアプロテクト

 

 

 

 

 

対象器種はprimax 7px、5px、3pxシリーズのCIC、CIC312以外の器種になります。

仮にprimax 3pxシリーズで作成するとしたら、片耳代金270,000円にプラス6,000円の合計276,000円から作成できます。

水に濡れる場面がある方

埃の多い環境で使用する方

野外でのスポーツをする方

などには防水仕様の耳あな型補聴器をお勧めします。

 

 

 

 

どうしても耳あな型補聴器で試聴・貸出したい方へ

通常、補聴器を試聴・貸出する際には、耳かけ型補聴器を使用します。

耳あな型補聴器はオーダーメイドになるので、通常は試聴・貸出出来ません。ですので、耳あな型補聴器を希望しても、あくまで試聴・貸出は耳かけ型補聴器で行うことになります。

しかし、シーメンス・シグニア補聴器の場合は、耳あな型補聴器での試聴・貸出が出来ます!

形状は以下の通りです。

耳あな型補聴器デモ器

 

 

 

いずれも、耳あな型補聴器(既製品)です。

但し、販売用のオーダーメイド補聴器とは形状は異なります。また、実際に作成する耳あな型補聴器とは装用感は異なりますが、耳あな型補聴器としての聞こえは十分体験できます。

聴力や耳あなの形状で使える器種も異なりますが、大まかには

CIC・MCを希望の方は、Silkプライマックス

CTを希望の方は、インシオプライマックス

COOLを希望の方は、インシオクールプライマックス

でお試しください。

 

シーメンス・シグニア補聴器での試聴・貸出を希望される場合は、以下の条件があります。

1.1週間以上の貸出は出来ません。

2.試聴希望器種をご自身で指定される場合は、貸出料を3,000円ご負担いただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

最安値耳あな型補聴器

オーダーメイドの耳あな型補聴器は、通常1台10万円以上が相場です。耳かけ型補聴器に比べて手間がかかるのでどうしても割高になりがちです。

しかし、1台7万円台で購入できる最安値耳あな型補聴器もあります。

それは、フォナック タオ Q15です。

フォナック タオ

 

この補聴器は「フォナック補聴器 総合カタログ」には掲載されていません。ですので、普通は存在自体を知らないと思います。

販売店の方が、予算的に厳しい方に提案しない限り出てきません。

基本的な性能である、ノイズブロックとホイッスルブロックは搭載されています。また、固定型にはなりますが、指向性機能もあります。しかも、Tコイルも標準装備されています。

それでいて、価格は1台 73,500円(両耳セットの場合)です。基本性能だけに絞って価格を抑えた「フォナック タオ Q15」はまさに「最安値耳あな型補聴器」言えるでしょう。

 

補聴器の納期はどれくらいかかるのですか?

先日こんな内容の電話をいただきました。

「某補聴器店にて現在貸出をしてもらっている。気に入ったので補聴器の注文をしたのですが、納品に1週間もかかると言われた。耳かけ型なので直ぐに納品してもらえると思っていたが、そんなに時間のかかるものなのか?」

との内容でした。

当店の顧客ではない方でしたので、どこの販売店でどのような内容で注文したのかは不明ですが、耳かけ型補聴器で納期が1週間は確かに長いとは思います。

 

そこで、同じような疑問をお持ちの方も多いかと思い、当店での補聴器納期をまとめたいと思います。

 

まず、耳かけ型の場合は、最速で翌日納品は可能です。但し注文時間によってはもう1日必要です。また、訪問する時間によっても納期は変わって来ます。通常は土日祝日を除いて2~3日必要です。(イヤモールドが必要な場合は1週間程度かかります。)

次に耳あな型ですが、インプレッション採取後7~10日程度かかります。

また、補聴器の修理は1週間程度かかります。

いずれにしても、補聴器の納品にはある程度の時間は必要になりますので、余裕を持った発注をお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

最近の耳あな型補聴器はとてもカラフルでオシャレです

未だに「補聴器」と言うと、

「ダサい」

「かっこ悪い」

「目立つ」

など、マイナスのイメージをお持ちの方が多いかと思います。

しかし、最近の補聴器のトレンドとしては、

カラフル

オシャレ

見せる

が挙げられます。

特に比較的若い世代の方にお勧めしたいのはカラフルな補聴器です。

今回は、シーメンス・シグニア補聴器の耳あな型「インシオ Insio」シリーズのカラーについて説明します。

まず、このシリーズはシェル(耳の中に入る部分)とフェイスプレート(外側の見える部分)でそれぞれ好きな色が選べます。

シェルの色

通常の耳あな型補聴器ですと、色はベージュが殆どです。しかしこのシリーズはシェルが12色の中から自分の好きな色が選べます。

また、フェイスプレートの色は以下の通りです。

フェイスプレートの色

補聴器のサイズで選べる色は異なりますが、最高で3色から自分の好きな色が選べます。通常はベージュを選びますが、CICやMCはブラックが人気です。黒色は耳穴のように見えるからです。

もちろん、耳かけ型補聴器もカラフルになっていますが、今回は意外と知られていない耳あな型のカラーについてのみ説明しました。

 

 

 

耳垢ガードもいろいろあります

本日6月6日は「補聴器の日」ですが、耳あな型補聴器のユーザーに向けた話題を提供したいと思います。

耳あな型補聴器のユーザーでしたら、ご存知とは思いますが、耳垢対策は非常に大切です。よくあるのが、補聴器の音孔に耳垢が詰まって聞こえないとか聞こえにくいという現象です。

耳垢掃除の為に販売店に通っている方も多いかと思いますが、一度ご自身の補聴器の耳垢ガードの形状と特徴について確認してみて下さい。注文の時には販売店にお任せで注文されているかと思いますが、耳垢関連のトラブルが多い場合は耳垢ガードがユーザーにあっていない場合もあります。

主な耳垢ガードは、以下の通りです。

耳垢ガード

・セルストップ

通常はこのタイプになります。耳垢が少なく乾いている方に向いています。耳垢ガードの交換が容易なタイプです。

・HF-3

耳垢が多い方に向いています。フィルタ部分が広いので耳垢が詰まりにくいです。

・開閉式

耳垢が湿っている方や手先が不器用で交換が難しい方に向いています。フィルタ交換が不要でお手入れが簡単に出来ます。

・ベル形状

外耳道が細く耳垢ガードが取り付けられない方に向いています。音孔にスポンジを入れるので定期的なスポンジ交換が必要です。

・ベルトップ

耳垢が柔らかい方や耳だれのある方に向いています。音孔にはワックスコイルが入っていて耳垢の進入を防いでくれます。

 

ご自身の補聴器の形状はどれでしたでしょうか。

お耳の特徴に合致していましたでしょうか。

 

時々、他店購入の補聴器を調整する際に、明らかにユーザーの耳の状態に合致しない耳垢ガードが使用されているケースがあります。

耳垢ガード部分だけの変更は出来ませんので、最初の選択はとても大事になります。次回耳あな型補聴器の買換えをする際には、希望する耳垢ガードを伝えてみてはいかがでしょうか。

 

耳あな型補聴器のこもり対策について

耳あな型補聴器(イヤモールド使用の耳かけ型補聴器も含む)で、咀嚼音が気になるとか自分の声がこもるなどユーザーから言われることはよくあります。

物理的に耳穴を補聴器が塞いでいるので、完全にこもり感が無くなるものではありませんが、こもり感の原因は大きく分けて2つあります。

1.シェル(型)

補聴器を電源を切った状態で装用し、大きめの声を出してこもり感が気になる場合は、まずシェルが原因です。シェルを再作するか、ベント(空気穴)のサイズを大きくするかをお勧めします。

2.利得(特に低音域)

補聴器を電源を切った状態で装用し、大きめの声を出してもこもり感が気にならなければ、利得の問題です。こもり感が気にならなくなるまで、低音域の利得を下げてみることをお勧めします。

こもり感の原因は何なのかを判断するのに、調整する側が知識や経験が不足しているといつまで経っても改善しないケースがあります。最近の補聴器調整ソフトはかなり性能的には良くなっていますが、やはり調整する側の力量がフィッティングでは問われますね。

耳あな型補聴器をこもりにくくするスラッシュベント

ジーエヌリサウンドの耳あな型補聴器でこもり感を軽減する「スラッシュベント」が8月より採用されましたが、とても好評です。

ですが、「スラッシュベント」とは一体何?との疑問をお持ちの方も多いかと思いますので、簡単に説明します。

スラッシュベント

まず、耳あな型補聴器の場合、通常ですと通気やこもり軽減の為ベント(穴)が開けられています。普通のホールベントに比べて長さを50%カットしたのが「スラッシュベント」です。

短いベントが音をより多く外に逃がすのでこもりにくくなります。

「こもり感」や「閉塞感」は、外耳道がシェルで塞がれることにより低音が外に逃げずにより多く鼓膜面に到達することで生じます。ですが、スラッシュベント加工をすることで、今までは耳あな型補聴器が不適応と言われた方でも使用いただけるようになりました。

従来ですと、当店取扱メーカーでは、シーメンス補聴器のCOOLがこもりにくい耳あな型でしたが、これからは選択の幅が広がりました。

 

閉塞感が苦手な方

初めて耳あな型を使う経度難聴の方

などにお勧めは「スラッシュベント」のジーエヌリサウンドですね。