乾燥ケースの乾燥剤

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

補聴器は基本的に水分に弱いので、使用しない時は出来るだけ乾燥ケースに入れて乾燥する必要があります。

しかし、肝心の乾燥剤が古くて乾燥ケースに入れても殆ど乾燥が出来ていないケースがよくあります。

乾燥剤の交換の目安は2~3ヶ月です。また、シリカゲルを使用の場合は青色の粒が赤っぽくなったら交換が必要です。

最近ですと100円均一の店などで手軽に乾燥剤も入手出来ます。お菓子や海苔等で使っている乾燥剤も流用は出来ますが、1ヶ月程度で交換するようにして下さい。

しっかり乾燥させることは補聴器を長く使う上で一番大切なお手入れですので、乾燥を常に意識するようにしてみてください。

当店では定期点検の際には、乾燥剤の確認も致します。

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

数式を完成してコメントしてください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.