加齢にともなう難聴

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

誰でも20歳をピークに、年齢とともに加齢による難聴が出てきます。

もちろん個人差が非常に大きく、高齢になってもよく聞こえる人もいます。

加齢による難聴は一般的に

高音域から聞こえが悪くなってくる

左右が同じように悪くなる

言葉の聞き取りが悪い

と言う特徴があります。

加齢による難聴の場合、聴力検査による音の聞こえ以上に言葉の聞き取りが悪くなっていて、「音は聞こえるが何を言っているのか分からない」ということがよくあります。さらに、音という情報を処理する脳の速度が遅くなってきていることも一因です。

この加齢による難聴は、難聴の原因で一番多いのですが、残念ながら治療で治すことは出来ません。現在の科学技術においては現状補聴器で聴覚を補助するのが唯一の選択肢となります。

加齢とともに老眼鏡を使う方は多いのですが、補聴器を使う方はまだまだ少ないのが現状です。補聴器に対する抵抗が社会全体でなくなってくるといいですね。

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

数式を完成してコメントしてください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.