高齢者人口が過去最多に

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

総務省の発表によりますと、9月15日時点の推計人口において65歳以上の高齢者人口は3,296万人で過去最多となりました。日本の総人口(1億2,707万人)に占める高齢者の割合も25.9%(前年比0.9ポイント増)と過去最高を更新しました。また、国立社会保障・人口問題研究所の予測では、65歳以上の高齢者の割合は2024年には30%を越え、2035年には33.4%になるとのことです。

以上のことから、高齢化社会が急速に進んでいることが明確となり補聴器業界にとっても明るい材料となっています。

しかし、以前から言われていることですが、高齢者数の伸びに対して補聴器の販売台数の伸びはまだまだ不十分です。

これはいろいろな要因があるかと思いますが、やはり補聴器を使用することにまだまだ抵抗のある方が多いのが一因かと思われます。

オシャレな補聴器見えない補聴器が登場して昔に比べれば補聴器のイメージは変わってきてはいますが、まだまだ補聴器の啓蒙活動は不十分でいろいろな誤解を招いています。

通信販売での補聴器や専門店以外での補聴器の販売など一般消費者にとって「本当の補聴器」を誤解する流通形態も改善されるべきところです。

今日は「敬老の日」ですが、改めて「補聴器」を見つめ直す機会になればと店主は考えます。

 

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

数式を完成してコメントしてください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.