今の時期は特に湿気に注意しましょう

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

まだ梅雨明けしない7月ですが、例年この時期は補聴器の故障が発生しやすい時期になります。梅雨は湿気ですし、梅雨明けは暑さから汗をかきますので、いずれにしても当分の間は「湿気」に注意が必要です。

補聴器は精密機器ですから、湿気には弱いです。分かってはいらっしゃると思うのですが、湿気対策が不十分な方が多いのが現状です。

「補聴器を外したら、そのまま置いているだけ。」

「乾燥ケースは使ったことが無い。」

「乾燥剤は換えたことが無い。」

そんな方が意外と多いのです。

 

乾燥をしっかりしないと、補聴器自体の劣化が進みますし、補聴器の音が小さくなります。故障の場合は保障期間を過ぎますと、それなりの修理代も発生しますので面倒ですが、

「補聴器を使わないときは必ず乾燥ケースに保管する。」

「乾燥ケースの乾燥剤は定期的に交換する。」

をぜひ実践してみて下さい。

 

もちろんしっかり乾燥しているけど、補聴器の調子が悪い場合は、早めに販売店にご相談下さい。

 

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]