介護が必要な方には補聴器出張訪問サービスが喜ばれています

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

本人以外の方の補助無しで生活できる年齢は健康寿命と言われていますが、一般的に健康寿命からその人の寿命までは10年程度と言われています。つまり、平均すると誰でも10年程度の介護が必要な時期があることになります。

介護が必要で且つ難聴の方にとって「補聴器」の使用において困ることは一体何でしょうか?

まず、補聴器を購入する際に「補聴器販売店」に行くのですが、近くにお店が無ければ歩いて行けません。そこで、車やタクシーを使用しますが、介助者が必要になります。また、お店に着いても混んでいると待たなければなりません。

補聴器を購入した後も、調整や点検でお店に行くのですが、やはり同じ問題が生じます。

「タクシーで行ったら、往復で○○○○円もした。」

「介助者や家族に負担をかけて申し訳ない。」

「店が忙しそうで、早めに切り上げて帰ってしまった。」

「他の人の手前、あまり言いたいことが言えなかった。」

などの問題があります。

 

それでは、「補聴器出張訪問」での違いは何でしょうか。

「家や介護施設に来てくれるので、交通費や介助者の負担はありません。」

「普段の環境で落ち着いて診てもらえる。」

「暑さ・寒さに関係なく補聴器を自宅で調整してもらえる。」

などのメリットがあります。

 

実際に「出張訪問サービス」を利用されるお客様は、

介護が必要

介護施設に入居している

車椅子を使っている

近くに補聴器専門店が無い

などに該当されている方が多いです。

 

もちろん店に行くことに全く問題ない方は別として、そうで無い方はぜひ「出張訪問サービス」を利用してみてはいかがでしょうか。

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]