補聴器は雑音が多い?

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

明日3月3日は「耳の日」です。「ひな祭り」がメジャーですが、補聴器業界ではとにかく「耳の日」を少しでも盛り上げようといろいろなイベントや企画を行っています。そんな時期ですので普段より補聴器に関する情報や広告をよく見かけますが、よく言われるのが「補聴器は雑音が多い」とのご意見です。

よくあるのが、人から伝え聞いて「○○さんが補聴器を買ったけど、雑音が多くて全然使っていない。」という話です。よくよく話を聞くと実は「補聴器」ではなく「集音器」だったり、通信販売で購入した製品の事だったりします。しかし、一般の人にとって「補聴器」と「集音器」の識別はまだまだ難しいかと思います。

確かに昔の補聴器は雑音が多かったかもしれません。しかし、最近の補聴器は雑音に関してはかなり改善されています。昔のイメージで「雑音が多い」とのご意見は間違いです。

一口に「雑音」と言ってもいろいろな意味合いがあります。よくあるのが「会話と関係ない音」が「雑音」と言う方がいます。この場合の「雑音」は補聴器では改善しません。なぜならば、補聴器は会話と関係ない音を消す機能は付いていません。会話以外の音が消えるのは、現実ではありえないことです。補聴器は雑音を抑制しますが、雑音を消し去る訳ではないのです。周囲の音を消して会話だけ耳に届ける補聴器は存在しません。

それと、補聴器は高性能で高額の機種ほど「雑音」は少なくなります。それがお値段の差です。低価格で高性能の補聴器はありません。ですから、購入の際にはどのような場面でどのような使い方をするかをしっかり考えないと後で後悔するケースがあります。

今回は「雑音」についてコメントしましたが、「雑音」に関しては個別に対応すべき部分もありますので、あくまで概論としてお考えください。

 

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]