認知症と難聴の関係が明らかになりました

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

厚生労働省の発表(2015年1月)によりますと

難聴になると認知症のリスクが高くなる

そうです。

現在の日本の認知症患者は約462万人(2012年時点)で、高齢者の4人に一人が認知症もしくはその予備軍と言われています。これが、2025年の見込みではなんと患者数は700万人を越えるそうです。

では、なぜ難聴になると認知症のリスクは高くなるのでしょうか?

まず、人間の聴力は30歳くらいから徐々に低下し、60代からは聴覚の老化がさらに進むと言われています。

しかし、加齢による聴覚の老化は徐々に進行する為、本人も気付かないまま対応が遅れることが多いのが現状です。

また、難聴は周囲から分かりにくい障害なので、周りの方から理解されにくいこともあります。

「テレビの音が大きいから、一緒にテレビを見ない。」

「話しかけても返事が無いので、余計な話はしない。」

「同じ事を繰り返し尋ねられて、うっとおしい。」

などと、難聴に対する理解が無いことで、人間関係が徐々に悪化してきます。

また、本人も聴力が衰えることで、次第に会話が困難になってきます。

何度も聞き返したり、聞き間違えたり、気がつかなかったりすることが続くと、次第に自信が無くなり、何事に対しても後ろ向きで消極的になってきます。また、必要以上に脳に余分な負担がかかり、脳にダメージを与えるケースもでてきます。

耳で聞いて理解することが大きな負担になると、家族や友人との交流が次第に無くなり、精神的に低迷して、認知症に繋がっていくリスクが高くなります。

ですから、認知症になる前にぜひ補聴器の早期装用を検討してみて下さい。

 

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]