汗や湿気に強い補聴器

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

今年は猛暑になるとの予報ですが、既に暑い日が続いています。

例年暑い日が続くと、

「補聴器が壊れた。」

「補聴器の音が途切れてくる。」

など、補聴器に関するトラブルが増えてきます。

 

最近の補聴器は「撥水」「防水」機能が付いている機種が増えてきましたが、今回はジーエヌリサウンドを例に「撥水」について説明したいと思います。

まず、ジーエヌリサウンドの補聴器は耳かけ型・耳あな型全器種がナノテックコーティングされています。

ナノテックコーティングとは、プラズマ処理でイオン化させたフッ素樹脂の化学結合によるコーティングで、水滴をはじき、汚れもつきにくくなります。

また、補聴器の内部もコーティングされていますので、部品も水や汚れから保護します。

参考までに、コーティングがある・なしの比較写真があります。

ナノテックコーティング

確かにコーティングありは錆が発生していません。

修理保証が切れると高額な修理代がかかることがありますが、ナノテックコーティングがあれば安心ですね。

また、メーカーでの修理率も格段に改善しています。

参考までに、ナノテックコーティングが無い時とある時での修理率のデータがあります。

修理率

ナノテックコーティングが無い時代は夏場に修理が急増していましたが、ナノテックコーティング導入後は、年間での修理率の変動はほぼ無くなりました。夏場は以前と比べると、なんと修理率が95%も減少したそうです。

ナノテックコーティングがあればこんな場合でも安心ですね。

・じめじめした季節

・突然の雨

・汗をかいた時

・水に落とした

・お茶や水をこぼした

など

 

新しく補聴器を選ぶ際には、「汗や湿気に強い」が一つの大きなポイントになりそうですね。

 

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]