高度難聴で小型耳あな型補聴器を

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

先日高度難聴の方から、「耳あな型補聴器を使いたいが、小型の補聴器は使えますか?」とのご質問を頂きました。

基本的に高度難聴の方の場合、耳かけ型補聴器を使われるケースが多いのですが、見た目や装用感の問題で耳あな型補聴器を使いたい方も多くいらっしゃいます。

そこで、今回は高度難聴の方でも使える小型耳あな型補聴器について説明したいと思います。

まず、耳あな型補聴器のタイプは以下の通りです。

image5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番小型はIICタイプになるのですが、軽度・中度難聴までとなります。

次にCICタイプですが、軽度~重度難聴まで使えます。但し、機種が限定されます。

当店取扱メーカーの場合ですと

ジーエヌリサウンド リサウンド・リンクス2シリーズとリサウンド・エンヤシリーズ

ウルトラパワーレシーバ使用で重度難聴まで ハイパワーレシーバ使用で高度難聴まで

となります。

また、CICタイプより若干大きくなるマイクロカナルタイプですと、

シーメンス・シグニア補聴器 インシオ px/bx/miシリーズ ハイパワーレシーバ使用で高度難聴まで

ニトロシリーズ 重度難聴まで

フォナック バートV SPレシーバ使用で高度難聴まで

となります。

カナル・フルシェルタイプですと、各種高度・重度難聴対応機種がありますので選択の幅が広くなります。

 

小型耳あな型補聴器は目立ちにくいのはいいのですが、小型化するために機能が限定されたり、ワイヤレス非対応になったり機能面では見劣りする部分もあります。

あくまで、何を優先するかで小型補聴器を選択するようにしてみてはいかがでしょうか。

 

 

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]