補聴器が役立つ場面

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

人それぞれ難聴の程度やライフスタイル・年齢・職業など異なりますので、全ての方に共通の「補聴器が役立つ場面」はありませんが、代表的な「補聴器が役立つ場面」を挙げてみたいと思います。

 

1.家の中

ご家族の方から大声で言われて初めて気が付くことはありませんか?

家族の方の言っていることが分かりますか?

「テレビの音が大きい!」と言われませんか?

補聴器を使って聞こえやすくすれば、ご自身だけでなく家族も助かりますね。

 

2.バスや電車の中

車内のアナウンスは聞き取れますか?

次の駅はどこか分かりますか?

電車が来ない場合の案内は分かりますか?

今の補聴器は雑音や騒音を抑えて聞き取り易くする機能がありますので、便利ですよ。

 

3.会合・会議

会議や会合で何を言っているか分かりますか?

他の人の声で肝心な相手の声が聞き取れますか?

周囲の騒音を抑え、目の前の相手の声を聞きやすくする補聴器の機能を活用すればかなり助かります。

 

4.買い物

店員さんとのやり取りはスムーズに出来ていますか?

周りが騒がしいと何を言っているか分かりますか?

小さな声でも聞き取りやすい大きさにしてくれる補聴器があると便利ですね。

 

5.旅行

ガイドさんの説明や集合の案内は聞き取れていますか?

一緒に旅行している方との会話は楽しめていますか?

聞こえにくいままですと、せっかくの旅行も楽しくないですね。

こんな動画もあります。

https://youtu.be/ao0zLEMyWas

 

6.病室

周りの方に気を使った小声は分かりますか?

大切な治療の説明や薬の飲み方は、正しく聞き取れますか?

補聴器で聞き取り易いと、病院でも気疲れしませんね。

 

以上が、代表的な補聴器が役立つ場面です。

 

 

 

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

2018年6月20日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 玉腰