ブログ

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

大阪補聴器センター吹田店 店主 玉腰のブログです。

補聴器や聞こえの最新情報や役に立つコラムなどを提供しています。

気になるキーワードがありましたら、「サイト内での検索」で検索していただけると関連記事が出てきます。

ご意見・ご感想は遠慮なく伝えていただければ幸いです。

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

ブログ一覧

Androidスマホとワイヤレスイヤホンで補聴器に?

Google では、聴覚障害のある方々を支援する機能を Android に搭載しています。今回店主が注目しているのは、音声増幅です。

まず、音声増幅とは、Android デバイスのヘッドフォンからの音声を増幅させ、ノイズを除去して聞き取りやすくするサービスのことです。

Android デバイスで音声増幅を使用すると、周囲の状況に合わせて音声が増幅され、ノイズが除去されます。

音声増幅を使い始めるには、従来は有線ヘッドフォンのみの対応でしたが、今回新たにワイヤレスイヤホンも対象になりました。

ですので、Bluetooth のワイヤレスイヤホンを接続し、スマホをテレビや講演者などの音源に近づけることで、音声をより明瞭に聞くことができます。

補聴器では、ワイヤレス機能が付いた補聴器で使えた機能がスマホとワイヤレスイヤホンで体験できますので、とても便利な機能だと思います。

音声増幅により、音声が明瞭になり、聞き取りやすくなることを体験したうえで、補聴器の装用を検討してみるのもいいかとは思います。

なぜロジャーが補聴器の限界を解決するのか

まず、補聴器は、聞き手の1.5m以内に話し手がいる場合で、且つ騒音が一定レベル以下であれば、最も威力を発揮します。

しかし、昨今の新型コロナウイルス感染症の感染予防を目指す新しい生活様式では、ソーシャル・ディスタンスが求められ、話し手との距離が1.5m以上必要になるケースが増えてきました。

また、騒音が多い環境や複数の話し手がいる場合などに、補聴器だけでのきこえに限界を感じる方も多いかと思います。

実際、補聴器ユーザーの31%の人がきこえの限界を感じているとのデータもあります。

そんな補聴器の限界を解決したい方におすすめなのがフォナック補聴器のロジャー(roger)です。

まず、ロジャーとは、騒音化や離れた距離の言葉、グループでの会話の理解を改善するために話し手の声を直接聞き手の補聴器にロジャー受信機を通してワイヤレスで届けるデジタル適応型マイクロホン技術です。

このロジャーを使うことで、

大きな騒音化でのグループの会話が、補聴器だけを使用している場合と比較して、言葉の理解が最大61%改善した。

ロジャーユーザーの90%が知人や家族にロジャーを推薦している。

などのお声があります。

また、フォナック補聴器のフォナック マーベルシリーズであれば、ロジャー受信機の機能がインストールされているので、

従来のロジャーに比べて

・補聴器のサイズが小さくなる

・省電力で長電池寿命

・より遠くの人の声をが届く

などのメリットがあります。

では、具体的にロジャーマイクロホンはどのような器種があるのでしょうか。代表的な2器種は以下の通りです。

ロジャーセレクト iN


会議などで便利です。マルチビームテクノロジーで集音する方向が自動で切り替わるので聞きたい言葉に集中してくれます。

ロジャーペン iN

外出に便利です。オートマチック機能で周囲の雑音レベルを検知して自動で音量を調節してくれます。

補聴器だけではどうも…

と言う方は、補聴器にロジャーをプラスすれば、より楽しい毎日になるかとは思います。

ロジャーを試してみたい方は、事前予約が必要ですので当店までお問い合わせください。

フォナック バート マーベルはここが凄い!

2020年5月20日に発売のフォナック補聴器の耳あな型補聴器「バート マーベル」は注目の逸品です。

全世界で200万台以上が出荷された「マーベル」シリーズの流れを汲み、耳あなタイプでの使用をご希望の方には待望の補聴器ではないでしょうか。

今回耳あなタイプは4タイプ発売ですが、機能の充実した「バート M-312」に特化してその特徴を説明します。

バート M-312

1.ハンズフリー通話

スマホと直接つながる補聴器が増えてはいますが、自分の声はスマホのマイクで伝える仕組みなので、通話の際にはスマホを口元に持ってくる必要が今まではありました。

ですが、バート M-312は補聴器のマイクで自分の声を拾うことが出来るので、ハンズフリーでの通話が出来ます。

しかも、iPhoneとAndroidいずれのスマホでもBluetoothでペアリングして使用できます。

外見も、ブラックにすれば、ワイヤレスイヤホンにしか見えません。

2.ロジャーに直接つながる

例えば、離れた場所の声や複数の人が同時に話す場合に、補聴器だけでは聞き取りにくい場合があります。

そんな時に便利なのが、デジタルワイヤレス補聴援助システムのロジャーです。

こんな機器を使用します。

しかし、従来の耳あな型補聴器の場合は外部受信機を用意して使用する必要がありましたが、バート M-312なら直接受信することが出来ます。今までより簡単に快適にロジャーを使用して職場やプライベートでの聞き取りを改善できます。

3.テレビコネクターDと繋がる

テレビコネクターDはテレビの音声を直接伝えるワイヤレス機器です。

こちらも直接つながりますので、好きなテレビ番組や映画をステレオのいい音で聞いてもらえます。

以上のことから、一言でバート M-312の特徴を言えば、

「補聴器とワイヤレスイヤホンの融合」

と言えるのではないでしょうか。

フォナック バート マーベル カタログ

フォナック バート マーベルの価格

2020年5月20日に発売の「フォナック バート マーベル」の価格は以下の通りです。

バート M-チタン

プレミアムクラス 片耳 575,000円

アドバンスクラス 片耳 405,000円

バート M-312

プレミアムクラス 片耳 570,000円

アドバンスクラス 片耳 400,000円

スタンダードクラス 片耳 310,000円

エッセンシャルクラス 片耳 218,000円

バート M-10 NW O

バート M-312 NW O

プレミアムクラス 片耳 555,000円

アドバンスクラス 片耳 385,000円

スタンダードクラス 片耳 295,000円

エッセンシャルクラス 片耳 198,000円

個別の特徴や機能などにつきましては、後日ブログ記事として掲載します。

フォナック バート マーベル カタログ

新しい生活様式は難聴者にとって困った生活様式です

2020年5月4日に専門家会議の提言で、新たな新型コロナウイルス感染者の数が限定的となった地域では再び感染が拡大しないよう長丁場に備えて「新しい生活様式」に切り替える必要があるとして具体的な実践例が示されました。

しかし、この新しい生活様式は難聴の方にとっては、困った生活様式です。

まずは身体的距離の確保ですが、

2m離れての会話は、難聴の方にとっては聞き取りにくい距離です。聞こえやすくなるように近づくことは感染のリスクが高くなるので出来ません。補聴器をご使用の方にとっても聞き取りにくい距離ですので、相手にワイヤレスマイク等を装用してもらっての会話も一手段として推奨します。

詳しくは当店ブログ記事「ソーシャル・ディスタンスと難聴(補聴器)」をご参照下さい。

真正面を避けた会話も困ります。相手の口元が見えませんし、一側性難聴の方ですと聞こえない側から話しかけられて全然聞き取れない場合もあります。一側性難聴の方でしたら、CROS補聴システムを検討するのもいいでしょう。

マスクの着用も聞き取りの面では困ったことです。口元が見えない上に言葉の明瞭度も低下しますから、難聴の方にとってマスク着用が当然の社会はかなり困ったことになります。また、耳かけ型補聴器をご使用の方には、補聴器がマスクの邪魔になることや、補聴器の落下のリスクが高くなることが問題となります。

これに関しましては当店ブログ「マスクと補聴器」をご参照下さい。

また、仕事をされている方ですと、テレワークやオンライン会議なども難聴の方にとって厳しい仕事スタイルです。

テレワークの際に、相手の声がどうやっても聞き取りにくい場合があります。一人での使用であれば何とかなりますが、複数で会議状態でオンライン会議など行う際には本当に困ります。

現在補聴器をご使用の方でしたら、フォナック補聴器のロジャーを使用することで改善する場合もありますので、詳しくはフォナック補聴器のサイト「新型ウイルスに負けるな!ロジャーを使って快適リモートワーク!【集団補聴編】」記事を参照ください。

いずれにしても、新しい生活様式は当面続ける必要がありますので、早めに新しい生活様式に対応できるよう心がける必要はあります。