ブログ

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

大阪補聴器センター吹田店 店主 玉腰のブログです。

補聴器や聞こえの最新情報や役に立つコラムなどを提供しています。

気になるキーワードがありましたら、「サイト内での検索」で検索していただけると関連記事が出てきます。

ご意見・ご感想は遠慮なく伝えていただければ幸いです。

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

ブログ一覧

リサウンド・リンクス クアトロはここが凄い!

今月新発売の「リサウンド・リンクス クアトロ」は従来のフラッグシップモデル「リサウンド・リンクス 3D」と比べて何が凄いのかを店主の個人的な見解にはなりますが、まとめたいと思います。

 

まず、形状ですが、今回は外耳道内レシーバ耳かけ型2器種となります。

充電式の61タイプ

 

resound quatro 61

RIE 61 Yin Yang Luxor

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電池交換式の62タイプ(PR48使用)

 

resound quatro 62

YinYang RIE 62 Product image RS

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

価格につきましては、以下の通りです。

リサウンド・リンクス クアトロ9

充電式 両耳 972,000円 片耳 564,000円

電池式 両耳 918,000円 片耳 510,000円

リサウンド・リンクス クアトロ7

充電式 両耳 648,000円 片耳 384,000円

電池式 両耳 594,000円 片耳 330,000円

リサウンド・リンクス クアトロ5

充電式 両耳 450,000円 片耳 274,000円

電池式 両耳 396,000円 片耳 220,000円

 

 

注目ポイント

 

1.表現豊かな音質

漠然とした表現でイメージが湧きにくいとは思いますが、以下の点が改善されています。

・大きな音の歪が少ない

・周波数帯域拡張でより深みのある音に

・より自然な音質

 

2.高機能

以下の機能が加わりました。

・両耳連動指向性Ⅲ 横や後方の聞き取りの改善(9クラスのみ)

・空間認識 より正確に音源の位置を把握(9クラスのみ)

・INR衝撃音抑制 補聴器の快適性の向上(5クラスには無し)

 

3.充電式

今回最も注目するポイントです。

充電器はこんな形状です。

resound quatro zyuu

 

 

非接触式で3時間充電で30時間補聴器の使用が可能です。

また、充電器自体に充電池が内蔵されていますので、充電器をフル充電すれば、3回補聴器をフル充電出来ます。つまり、気軽に充電器を持ち運び出来ますし、コンセントからの充電は週に1回で済みます。

 

以上が店主注目のリサウンド・リンクス クアトロの特徴です。試聴ご希望の方は事前にご予約をお願いします。

 

 

 

 

補聴器はすぐに慣れますか?

補聴器を初めて試す方に、よく「補聴器はすぐに慣れますか?」「補聴器ですぐに何でも聞こえますか?」

とご質問をいただきます。

個人差のある問題ではありますが、補聴器に慣れるにはある程度の時間は必要ですし、補聴器でなんでも聞こえる訳ではありません。

どうしてそうなのか・・・

以下の理由が考えられます。

 

1.必要な音と雑音の区別を脳がすぐに出来ない。

 

年齢とともに少しずつ聞こえにくくなった方の場合、音の少ない状態に脳が慣れています。

人間の脳は、いろいろな音の中で必要な音を選び出すことを無意識にしています。そこに補聴器を付けると、それまで聞こえていなかったいろいろな音が急に聞こえます。しかし、脳は最初のうちはどれが必要な音でどれが不要な音なのか直ぐには識別できません。

ある程度の時間が経過してくると、脳は不要な音を認識するようになりますから、その段階になれば、雑音を意識しにくくなってきます。

 

2.脳には言葉の内容の再学習が必要

 

人間の脳は、耳からの情報がどんな音(言葉)なのか音の成分から判断します。しかし、補聴器を通してそれまでより多くの情報が脳に入ってきますが、最初のうちはその情報を上手く利用できません。増えた情報を脳が有効に判断するようになるには時間を要します。

ある程度の経験を積むことで、脳が学習し、次第にそれまでよりも多くの手がかりを利用できるようになれば、より簡単に正確に音(言葉)を理解できるようになります。

 

3.最初の補聴器の調整は抑えめになっている

 

補聴器をつけて急に大きな音が聞こえると、うるさく感じたり使いたい意欲が減少したりします。そこで、まだ補聴器に慣れていない段階では、補聴器の増幅の度合いをやや抑え気味にしています。

そこで、ある程度補聴器の音に慣れてくると、音量が物足りない感じになってきます。その場合は、補聴器の調整で音量を上げることがよくあります。

 

以上のことから、補聴器には慣れが必要です。効果が無いと言ってすぐにあきらめないようにしましょう。

2018年9月26日 | カテゴリー : 未分類 | タグ : , | 投稿者 : 玉腰

2019年版よくわかる補聴器選び

八重洲出版の「2019年版 よくわかる補聴器選び」が先日発売され、店主も一読しました。

ちなみにこんな表紙です。

よくわかる補聴器選び

 

 

これから補聴器を考える人には最適な本です。難聴や補聴器についてや各メーカーの最新補聴器の解説など、とても分かりやすく書かれています。

また、補聴器を使用されていて買替を検討中の方にもお勧めです。最新の補聴器の機能や特徴が分かりやすく解説されています。

 

店主が個人的に注目したのは、最新の補聴器のトレンドです。

注目ポイントは、

1.スマホ対応の補聴器

2.補聴器とAIの連携

3.充電式補聴器

です。

 

詳細についてはこの書籍で読んでいただきたいので、割愛します。

 

 

 

 

人工知能(AI)を搭載した補聴器

某メーカーがアメリカで人工知能(AI)を搭載した補聴器を発売しました。

来年にも日本での発売が見込まれますが、こんな機能が新たに搭載されるそうです。

 

・位置情報で聴こえを調整

スマホの位置情報をもとに、聞こえを調整するそうです。どの程度の精度かは不明ですが、完全自動調整なら便利ですね。

 

・身体と脳の健康状態をモニター

活動や会話の頻度から、社会的な活動量を測るそうです。これは、従来の補聴器には無かった斬新な機能です。

モニターしたデータをどのように活用するかは不明ですが、一種の「見守りサービス」的な活用が出来れば便利です。

 

・言語翻訳機能

これも従来の補聴器には無かった斬新な機能です。スマートスピーカー(Alexa)の音声操作に連動して使えるそうですが、夢の通訳器に一歩近づきましたね。

 

いずれにしても、来年は本格的な人工知能補聴器の時代に突入しそうですね。

 

 

イメージ画像

Livio AI

 

 

 

スマホ画面で110番する

警察庁によりますと、スマートフォンの画面に触れるだけで110番通報できる専用のアプリを来年度から全国の警察で導入するそうです。

このアプリはスマートフォンの画面に触れるだけでその地域を管轄する警察本部の通信指令とつながり、「LINE」のようなチャット形式で警察官とやり取りすることができます。

また、現場や被害の状況などを写真で送ることが可能なうえ、GPS機能を使えば通報場所を警察が即座に把握することもできるということです。

ですので、今まで聴覚の問題で110番に通報できなかった方には朗報ですね。

また、119番通報や各メーカーの窓口などでも同様のアプリが採用されれば、より便利になりますね。