ブログ

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

大阪補聴器センター吹田店 店主 玉腰のブログです。

補聴器や聞こえの最新情報や役に立つコラムなどを提供しています。

気になるキーワードがありましたら、「サイト内での検索」で検索していただけると関連記事が出てきます。

ご意見・ご感想は遠慮なく伝えていただければ幸いです。

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

ブログ一覧

2018年はこんな補聴器が登場するかも?

2017年も間もなく終了しようとしていますが、2018年の補聴器はどのような動きがありそうなのか店主なりに検証してみたいと思います。

 

1.耳あな型充電式補聴器

2017年は充電式補聴器元年と言えるような年で、各メーカーから充電式補聴器が登場しました。ですが、全て耳かけ型で耳あな型(オーダーメイド)はありませんでした。(既製品耳あな型はP社が発売済)

2018年は恐らく非接触型の耳あな型充電式補聴器が登場するのではないかと店主は予想します。某メーカーが2017年中に発売するのではないかとの噂もありましたが、どうも2018年にずれこみそうです。

充電式になれば、防水機能もアップしますので、防水型の充電式耳あな型補聴器も登場するかもしれません。

 

2.全てのスマホ・タブレットに直接つながる補聴器

先日のブログ記事でも紹介しましたが、Googleが Bluetooth対応 補聴器のために G.722 コーデックのサポートを Android に実装する見通しです。

既に一部メーカーでもBluetoothであらゆるスマホ・タブレットに繋げることが出来る製品を開発したみたいです。

どうも、2018年はスマホと補聴器の本格的な融合が始まる年になりそうです。

 

3.自声の問題を解消した補聴器

これも既に某メーカーから2018年の1月に発売開始されますが、他メーカーも追随しそうな補聴器です。

今まで、自分の声の問題で補聴器を使えなかった方が補聴器を使えるようになれば、補聴器市場全体にとって朗報になりそうですね。

 

 

追伸:上記内容はあくまで個人的に予想している内容であり、必ずしも実現するかの確証はありませんのでご了承ください。

 

「ロボホン」が手話通訳してくれる?

ロボット型の携帯電話「ロボホン」が手話を読み取って文字や音声に通訳してくれる機能を開発したとの報道がありました。

具体的にはこんな形の携帯電話です。

ロボホン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「ロボホン」を使用すれば、手話が分からない人でも聴覚障害者とのコミュニケーションを取りやすくなりますし、手話の勉強にも役立ちます。

「ロボホン」のカメラで写した手話の動きを人工知能(AI)が分析し、携帯電話の画面に文字で表示したり、音声で伝えたりする仕組みだそうで、現在は「こんにちは」や「楽しい」など数十語しか認識できないレベルです。

今後、認識できる語彙を3千語程度まで増やし、日常生活でのやりとりができるようにするそうで、来年には実用化の見通しです。

いずれにしても、AIの活用で便利な生活は目の前ですね。

 

Androidスマホと補聴器が直接つながるには

現在のところ、iPhoneであれば補聴器と直接つながる器種は増えてきていますが、残念ながらAndroidスマホの場合は直接つながりません。

Androidスマホの場合は、中継器などの使用で補聴器から直接通話音声や音楽を聞くことは可能ですが、

「いちいち中継器も持ち歩くのは面倒!」

「音声が安定しない!」

などのお声はありました。

 

そこで、今回「Googleが Bluetooth対応 補聴器のために G.722 コーデックのサポートを Android に実装しようとしている」とのニュースが飛び込んできました。

まず、「G.722 」とは高品質なデジタル音声通話を提供する広帯域音声コーデックで、Bluetooth対応 補聴器の他にも、普通のヘッドセットや IP 電話、デジタル電話機などでも使われています。

また、今回の情報では G.722 コーデックのサポートだけではなく、Bluetooth 対応補聴器のためのプロファイルの開発にも取り組んでいるそうです。

噂では実際にサポートするは Android P になるとのことです。

 

もし、これらが実現されれば、Androidスマホでも補聴器に直接つながることが出来ます!

ぜひ一日でも早く実現されるといいですね。

 

 

自声が響いて補聴器が使えない方へ

最近の補聴器の人気の形状としては、耳あな型よりも耳かけ型(特にRICタイプ)が人気があります。

色々な要因はありますが、その中でもRICタイプはオープン(大きな空気穴がある耳栓)耳栓が使用でき装用感も楽ですし、自分の声も響きにくいことが特徴として挙げられます。

しかし、オープン耳栓を使用すると隙間から低音が抜けて自分の声の響きは楽になるのですが、低音域が十分に増幅できなく聞き取りの面では問題があります。

つまり、自分の声を楽にすると聞き取りが悪くなることがあります。

そんな中で、自分の声だけを低減して他の音声はそのまま増幅する新型補聴器が来年1月下旬に登場します。

その補聴器は、補聴器ユーザーの声を覚えて、装用している方の声は抑えて他の音は増幅してくれます。(業界初の特許だそうです。)

「自分の声が響くから、両耳には補聴器を付けられない!」

「軽度難聴なので、とにかく自分の声が聞こえすぎてうるさい!」

「自分の声が変に聞こえるから、補聴器は使いたくない!」

そんな方にはぜひお勧めしたいのが今回新発売になる新型補聴器です。

発売が楽しみですね。

 

カラフルな耳あな型補聴器が人気です!

補聴器と言えば、とにかく「地味」「隠したい」「年寄じみた」など一般的なイメージとしては決して良くはありません。

しかし、最近では「カッコいい」「おしゃれ」「カラフル」など新しいタイプの補聴器が増えてきました。

 

そんな中で、今回は「カラフルな耳あな型補聴器」を紹介したいと思います。

 

通常、耳あな型補聴器の色は肌の色「ベージュ」です。

肌の色で目立たないのはいいのですが、

「どちらが右か左か分かりにくい。」

「もう少し明るいオシャレな色は無いのか?」

などの声もあり、シェル(耳の中に入る部分)については、赤や青のカラーが選べるメーカーも増えてきました。

 

そんな中でシーメンス・シグニア補聴器の耳あな型補聴器はシェルの色が8色、フェイスプレート(外側に来る部分)が5色選ぶことが出来ます。

どんな色と組み合わせがあるかは以下の通りです。

耳あなカラー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスプレート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の好きな色を選べるのはオシャレですね。

アクセサリー感覚で補聴器を身に着ける時代もくるかもしれませんね。