離れた場所の声を聞くには

先日、FM補聴器やループシステムに関するご質問をいただきました。どちらもやや古いタイプの手法にはなるのですが、離れた場所の声を聞きやすくしてくれます。

しかしながら、離れた場所の声を聞く技術は日々進歩していますので、最新の手法を当店取り扱いメーカーで紹介したいと思います。

 

1.フォナック

ワイヤレス機器が充実しているメーカーです。離れた声を聞く手法としては、

・デジタルワイヤレス補聴援助システム(ロジャー)

・リモートマイク

があります。

デジタルワイヤレス補聴援助システムを使用するには、送信機と受信機が必要です。具体的に何を使用するかはお持ちの補聴器や使用目的で異なりますので、割愛します。

リモートマイクにつきましては、中継機としてコムパイロット又はコムパイロットエアが必要です。補聴器はワイヤレス対応のフォナック補聴器に限定されます。

 

2.リサウンド

マイクロマイク又はマルチマイクがあります。リサウンドの場合、中継機無しで直接聞けるのが特徴です。勿論使用できるのはワイヤレス対応のリサウンド補聴器に限定されます。

 

3.シーメンス・シグニア

ボイスリンクとイージーテックブーストを使用します。使用する補聴器はシーメンス・シグニア補聴器のリモコン対応器種になります。

 

以上のように、原則として使用しているメーカーと同じシステムを利用することになります。

ただし、フォナックのデジタルワイヤレス補聴援助システムだけは、受信機をユニバーサル(3ピン)タイプにしたりTコイルを使用すれば他のメーカーの補聴器でも使用可能です。また、補聴器不要のレシーバ内臓受信機もあります。

 

 

マイクロマイク使用者症例

昨日紹介しましたジーエヌリサウンドのマイクロマイクですが、

「どの程度効果があるの?」

「どんな人が使っているの?」

とのご質問を頂きました。

具体的な症例で再度説明したいと思います。

 

ユーザー情報

小学生のA君

3歳から耳かけ型補聴器を両耳で使用しています。

以前はFM対応の耳かけ型とFMシステムを学校で使用していました。

聴力はこんな感じです。

聴力

購入を考えた理由

使用中の補聴器とFM受信機のサイズが大きくて目立つので小型の補聴器を希望した。

 

購入機種

LS761

 

LS761-DRW両耳 425,000円

マイクロマイクマイクロマイク 37,800円

 

機種選定理由

・補聴器が小さく目立たない

・マイクロマイクが使えるワイヤレス対応補聴器

 

装用効果

FMでは明瞭度が75%であったのに対しマイクロマイクでは85%に改善し、10%の聴取率の改善が認められた。

 

購入を決めた理由

・補聴器自体の音質がいい

・マイクロマイクの音質がいいし、中継器が不要なので便利

・補聴器とマイクロマイクともに小さく目立たない

・マイクロマイク本体のボリュームも変更できるので便利

 

購入後の感想

・マイクロマイクをテレビの前に置くとテレビの聞き取り格段に良くなって嬉しかった。

・趣味のテレビゲームの音声も聞き取りやすくなったので、今まで以上にゲームを楽しめるようになった。

 

以上が症例になりますが、これからお喜びの声がありましたらまた紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

離れた声を聞き易くする方法

今回は補聴器ユーザーのみならず、難聴では無い健聴の方も含めて離れた声の聞き取りでお困りの方に提案します。

 

通常人の声は離れれば離れるほど聞き取りにくくなります。これは、全ての人に共通の問題です。

最近の補聴器はワイヤレス対応の機種も増えてきましたので、離れた声でお困りの方にはワイヤレスシステムの利用をお勧めします。

では、どのようなワイヤレスシステムがあるのでしょうか。

店主が個人的に推奨したいのは、ジーエヌリサウンドの「マイクロマイク」(税込 37,800円)です。

マイクロマイク

実際の大きさは5.3×2.5×2cmとかなり小型です。また、重さは僅か17gと軽量です。

使い方としては、話し手の胸元につけるか、テーブルに置くかして使います。ちなみに最大通信範囲は25mです。イメージとしては25mプールの両端同士の会話が聞こえるイメージになります。

テーブルに置いて使うイメージはこんな感じです。

テーブルマイク

テーブルの中央にマイクがありますから、周りに座っている全ての人の声が直接耳に届きます。

ジーエヌリサウンドのワイヤレス機能付き補聴器を使用の方でしたら、マイクロマイクが直ぐに使えます。

 

また、まだ補聴器はちょっと・・・とお考えだが、離れた声でお困りの方は補聴器をマイクロマイクの受信機として必要な時のみ装用することもいいとは思います。

例えばこんなケースが想定されます。

・広い会議場で声が聞き取れなく困っている

・テレビ会議の声が聞き取りにくいが自分だけ大きく聞こえるようになりたい

・講演会でしっかり聞きたい

・教室で講師の話が聞き取りにくい

などが挙げられます。

ちなみに一からワイヤレスシステムを使用する場合は

ジーエヌリサウンドのワイヤレス機能付き補聴器 120,000円から

マイクロマイク 37,800円

が必要となりますので、少なくとも16万円程度のコストがかかります。

マイクひとつで暮らしが変わるかもしれませんね。