充電式補聴器はどれがいいですか?

以前、「充電式補聴器はどれがいいのか」について述べましたが、各社新製品の発売もあり、以前の評価が陳腐化しました。

そこで、2018年12月現時点での当店取り扱いメーカーでの充電式補聴器の特徴(充電機能に限定)をまとめたいと思います。

1.リサウンド

リサウンド・リンクス クアトロ

resound quatro zyuu

非接触式なので、充電方法が簡単ですし、取り出せばすぐにそのままで使用できます。また、充電器本体に充電も出来るので1週間程度ならコンセントに差さなくても充電出来ます。現時点では充電に関しては一番の推奨補聴器です。

リサウンド・リンクス 3D

リサウンド・リンクス3D充電タイプ

充電器にしっかり差し込むタイプです。ですが、充電器から外せばそのままで使用できます。充電池の交換が簡単に出来ますし、万が一の充電忘れの際には、空気電池でも使用できます。充電池の寿命が短い点と防水面では見劣りします。

2.フォナック

ボレロ B-PR

オーデオ B-R

ナイーダ B-R RIC

3つのタイプで発売されていますが、充電器に関してはほぼ共通です。

フォナックの場合は、充電器から取り出しただけでは補聴器を使用出来ません。押しボタンでスイッチを入れる必要があります。この点が異なる点です。また、差し込み式なのでしっかり充電器に差し込む必要があります。但し、オプションで持ち運びに便利な予備用充電パックやコンパクト充電器もあります。

3.シグニア

ピュア チャージ & ゴー Nx

モーション チャージ & ゴー Nx

セリオン FL

3タイプありますが、充電器は共通です。

Motion Charge&Go Nx

非接触式なので、取り出して直ぐに使用できます。但し、充電器自体に充電することは出来ませんのでコンセントに必ず繋ぐ必要があります。

今回は充電器の機能に限定して各社の特徴の比較をしています。ですので、補聴器自体の性能の比較はしていません。ご了承下さい。

Phonak Audéo B-Rはいつ日本で発売となるのか?

昨日はシーメンス・シグニア補聴器の補聴器充電器について述べましたが、最新情報ではフォナックにも補聴器充電器があるそうです。

詳細は不明ですが、新製品「Phonak Audéo B-R」で使用できるみたいです。

関連動画

 

リチウムイオン電池を使用し、ケースに収納して充電するスタイルみたいです。

従来の電池ケースが無いので、隙間から水分や汚れが入り故障するリスクが少なくなるのでより安心して補聴器が使えると思います。

日本での発売が望まれますね。

個人的な予想ですが、来年は「本格的な充電式補聴器元年」になるのではと予想しています。

 

eChargerは日本で発売されるのか

eChargerとは、「シーメンス・シグニア補聴器の補聴器充電器」ですが、既にアメリカでは発売されています。

シグニア補聴器サイト(米国)はこちらです。

eCharger

 

 

使用方法を説明した動画です。

 

 

6時間充電すると補聴器が最高で18時間使用できるそうです。

今まで電池交換が自分で出来ないので補聴器の使用を躊躇っていた方や電池代が気になって補聴器を買わなかった方などにはお勧めの機器です。

細かいことですが電池代がかなり節約できそうです。

仮に、月に両耳で8個の電池を使う方の場合、年間で96個の電池を使用します。仮にこの方がその補聴器を5年間使用したとすると合計480個の電池が必要になります。

電池1パックを1,200円と仮定すると

480個÷6個=80パック 80パック×1,200円=96,000円

なんと10万円近くの節約になります。

安い補聴器でしたら本体代とほぼ同じです。

多少補聴器が高額になっても、使用コストが削減できれば十分に元が取れます。

エコで、且つ節約になる補聴器充電器の発売が望まれますね。