両耳装用の勧め

通常補聴器は両耳で装用するのが原則です。

しかし、日本では補聴器の両耳装用率は40%程度と言われています。(欧米では80%程度です)

金額面や装用感などの要因で片耳のみでの使用の方も多いとは思いますが、両耳装用には以下のメリットがあります。

・自然な聞こえ

・騒音下での聞き取り改善

・片耳装用に比べ音量を下げて使えるので疲れにくい

・音の方向感がわかる

などのメリットがあります。

店主が特に注目しているのは、「騒音下での聞き取り改善」です。

まず、以下のデータをご覧下さい。

両耳装用

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1対1であれば、レストランでも両耳装用者は健聴者とほぼ同じ満足度ですが、片耳装用者の場合は半分以下の満足度になります。

複数であれば、両耳装用者は健聴者より若干見劣りしますが、片耳装用者は3割程度の満足度になります。つまり、片耳装用では複数の会話が難しいとなります。

実際に補聴器を購入されている方をみると、「高機能な補聴器を両耳で使用されている方」の満足度は高いのですが、「基本性能の補聴器を片耳で使用されている方」の満足度は低くなります。

もちろん聴力や弁別などの問題で片耳でしか補聴器が使えない場合もありますが、出来れば予算内で両耳の補聴器を購入されることをお勧めします。

 

 

 

いかに顧客満足度を高めるべきか

大阪補聴器センターのポリシーとしては「顧客満足度を高める」が挙げられます。

販売店によっては顧客満足度より売上重視の店もありますが、顧客満足度を高めることで売上も上がってきます。また、顧客が満足すれば、知人や友人に紹介をいただけるようになりますし、いい口コミも増えてきます。

逆に、顧客が満足しないで不満ばかりとなると、当然紹介もありませんし、悪い口コミが増えてきます。そして、いずれは市場から退場せざるおえなくなります。

それでは顧客満足度を高めるポイントとして以下の内容をチェックしてみてはいかがでしょうか。

・信頼

お客様の要望やクレームに対し、店として責任を持って対応している。

お客様と信頼関係が築けている。

・迅速

お客様の要望やクレームに対して素早く対応している。

店や自分の都合よりもお客様の都合を優先して行動している。

・安心

補聴器の知識・技術が十分にある。

絶えず新しい情報や技術の情報を収集している。

・共感

お客様の立場に立って、適切な接客をしている。

笑顔と丁寧な接客をしている。

・外見

清潔感があり、整理整頓が出来ている。

 

全ての内容において「自信を持って出来ている」なら、顧客満足度は高いと言えます。「部分的に出来ている」とか「出来ていない」項目については改善が必要です。また、定期的に再点検することも必要です。

店主も顧客満足度の定期点検を行っていきます。