フォナック オーデオ ルミティの価格と特長

2022年11月9日にフォナック補聴器が発売する「フォナック オーデオ ルミティ」ですが、このような形です。

充電器は磁気で補聴器を保持する設計になりましたので、従来より使いやすくなっています。

では、従来のパラダイスシリーズから何が新しいのでしょうか。

大きく2つの機能が追加されました。

1.スピーチセンサー

簡単に言えば、側方や後方からの会話をより聞き取りやすくする機能です。スピーチセンサーによって話している人の声がどの方向からきているか検出してマイクの指向性を自動で調整してくれます。

2.ステレオズーム 2.0

簡単に言えば、目の前の相手との会話により集中できる機能です。ステレオズーム2.0によって騒音化での対面での会話がよりスムーズになります。

どちらの新機能も周囲の音環境を補聴器が分析して、音声認識機能を自動的に調整してくれるのが特長です。

気になる価格は以下の通りです。(両耳ですとおおよそ2倍です)

賑やかな環境で会話を楽しみたい方にはおすすめです。

高度難聴で見えない補聴器をご希望の方へ

補聴器に対する要望でよくあるのが「見えない」ことです。

特に若い男性からの要望で多いのですが、難聴の程度によってはご希望に添えない場合もありました。

しかし、2022年10月17日に発売の「リサウンド・ワン」超小型耳あな型補聴器でしたら、高度難聴まで対応しています。

とにかく小ささとシンプルさにこだわった耳あな型補聴器です。

価格も以下の通りで1台170,000円からとなります。

リサウンド・ワン超小型耳あな型補聴器のカタログはこちらです。➡ 超小型耳あな型補聴器カタログ

リサウンド・オムニア マリーの特長

2022年10月17日にGNヒアリングジャパン株式会社から発売された「リサウンド・オムニア マリー」「リサウンド・オムニア」は従来のリサウンド補聴器とは以下の点で新しくなりました。

1.フロントフォーカス

騒がしい所での会話が聞き取りやすくなる新機能です。

目の前にいる対話相手への解像度を上げることで、騒音がある中でも会話が聞き取りやすくなりました。

2.360オールアラウンド

頭部の陰になる部分も聞き取りを改善しました。

会話中も周囲の音を聞き逃しません。

3.ハンズフリー通話

iPhone・iPad 対応のハンズフリー通話が全クラスでできるようになりました。

また、「リサウンド・オムニア マリー」と「リサウンド・オムニア」の大きな違いは、3つ目のマイクが有るか無いかです。

気になる価格は以下の通りです。

カタログはこちらです。➡ リサウンド・オムニアカタログ

リサウンド・ワン 耳あな型充電式オーダーメイド補聴器

2022年10月17日にGNヒアリングジャパン株式会社が発売した「リサウンド・ワン」耳あな型充電式オーダーメイド補聴器の特徴は以下の通りです。

まずは、オシャレなデザインです。

着けているとオシャレなイヤホンに見えます。

補聴器らしくないかっこいいデザインです。

また、プログラム変更やハンズフリー通話で使用するプログラムボタンは大きく押しやすい形状です。

充電式なので、フェイスプレートがすっきりしていますし、電池蓋が無いので防水面でも優れています。

加えて、充電器も補聴器トレイがオーダーメイドなので、収納しやすいのも便利です。

気になるお値段ですが、以下の通りです。

充電式耳あな型補聴器が1台21.3万円(充電器3.3万円を含む)から買えるのは魅力的だと思います。

画像ではダークグレーの色ですが、従来の肌色に近いライトの色での作成も出来ます。

耳あな型補聴器も本格的に充電式の時代になってきました。便利でカッコいい補聴器をご希望の方におすすめです。

カタログはこちらです。➡ 耳あな型充電式補聴器

世界初の完全防水充電式補聴器 フォナック オーデオ ライフ

2022年7月20日にフォナック補聴器から発売の「フォナック オーデオ ライフ」は世界初の完全防水充電式補聴器です。

従来の補聴器ですと、国際保護等級IP68の生活防水の補聴器はありましたが、新たに塩水・プール水・汗によるテストをクリアした完全防水充電式補聴器が登場しました!

今までは、プール・温泉・海水浴・雨の日・スポーツなどで水や汗を心配して補聴器を外していた方や故障を心配して使えなかった方には朗報ですね。

気になる価格は以下の通りです。

注意 : 完全防水ではありますが、水中での使用はお控えください。水中用補聴器ではありません。

充電式補聴器の価格はいくらからですか?

補聴器には電池が必要ですが、最近では空気電池ではなく充電して使用する充電式補聴器が人気です。

面倒な空気電池の交換・購入がなく、電源の入り切りも充電器から取り出せば電源が入り、充電器に収納すれば自動で電源が切れてとても簡単に使えます。

しかし、価格面では従来の空気電池を使用する補聴器に比べ割高となります。充電器や特殊な充電池を使用するのでその分割高になることは仕方のないことかもしれません。

例えば、当店取扱メーカーの充電式補聴器の場合、

シグニア補聴器 1台164,000円から

フォナック補聴器 1台170,106円から

となります。

ですが、リサウンド補聴器の場合ですと、1台117,600円からとなります。

金額面で充電式補聴器が難しかった方には朗報ですね。

ちなみにその充電式補聴器はリサウンド・キーシリーズのKE361-DRWCです。

両耳でも217,600円とかなり手頃な価格になります。

使って良かった 補聴器 口コミとは

初めて補聴器を検討したり、新しい補聴器を検討する際にはやはり「口コミ」が気になるとは思います。

ですが、一人一人の聴力や使用目的など異なるので、一概にAさんが「この補聴器が使って良かった」と言っても自分に当てはまるかは分かりません。

また、本人は補聴器と思っている機器が実は集音器の場合もあり、予算的に補聴器とは全く違う場合もあります。

では一体「使って良かった補聴器」はどの補聴器なのでしょうか?

一つの考え方としては、「実際に試聴してみて良かった補聴器」ではないでしょうか。

耳かけ型補聴器でしたら、実際にその場で試聴も出来ますし、貸出でしばらく試すことも出来ます。

自分で良かったと思えば、それが「使って良かった補聴器」なので、その補聴器を使用すればいいと思います。

補聴器の価格と人気ランキングはこちらです ➡ 補聴器の価格と人気ランキング

耳あな型補聴器を試すには

耳かけ型補聴器でしたら、その場で直ぐに貸出が出来ます。

しかし、耳あな型補聴器の場合はオーダーメイドとなるのでその場で直ぐに試聴することは出来ません。

もちろん、耳かけ型補聴器で聞こえを確かめることは出来ますが、実際の耳あな型補聴器ではありません。

補聴器が初めてでしかも耳あな型補聴器での装用を希望している方の試聴体験はどのようになるのでしょうか?

この場合は、シグニア補聴器の既製品耳あな型補聴器での試聴体験となります。

目立たない耳あな型補聴器が希望の方には、Silk Xをお勧めします。装用してもほとんど外から分からない小ささです。

充電式で補聴器らしくない耳あな型補聴器が希望の方には、Signia Activeをお勧めします。ワイヤレスイヤホンみたいな形状でオシャレです。

聴力の程度や耳の形状によっては既製品耳あな型補聴器が難しいケースもありますが、その場合はやはりオーダーメイド耳あな型補聴器をお勧めします。

いずれにしてもまずはご相談ください。(既製品耳あな型補聴器での試聴を希望の場合は事前に予約をお願いします。)

Androidスマホでハンズフリー通話できる補聴器は?

最近ではスマホでの通話がハンズフリーでできる補聴器が増えてきました。

しかし、iPhoneでしたら問題なく接続できるのですが、Androidスマホの場合ですと接続できる機種とそうでない機種があります。

実機で試してみて接続できればいいのですが、そうでない場合はスマホを買い替えるかハンズフリー通話をあきらめるかの選択となります。

Androidスマホユーザーで確実にハンズフリー通話をしたい方の場合は、どのメーカーの補聴器がお勧めでしょうか?

勿論ハンズフリー通話以外の本来の補聴器の聴こえも考慮すべきですが、単純に回答すれば、「フォナック(PHONAK)」をお勧めします。

フォナックのパラダイス・マーベルシリーズの補聴器でしたら、Bluetooth対応のほぼ全ての携帯電話とつながります!

また、スマホからストリーミングして音楽を楽しむことも出来ます。

電話をかけるときは、スマホで電話をかければ自動で音声がスマホに届きます。

電話を受けるときは、補聴器の多機能ボタンを押せば電話に出て通話できます。

電話を切るときは、補聴器の多機能ボタンの長押しかスマホで通話を終了すればOKです。

とても簡単ですね。

補聴器とスマホのペアリングにつきましては、メーカーのマニュアルを参照下さい。

Androidスマホとのペアリング(フォナック補聴器)

シグニア補聴器でハンズフリー通話が出来るようになりました!

iPhoneをご使用のシグニア補聴器ユーザー様に朗報です。

なんと、シグニア エーエックス(Signia AX)シリーズからiPhoneハンズフリー通話の機能が使えるようになりました!

従来ですと、通話の際にはiPhoneのマイクを使用していたので、iPhoneを口元に持って通話する必要がありましたが、これからは補聴器のマイクで自分の声をそのまま拾うのでiPhoneを持たずにハンズフリーで通話が出来ます!

個人的にはとても便利な機能だと思います。

iPhone以外のスマホユーザー様はどうでしょうか?

お持ちのスマホによって使えるケースもあるとはおもいますので、実物で試してみてのハンズフリー通話となります。

シグニア エーエックス(Signia AX)シリーズの詳細につきましては、以下のサイトをご参照下さい。

シグニア エーエックス