補聴器乾燥機 D-Dry+ で補聴器の故障を防ぎできるだけ長く使えます

補聴器の大敵は水分です。

補聴器の故障の多くは水分が原因と言われています。

では、補聴器を乾燥させるにはどのようにすればいいのでしょうか。

補聴器用乾燥ケースで乾燥させるのもいいのですが、梅雨で湿気が多くなる時期や暑さで汗をかきやすい時期には不安があります。

そこで、今回紹介したいのは補聴器乾燥機「D-Dry+」です。

電気加熱するので、乾燥剤は不要です。

また、UV-Cライト照射で除菌もしてくれます。感染症防止にはいい機能です。

乾燥時間は142分なので、かなりしっかり乾燥できます。

寝る前に補聴器をセットして押しボタンを押すだけで簡単に使用できます。

また、補聴器以外のイヤモニターやワイヤレスイヤホンの乾燥・除菌にもご使用いただけます。

サイズは幅115×奥行80×高さ38mmなので、コンパクトですし、重量は僅か140gです。(内部サイズ:幅57×奥行49×高さ21mm)

電源は、電源アダプター/USB ACアダプターを使用します。乾燥終了後は自動で停止しますので安心です。

価格は11,000円(税込)ですので、ご入用の方はお問い合わせください。

マルチマイクと補聴器で会議(オンラインも)の会話を聞きやすくする

補聴器だけでは会議の会話が聞き取りにくいとのお声があります。

確かに、離れた距離での会話は聞き取りにくいです。また、コロナ禍ですとマスクの着用で余計に聞き取りにくいです。

では、会議の会話を聞き取りやすくする方法はあるのでしょうか?

各補聴器メーカーでは、ワイヤレスマイクが用意されています。

今回はリサウンド補聴器のマルチマイク(55,000円)を紹介したいと思います。

まず、形状は以下の通りです。

とても小型で軽量です。

また、最大で25m離れた補聴器まで直接音声を届けます。

そして、テーブルに置けば、テーブルマイクとしても使用できます。

1対1の会話では、相手にマルチマイクを着けてもらえば、騒がしい場所での会話もし易くなります。

加えて、テレコイルへの接続、ヘッドフォン出力を備えたテレビやオーディオ機器からの音声入力も可能なライン入力も出来ますので、とても便利です。

また、コロナ禍で増えたオンライン会議でも利用できます。パソコンの音声が直接補聴器に届くので便利です。

設定も使い方も簡単です。

マルチマイクは通販対応しますので、ご入用の方はお問い合わせください。

Android(アンドロイド)スマホと補聴器を繋ぐには

最近の補聴器はスマホとの直接接続が出来て、直接通話音声を聞けたりストリーミング出来たりして便利ではありますが、その殆どはiPhone限定である場合が多いです。

ですので、Androidスマホユーザーの場合は、中継器を利用して補聴器と繋げたり、スマホをiPhoneに買い替えるなどして補聴器との連携をしています。

ですが、お気に入りのAndroidスマホをそのまま使用して補聴器との連携をしたい方はどうすればいいのでしょうか。

そこで、今回紹介したいのはフォナック補聴器です。

フォナック補聴器のパラダイスシリーズやマーベルシリーズでしたら、iOS、AndroidTM、フィーチャーフォンを含むBluetooth®対応のあらゆる携帯電話とペアリングしてハンズフリー通話が可能です!

ハンズフリー通話なら、通話音声は補聴器にダイレクトに入ってくる上に、自分の声は補聴器のマイクを通じて相手に届けることができます。

しかも、最新のパラダイスシリーズの補聴器でしたら、2台同時待ち受け(マルチポイントペアリングが可能になりました!

例えば、パソコンと携帯電話の同時待ち受け状態で、パソコンで動画を見ているときに携帯電話にかかってきた場合、補聴器に着信音が届くため即座に切り替えて電話に出ることができます。

その他に、会社の携帯電話とプライベートの携帯電話の2台をお持ちの方などは、同時待ち受けが出来て便利ですね。

ペアリングも通常のBluetooth機器と同じ操作で簡単に出来ます。

使用イメージ

認知症の方の補聴器は充電式を推奨します

補聴器を装用する方で認知症の方がいますが、そのような場合にはどのような補聴器が適合するのでしょうか。

それぞれの事情があるかとは思いますが、一般的には充電式の補聴器を推奨します。

では、なぜ充電式が推奨されるのでしょうか。

以下の理由があるからです。

まず、充電式の補聴器をイメージしてください。

使わないときに補聴器をセットして充電します。寝ている間に充電すれば、終日補聴器が電源が切れずに使用できます。

ですので、使用途中で電源が切れるリスクがありません。

また、補聴器を充電器にセットすれば、自動で電源が切れますし、充電器から取り出せば、自動で電源が入ります。

ですので、使用するのがとても簡単です。

面倒な電源の入り切りや空気電池の交換は必要ありません。

細かく言えば、空気電池を購入する手間や電池の管理の必要もありません。

また、誤って空気電池を誤飲するリスクもありません。

以上の理由から認知症の方には充電式補聴器を推奨しています。

特に介護施設にお住いの方でしたら、仮に本人様での補聴器の脱着が難しいケースでも、施設の職員の方の協力があれば補聴器を使用いただけます。

本当に使用できるかどうかは、実際に充電式補聴器で使用体験してみてください。

フォナック ナイーダ パラダイスの価格

フォナック補聴器が2021年4月14日に発売する「フォナック ナイーダ パラダイス」の価格は次の通りです。

器種は充電式のP-PRとウルトラパワータイプのP-UPの2器種となります。

どちらもパワフル Wレシーバを搭載したことで、ハウリングのリスクを増加させることなく高出力を可能にしています。

勿論、パラダイスシリーズの基本性能は共通しています。

なお、フォナック ナイーダ パラダイスには以下の世界初機能も搭載されています。

高度・重度難聴の方や充電式の耳かけ型補聴器を使いたい方にはおすすめです。

フォナック ナイーダ パラダイス サイト

難聴になると認知症になるのですか?

最近よくいただく質問に、「難聴になると認知症になるのですか?」があります。

結論から言えば、「難聴になることで認知症になるのではなく、認知症発症のリスクが高くなる。」と言えます。

では、難聴はなぜ認知症に大きな関りがあるのでしょうか。

まず、難聴はただ聞こえにくいだけではありません。

難聴により、人は会話を億劫に感じ、徐々に外出が減り、ひきこもりがちになってきます。

すると、脳への刺激が減り、徐々に認知機能が低下してきます。

また、難聴の程度によって認知症の発症リスクが高くなります。

一般的に、軽度難聴の人は、健聴の人に比べて認知症の発症リスクが2倍、高度難聴になると5倍と言われています。

上記のことから、難聴は認知症の最大の危険因子と言われています。

ですので、認知症予防の最大のカギは「きこえ」にあるのです。

補聴器は、耳の脳の関係を良好にし、生活の質の向上を提供する医療機器です。気になる方はお早目の相談をお勧めします。

お問い合わせ

リサウンド・キーの価格! とにかくコスパの高い補聴器です

2021年2月15日にGNヒアリングジャパン株式会社から発売される「リサウンド・キー」は、

一言で言えば「とにかくコスパが高い」補聴器です。

まずはその価格です。

なんと、一番お手頃な「リサウンド・キー2」は片耳80,000円です!

また、人気の充電タイプが片耳142,600円(リサウンド・キー4)も破格です!

充電器込みでこの価格です!

しかも安かろう悪かろうではなくて、性能もハイスペックです。

特筆すべきは、スマホアプリでの調整と遠隔サポートが使えることです!しかも、2クラス以外はスマホ通話やストリーミングも出来ます。

使用しているチップはリサウンド・クアトロチップなので、高音質で言葉の聞き取りもしやすいです。

とにかく価格を抑えたい方はリサウンド・キー2クラス。

スマホでの音声ストリーミングや耳あな型補聴器希望の方は、リサウンド・キー3クラス。

充電タイプや衝撃音を気にする方は、リサウンド・キー4クラス。

が、推奨されます。

カタログはこちら

リサウンド・キー カタログ

簡単に自分で合わせられる補聴器はありますでしょうか?

昨今の新型コロナウイルス感染症の影響で外出が難しい方が増えています。

特に高齢者施設にお住いの方ですと、外出自体が禁止されていることもあり、補聴器を検討しようにも店舗に行くこと自体が出来ない日々が続いています。

また、補聴器業者が訪問しても、家族ですら面会禁止であったり、ガラス越しに短時間の面会しか認めてもらえない施設もあります。

そこで、「本人様や施設の職員の方が補聴器を自分で合わせられないか?」とのお問い合わせが増えています。

勿論、補聴器は管理医療機器なので、対面で合わせるのが原則です。

リモートでの調整は各メーカーでも対応できるようにはなってきましたが、最初のフィッティングはやはり対面で行うのが原則です。

ですが、緊急事態宣言が発出された今では、なんとかお客様のニーズに応えるしかありません。

そこで、今回紹介したいのがシグニア補聴器の簡易デジタル補聴器「Fun(ファン)」です。

耳かけ型補聴器なので、どちらの耳でも使用できます。また、4つのプリセットプログラムのいずれかを選択しボリュームを合わせればそれでフィッティング終了です。

価格は1台98,000円で通販対応可能です。購入をご希望の方はお問い合わせください。

お問い合わせ

2021年おすすめの補聴器はどれですか?

2021年 人気のある補聴器はどれでしょうか?(耳かけ型補聴器VS耳あな型補聴器)とは別の視点でおすすめの補聴器をご紹介します。

まず、おすすめの補聴器はひとりひとり異なります

なぜならば、それぞれ補聴器に対して個別の事情があるからです。

勿論、聴力の程度や使用目的、年齢などひとりひとり異なるからです。

ですが、おおなかな傾向は以下の通りです。

1.耳あな型補聴器を推奨します。

今年も新型コロナウイルス感染症の影響で、マスクの使用が必要となります。しかし、マスクの装用を前提で考えるとやはり耳かけ型補聴器よりは耳あな型補聴器が推奨となります。

しかし、全ての人には推奨しません。

聴力や年齢、耳垢の状態、手先の問題など個別の事情がありますので、詳しくは販売員にご相談ください。

ちなみに耳あな型補聴器はこのような形状になります。

2.新製品を推奨します。

当店サイトの「補聴器の価格」の補聴器人気ランキングでも紹介していますが、やはり、新製品が推奨されます。

コスパ面ではいわゆる「型落ち」補聴器もいいのですが、補聴器としての機能を重視するのでしたら、やはり最新型補聴器がいいと思います。

それとご予算の問題が無ければ、最上位クラスを推奨します。

補聴器の性能はクラスが高くなるほど良くなりますので。

3.充電式補聴器を推奨します。

耳あな型補聴器はまだまだ空気電池が主流ですが、耳かけ型補聴器でしたら充電式を推奨します。

ちなみに最新型充電式はこんな感じで充電します。

補聴器を専用充電ケースに入れて、ワイヤレス充電も出来ます。

空気電池ですと、電池交換や装用途中での電池切れなど面倒なことが多いのですが、充電式はとても簡単に使えます。

以上のように、具体的に「〇〇メーカーの〇〇〇」みたいに具体的におすすめは出来ませんが、おおまかな傾向はお判りいただけたと思います。

2021年 人気のある補聴器はどれでしょうか?(耳かけ型補聴器VS耳あな型補聴器)

2021年に新しく補聴器を検討している方にとって、どの補聴器がいいかは悩むところだと思います。

勿論、それぞれの事情はあるとは思いますが、補聴器業界全体でまず2020年はどのようなタイプの補聴器が人気であったのかから始めます。

まずはこの表からです。

大まかに言えば、全体の約70%が耳かけ型補聴器で、残りの約30%が耳あな型補聴器です。

また、耳かけ型補聴器も高額になるほど、RICタイプが増えています。

ちなみにRICタイプとはこんな補聴器です。

耳かけ型補聴器ではありますが、レシーバー部分が耳穴に収まることで補聴器本体が小型で目立ちにくい耳かけ型補聴器になっています。

ですので、全体の傾向としてはRICが人気となります。

しかし、コロナ渦の今、耳かけ型補聴器にはマスクの問題があります。

マスクの使用が当然の今、耳かけ型補聴器はマスクの邪魔になります。

ですので、マスクのことを考慮すれば、耳あな型補聴器が人気となります。

ちなみに耳あな型補聴器はこんな補聴器です。

耳穴部分に収まりますので、マスクの邪魔にはなりません。

最終的にどの補聴器にするかは、各々の事情があるとは思いますので、まずは担当者にご相談ください。

2021年1月8日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 玉腰