リサウンド・リンクス3D 4とは

2019年7月17日に発売の「リサウンド・リンクス3D 4」は一言で言えば「リサウンド・リンクス3Dの廉価版」です。

簡単な紹介画像は以下の通りです。

リサウンド・リンクス3D 4クラス

価格は

耳かけ型補聴器 片耳 160,000円 両耳 288,000円

耳あな型補聴器(ITCのみ) 片耳170,000円 両耳 306,000円

となっています。

つまり、リサウンド・リンクス クアトロが現在のリサウンド補聴器の最新器種にはなりますが、その1世代前の最新機種であるリサウンド・リンクス3Dが1台16万円から購入できるのです!

この価格で、最新のリサウンド・スマート3Dアプリに対応していますので、ご自身での音量調整やプログラム変更などが簡単に出来ますし、リサウンド・アシスト遠隔サポートも使えますから、どこにいても遠隔サポートが出来ます。

但し、注意点もあります。

iOS端末(iPhoneなど)とのダイレクトストリーミングに関しては非対応なので、iPhoneとのダイレクト通信を希望の方は、リサウンド・リンクス3D 5以上のシリーズを推奨します。

当店としては、こんな方にこのリサウンド・リンクス3D 4を推奨したいと思います。

・廉価版で最新の補聴器を使いたい方

・遠隔サポートやアプリが使える廉価版を使いたい方(iPhoneユーザーのみ)

・両耳予算が30万円くらいで、高性能な補聴器を使いたい方

などです。

オーダーメイド補聴器の作成は大変です

補聴器は大きく分けて、耳あな型補聴器と耳かけ型補聴器があります。

耳かけ型補聴器の場合は、既製品なので比較的販売側の手間は少ないのですが、耳あな型補聴器の場合は、オーダーメイドになるのでメーカーと販売店はそれぞれ多くの手間をかけてます。

まず、メーカーではどのように耳あな型補聴器を製造しているのでしょうか。

分かりやすく紹介した動画がフォナック補聴器にあります。内容は以下の通りです。

動画を見ていただければお分かりいただけますが、結構大変です。

耳あな型補聴器が耳かけ型補聴器に比べて割高になるのは当然だと思います。

また、販売店側も大変です。

補聴器作成の為の耳型採取・注文の仕様・メーカーへの注意事項の伝達など知識や技術が必要な場面が多いです。

ですので、知識や技術に不安のある販売店などは、故意に耳かけ型補聴器ばかりを推奨する店もあるようです。

以前は補聴器の半分以上が耳あな型補聴器の時代もありましたが、今はRICタイプ耳かけ型補聴器が人気なので耳あな型補聴器のニーズは減少しています。

しかし、とにかく目立たない装用感のいい耳あな型補聴器のニーズは根強くありますので、個人的にはもう少し伸びて欲しいタイプの補聴器ですね。

フォナック オーデオ マーベルはここが凄い!

2019年6月6日にフォナック補聴器から新発売の「フォナック オーデオ マーベル」の注目ポイントについて説明します。

まずは、イメージ動画をご覧ください。

英語版で一部機能はまだ日本未上陸ですが、大まかなイメージはお分かりいただけたと思います。

まずは、音質ですが一言で言えば「よりリアルな音声」になりました。

本来の音声の抑揚を再現することで、明瞭度は向上し、より原音に近い音声で会話が聞きやすくなりました。

また、従来のフォナック補聴器に比べ、騒がしい環境での聞こえが改善しています。

次に、ワイヤレス機能です。

ハンズフリーでの携帯電話通話が、両耳(従来は片耳のみ)で聴こえるようになりました!これにより、より携帯電話での会話が聞こえやすくなりました。

勿論、iPhone・アンドロイドいずれのスマートフォンでもBluetooth経由でつながります。(念のためデモ器でのペアリング確認をおすすめします。)

次に、充電タイプですが、従来のフォナック補聴器の充電タイプは充電器から取り出した後に電源を押しボタンで入れる必要がありました。今回のオーデオ マーベルは、充電器から取り出せば、自動で電源が入ります!

イメージ動画内に出ていた、「遠隔サポート」や「通話のテキスト化」につきましては2020年以降の導入だそうです。今しばらくお待ちください。

製品の特長からすると、以下の方にお勧めします。

・ハンズフリーでの携帯電話通話をしたい方

・アンドロイドスマホユーザーで補聴器へのダイレクト通信を使いたい方

・騒がしい場所での聞き取りを改善したい方

などにお勧めします。

きこえのチェックをするには

自分が今、どの程度聴こえているのかを知るには、耳鼻咽喉科で検査を受けるのが間違いないです。

しかし、まだそこまで本格的に検査するのはどうも・・・・

なかなか忙しいから検査を受けるのはどうも・・・・

などの意見もあります。

そこで、今回紹介したいのは、GNヒアリングジャパン株式会社の「きこえのチェックサイト」です。

リンクは以下の通りです。

https://www.resound.com/ja-jp/online-hearing-test

音声に従ってイラストや数字をクリックして、聞こえのチェックをします。

自身の聞こえの程度を手軽に把握するための簡易的なツールとして、いいと思います。

より精密なチェックをするには、ヘッドホンを着用し、右耳・左耳を個別に行うのがいいでしょう。

注意事項としては、リサウンドのきこえのチェックはあくまで簡易的なもので、聴覚専門家による実際の測定に代わるものではありません。 より正確なきこえの状態を知るためには、耳鼻科専門医での診断をおすすめします。

フォナック オーデオ マーベルの価格

2019年6月6日にフォナック補聴器が発売する新製品「フォナック オーデオ マーベル」の価格について紹介したいと思います。

まず、今回の新製品は「耳かけ型RICタイプ補聴器」です。大きく分けて、2つのタイプがあります。

まずは、充電式です。

形状は以下のイメージです。

価格は4クラスあり、クラス毎の価格は以下の通りです。

M90(プレミアム)     片耳 550,000円

M70(アドバンス)     片耳 400,000円

M50(スタンダード)    片耳 290,000円

M30(エッセンシャル)   片耳 200,000円

となります。

充電式ですので、別途充電器代(12,000円)は必要です。

ですが、片耳212,000円から充電式補聴器が購入できるのはうれしいです。

また、今回からは充電器への抜き差しで電源が自動でオンオフとなりますから、より使いやすい形態となっています。

次に電池式です。

形状は以下の3タイプがあります。

価格は4クラスあり、クラス毎の価格は以下の通りです。

M90(プレミアム)    片耳 530,000円

M70(アドバンス)    片耳 380,000円

M50(スタンダード)   片耳 270,000円

M30(エッセンシャル)  片耳 180,000円

となります。

細かな性能や特徴は、6月のブログ記事にて掲載します。今しばらくお待ちください。

モーション チャージ&ゴーが人気です

令和になり、新しい時代が始まりました。

今日現在で当店で一番人気の補聴器は何でしょうか?

それは、シグニア補聴器のモーション チャージ&ゴー(Motion Charge&Go Nx)です!

まず、形状です。

Motion Charge&Go Nx

持ちやすく、付け外しが簡単な耳かけ型補聴器です。

このシリーズの最大の特徴は、補聴器を充電器に置くだけで簡単に充電できることです。

また、補聴器の電源の入り切りが不要で、補聴器を充電器に置くと自動で電源はOFFに、取り出すと自動で電源はONになります。

これでしたら、面倒な電源の入り切りや電池の交換が不要でとても便利ですね。

また、高性能な充電池のおかげで、フル充電すれば21時間も使用できますので途中で電池切れになる不安はありません!

また、価格も人気の理由です。

なんと、片耳で183,200円から、両耳で323,200円からとかなりお手頃な価格で充電式補聴器が買えます。

今まで、価格面で充電式補聴器をあきらめていた方には朗報ですね。

加えて、電池ケースの開閉部分が完全に密閉されていますので、防水・防塵がしっかりしていますから、故障のリスクも低くなります。

この補聴器をお考えの方は、デモ器がありますから、ぜひご自身の耳で体験してみてください。

年だから聞こえなくていいのでしょうか?

よく、

「もう年だから聞こえなくていい!」

「年だから、聞こえなくても当たり前だ!」

とのお声をいただきます。

ご家族から補聴器の使用を勧められたときに、ご本人様がこのような発言をされます。

確かに、今まで補聴器を使用しなくても生活できた自信があるからこそ、このような発言をされていると思いますし、プライドもあります。

しかし、難聴の進行をそのままにしておくと、コミュニケーションが不足して、孤立がすすみ、最終的に認知機能の低下やうつを発症するリスクが高くなるケースがあります。

つまり、負のスパイラルに陥るリスクが高くなります。

逆に、早めに補聴器を使用することで、以下の好循環が生まれるとは思います。

コミュニケーションの活発化 → 社会への参加意欲の向上 → 心理的安心感 → 生き生きとした毎日

会話コミュニケーションは、耳に言葉が正しく伝わって始まります。耳で聞いて、脳で考え、口から言葉で返すことの繰り返しです。

ですので、聞こえなくていいとは言えないのです。

お手頃価格の充電タイプ補聴器

近年人気の充電タイプ補聴器ですが、価格的には従来の空気電池使用の補聴器に比べると割高なのは事実です。

しかし、

電池コストがかからない。

電池交換不要。

毎日の電池の出し入れ、電源の入り切り不要。

汗や水による故障が少ない。

冬場の短電池寿命が無い。

とにかく簡単に使える。

などの多くのメリットがあります。

そこで、手頃な価格で充電タイプを使いたいとお考えの方に朗報です!

シグニア補聴器から1台10万円台の充電タイプ補聴器が発売となりました!

今回は2シリーズあります。

まずは、スタイレット(Styletto)です。

形はこのような形状です。

イメージ動画もあります。

価格は充電器込みで片耳173,200円、両耳303,200円から購入できます。

補聴器が初めての方やオシャレな補聴器を使いたい方などにお勧めの逸品です。

次に、ピュア チャージ&ゴー(Pure Charge&Go Nx)とモーション チャージ&ゴー(Motion Charge&Go Nx)です。

形はこのような形状です。

価格は充電器込みで片耳183,200円、両耳323,200円から購入できます。

こちらのシリーズはとにかく簡単に補聴器を使いたい方や高度難聴の方などにお勧めします。

超快適耳あな型補聴器

超快適な耳あな型補聴器が2019年4月から発売となります。

それは、

「リサウンド・ダブルエア」です。

まず、形状ですが、こんな形をしています。

ユニークな形状ですね。

普通にこのような形状にすれば、ピーピーとハウリングがします。しかし、リサウンド・ダブルエアですと、十分な音量を出してもハウリングは抑制されます。

耳あな型補聴器は、

自分の声が響く

音がこもって聞こえる

など、物理的に耳穴を塞ぐことによる問題点はありましたが、リサウンド・ダブルエアなら解決できます!

この新製品の特長を現したのが、以下の画像です。

ただし、注意点があります。

この補聴器は難聴の程度が軽度・中度難聴向けなので高度・重度難聴の方は不適合となります。

気になる価格ですが、以下の通りです。

リサウンド・ダブルエア9 片耳価格 390,000円 両耳価格 702,000円

リサウンド・ダブルエア7 片耳価格 260,000円 両耳価格 468,000円

リサウンド・ダブルエア5 片耳価格 190,000円 両耳価格 342,000円

となります。

より詳しい情報につきましては、4月中旬にブログにてお知らせします。

みえる電話が変わります!

先日ブログで紹介しましたスマホアプリ「みえる電話」が2019年3月1日より変わります。

みえる電話とは、NTTドコモのネットワーク上で通話音声の認識処理をリアルタイムに行い、通話相手の発話内容をスマートフォンの画面上に文字で表示するというアプリです。利用者はアプリをダウンロードするだけで文字表示された通話内容を確認しながら利用でき、通話相手はアプリなどの準備をする必要はありません。

使用イメージはこんな感じです。

以前は、2016年10月からトライアルサービスを実施しており、提供開始にあたり専用の電話番号ではなく利用者自身の携帯電話番号での発着信対応、発信可能な連絡先にフリーダイヤル/ナビダイヤル/特番を追加するといった機能拡充が今回行われました。

但し、対応機種はAndroid 6.0以上、iOS 11.0以上を搭載し、NTTドコモと回線契約をしている端末となります。

とにかく電話が聞き取れなくてお困りの方にはいいアプリだと思います。