ビジネスには徹底した差別化戦略が必要です

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

補聴器業界においても、新規参入や独立開業者の増加により競争はより厳しいものとなってきました。

単にお店を開け、周辺地域のお客様を集客する手法も年々通用しなくなってきました。

厳しい現状を打破するには、やはり「徹底した差別化戦略」が必要になってきます。

徹底した差別化とは何を差別化することでしょうか?

色々な意見があるかとは思いますが、大きく分けて3つに絞られます。

1.商品・サービスでの差別化

2.提供方法・付帯サービスでの差別化

3.顧客対応力での差別化

です。

大企業であれば、全ての国民にいろいろな商品・サービスを提供する戦略でもかまいませんが、小企業や零細店舗においては徹底した差別化やターゲットの絞込みを行わない限り生き残る道は残っていません。

何を差別化するかは経営者の判断すべきことなので、これから補聴器販売を始めようとお考えの方や自店の厳しい現状を打破したいとお考えの方はまず「差別化戦略」を練り直してみてはいかがでしょうか。

大阪補聴器センターでは「戦略」に関するご相談も随時受け付けています。

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

数式を完成してコメントしてください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.