耳が聞こえにくいと心の健康に悪影響があります。

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

本日の日本経済新聞夕刊の記事によりますと、聴覚に障害のある人は、そうでない人に比べ、男女ともに精神面の健康状態が悪い傾向を示すことが分かったと、筑波大学などの研究チームが発表したそうです。

研究対象は20~39歳の約13万人だそうですが、精神面に問題を抱えるリスクは耳の聞こえにくい人の場合、そうでない人に比べて4.8倍高かったそうです。データとしては比較的若い世代となりますので必ずしも高齢で聞こえにくい人の場合に当てはまるとは限りませんが、傾向としては同じだと思います。

耳からの情報が少ないことは大きなストレスになります。補聴器の使用によって社会に参加しやすくすることは「心」の面からも大切だと思います。

 

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]