認知症でも使える補聴器とは 実際使えるケースとは

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

ご家族様から、よく

本人が認知症ですが、補聴器は使えますか?」

とのご質問をいただきます。

お電話やメールでのお問い合わせの場合、本人様の認知症の程度やどこまで自分で出来るのかが不明なので、

回答としては

状況により使える場合と使えない場合がある。

となります。

では、どんな場合でしたら使えるのでしょうか?

最近あったケースでは、

1.今まで補聴器を使用していて使用中の補聴器が故障し、新しく購入の場合

基本的な補聴器の操作が出来るので大丈夫でした。

但し、介護施設に入所の方でしたので、電池交換や電源の入り切りが不要な充電式補聴器にしました。充電器にセットすれば電源が切れて、取り出せば電源が入る充電式補聴器は好評です。

2.補聴器が初めてで、介護施設に入所中の場合

食事やトイレも自分では出来ない方で、自分での補聴器の脱着も出来なく無理でした。

3.補聴器が初めてだが、家族と同居の方

ご家族の方が全面的に協力いただけたので、補聴器のご自身での取り扱いは難しい状態でしたが使えるようになりました。

などがありました。

以上のように大雑把に言えば、

1.今まで補聴器を使っていた方は大丈夫な場合が多い

2.家族や介護施設の協力があれば、大丈夫な場合が多い

3.自分での取り扱いが全くできないと難しい

との傾向があります。

しかしながら、ケースバイケースな部分もあるので、まずはご相談いただいて実際に試してみてはいかがでしょうか。

補聴器に抵抗があっても、もし聞こえにくいことで生活に不自由を感じたら、我慢をしないで早めに試すことも検討してみて下さい。

認知機能低下の抑制や遂行機能の向上も期待できます。

まずは 補聴器の無料レンタルで使えるか試すのがいいかと思います。

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

認知症パンフレットもご参照ください。

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

2024年6月13日 | カテゴリー : 未分類 | タグ : | 投稿者 : 玉腰