マスクと補聴器

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]

新型コロナウイルス感染症の感染予防でマスクを使用する方が多い昨今ですが、マスクと補聴器は思った以上に相性が良くありません。

例えば、マスクを使用すると口元や表情が分からないので、読話を併用して聞くことが出来ません。ですので、いつもより聞き取りが悪くなります。

NHKの「おはよう日本」でもこんなアナウンスがありました。リンク先は以下のサイトです。

https://youtu.be/EFTYQGuqOzw

また、耳かけ型補聴器をご使用の方の場合、マスクを外す度に補聴器が外れそうになります。また、眼鏡をご使用の方の場合、耳の上に眼鏡・補聴器・マスクの紐と3つが載ることになり耳の上が痛い場合もあります。

では、マスクを着けながら補聴器を使用しなければならない人はどうすればいいのでしょうか?

一つは、耳あな型補聴器を使用するのがいいでしょう。

耳あな型補聴器はこのような形状です。

マスクや眼鏡の邪魔にはなりません。

詳しくは当店サイト「補聴器の種類」をご覧ください。

また、聴力や耳の問題で耳かけ型補聴器でないといけない方の場合は、補聴器の落下を防ぐアイテムの使用をお勧めします。

詳しくは当店ブログ記事「耳かけ型補聴器の落下を防ぐには」をご覧ください。

口元がマスクで見えない分、どうしても聞き取りは落ちてしまいます。これにつきましては、出来るだけゆっくりはっきり言ってもらうしかありません。

当面マスクを装着することが続きそうな状況ですので、マスクを使用することを前提にして補聴器の使用を考える時代だと思います。

LINEで送る
Pocket
[`yahoo` not found]